アスペルガー社会人のBlog

話に抑揚がない

研修でプレゼンテーションをする機会があった。
概ね良好な評価を頂いたのだが、話し方の点数だけは非常に悪かった。
そして、頂いたコメントには以下のように記載されていた。
・話に抑揚がなく一直線で、引き込まれない
・話を切るタイミングが独特で聞きづらい

アスペルガーだなぁと思った。
アスペルガーは言葉の使い方が独特だと聞いたことがある。
しかし、自分の場合、話が通じない感覚はなかったので
そこまで独特ではないのだろうと思っていたが
完全な思い込みだったようだ。

話し方の研究が必要と認識できてよかったと思う。
努力あるのみ。

[PR]
# by abcde354 | 2017-06-02 13:05 | 自己分析 | Trackback | Comments(1)

嬉しい再会

10年前、前の上司と初めてした仕事は
中国の会社との協業だった。
会社としても初の海外の会社との協業で
前の上司は当時の社長に最初、
「赤字にならなければいい」
と言われていたそうだ。

その仕事の中国出張時にお世話になった
中国人の方と再会する機会に恵まれた。
偶然が重なってお互いの消息を知るのだが、
「日本出張しているので会いませんか?」と
取締役であるその方がただの一社員に会いに
オフィスまでわざわざお越しくださって
恐縮してしまった。

もちろん営業的側面はあるだろう。
ただ、当時良くない印象を持っていれば、
「会いたい」と思うだろうか?と思い、
少し嬉しくなった。
アスペルガーの自分でも
悪印象を残さずに済んだのかと思ったのだ。

そして前の上司にも本当に感謝した。
前の上司を頼れば大丈夫という安心感がなければ
自分は素が出て悪印象を残してしまっただろう。

ちなみに、再会時には思い出話に花が咲き、
色々な方の嬉しい消息を知る事も出来た。
当時一緒に仕事をした
中国の方のことを尊敬していたので
本当に嬉しい再会となった。

[PR]
# by abcde354 | 2017-04-15 20:53 | ひとり言 | Trackback | Comments(2)

トラブルメーカー

トラブルシューティングをすべき立場なのに
トラブルメイクしてしまった。

お客様からの仕事を断るのに失敗し、
上司の上司にクレームが行ってしまったのだ。

上司が電話で謝罪のアポを取ろうとしたところ、
その電話で解決したそうで面会はなくなったが、
上司の上司まで巻き込んで迷惑かけてしまった。

上司との反省会で言われたのは、
・逃げ道なく100%断るのはやりすぎ、
 落としどころを探れ。
・お客様に仕事を諦めさせるように仕向けろ。
 「お客様がこうして頂ければ出来ます」
 という案を出す方向で行け。
の2点だった。
All or Nothingで考えてしまうのがNGで、
グレーゾーンを攻めなければいけなかったのだろう。

ただ、不幸中の幸いだったのは
上司にも上司の上司にも
事前に断り方を相談してあったことだった。
上の2人が状況を把握済だったので
クレーム対応がスムーズに進んだようだ。

[PR]
# by abcde354 | 2017-04-07 23:19 | 自己分析 | Trackback | Comments(2)

なんか、たくさん褒めて頂き恐縮です(笑)

所属する部の部長が交代すると知ったので、
現在の部長に御礼メールを送った。

そうしたところ、
「なんか、たくさん褒めて頂き恐縮です(笑)」
という文章で始まるメールが返ってきて、驚いた。


今の部長とは5年ほどご一緒したが、
50名位いる部員一人ひとりの声に
耳を傾けてくださる方だった。

悩み事メールをすると必ず返答があって、
部員の目線まで下がって
物事を説明してくださった。

そういう部員から見て有難かったことを
書き連ねて御礼メールしたところ、
冒頭の文章で始まるメールが返答だった。


(笑)がついているところをみると、
照れていただけなのだろうか。

それとも上から目線で
書いてしまったのだろうか。

「褒めたつもりはなく、
無礼なことしておりましたら申し訳ございません」
と返信した所、
「全く無礼ではないから気にしないでね」
と返ってきたのでホッとしたが、
御礼メールなどしてはいけなかったか?
とやはり気になっている。

[PR]
# by abcde354 | 2017-03-24 23:51 | ひとり言 | Trackback | Comments(6)

アスペルガーっぽい先輩との食事

新人の頃お世話になった
アスペルガーっぽい先輩がいる。
正確に言うと、
先輩がリーダーしていたチームがスケジュール遅延で
新人数名が手伝いに行ったのだ。

当時自分はプログラミングが速かったので重宝され、
1ヵ月予定だった手伝いは1人だけ3か月になり、
所属チームに呼び戻されて戻る事になった時には
盛大な送別会を開いてもらった。

要するに、自分の能力を
最初に引き出して使い切ってくださった方だった。


その後、先輩の所属が変わり
お会いすることもなかったのだが、
たまたま先輩が近くに来ていることを知り、
食事にお誘いした。

しかし、お話しして残念な気分になった。
何というか、諦めていらっしゃるのだ。

先輩もアスペルガーっぽいとはっきり見える方だ。
技術はあるが、コミュニケーションが下手だ。
そのせいかリーダー職が上手く務まらず、
リーダーをやっては外れを繰り返している。
リーダーが務まらないため、
出世街道からも外れている。

ご自身も出世出来ないと 
お分かりだからかもしれないが、
新人でお世話になった頃から
コミュニケーション能力の向上は感じなかった。
信頼貯金を貯めるというお考えもないようで、
後輩としてとても手本に出来る状況ではなかった。


先輩はアスペルガー診断済と聞いたことがないので
周囲との感覚のずれの原因が
いまだにわからないだけなのかもしれない。

間違った方向の努力をして疲れ果てて、
諦めてしまっただけなのかもしれない。

とは思うものの、
自分はああなってはいけない、と
思わずにいられなかった。


自分は後輩のお手本になれるよう
自分を律していかなければいけない。
そして、出世が遅いからといって
努力することを止めたら終わりだと思う。

コミュニケーションが最初下手でも
努力すれば必ず向上することを見せて、
コミュニケーション下手な後輩でも
希望をもって仕事出来るようにしたい、
と思わずにいられなかった。


[PR]
# by abcde354 | 2017-03-23 23:08 | ひとり言 | Trackback | Comments(0)

ピンチの時ほど対応に気を付けなければいけない

ピンチの時の対応というのは、
今後に非常に響くところがある。

例えば、ハーゲンダッツ。
先日ミニカップに異物が入っていたのだが、
お客様相談室に電話したところすぐ謝り、
翌日にはお詫びの品が届いた。
ハーゲンダッツを益々食べたくなり、
今日もミニカップを食べてしまった。

一方で、天丼のてんや。
お茶を帽子にこぼされたことがあるのだが、
クリーニング代の領収書を持ってくれば
その代金を出すとのことだった。
帽子はクリーニング不可だったので
それは出来ないと言ったところ、
今度は帽子を貸してくれ、
てんやでクリーニングに出すから、と言ってきた。
帽子を使えない状態にされても困るので断って、
話を打ち切った。
当日の天丼代もしっかり徴収された上に、
補償までグダグダ言われてはたまらない。
2度とてんやには行かないだろう。

もう一つ、喜多方ラーメンの坂内も酷かった。
食券を買った時に
おつりが100円足らないので言ったところ、
調査しますと言って結局50分ほど待たせて
その100円だけを返してきた。
食べ終わってからも20分以上待たせたのに
お詫びの気持ちは一切なしか、と思った。
こちらもわざわざ足を運ぶことはないだろう。

実は今、自分のチームも急な欠員でピンチな状態だ。
そういう時こそ対応力が試されていると思う。
お客様への対応、上司への対応、同僚への対応、
信頼を得られるように迅速かつ的確な対応を
心がけていきたいと思う。

[PR]
# by abcde354 | 2017-03-03 22:20 | 社会適応 | Trackback | Comments(0)

スルー出来ずに余計な一言を言ってしまう

最近はアスペルガーだと意識する局面が減っていたのだが、
久々に意識せざるをえないことをしてしまった。

会話を再現するとこうなる。

<夜、帰宅途中に廊下で>
自分「部長、お疲れですね」
部長「うん、この時期は事業計画の時期でね」
自分「だから課長も遅いのですね」
部長「課長まだ残ってるの?」
自分「はい、部屋にいますよ」
部長「課長に事業計画の一部を夕方までにお願いと頼んだのだけれど、
 まだ来ていないんだよね。蕎麦屋の出前と一緒で、のびちゃったよ」
自分「多分今やっているのではないですかね?」

ここで話をスルーしてそのまま帰宅すればよかったのだが、
スルー出来ずに余計な一言をやってしまったのだ。

続けるとこうなる。

<課長がいる部屋に戻って>
自分「課長、部長が事業計画ください、と言ってましたよ」
課長「うん、今やってる」
自分「わかりました、お先に失礼します」

<部長がいる部屋に行って>
自分「部長、課長は今やってると言ってましたよ。」
部長「え、わざわざ言わなくていいのに。
 蕎麦屋の出前とか言ってないよね?」
自分「言ってませんよ、
 部長が事業計画くださいと言ってましたよ、と言っただけです」
部長「プレッシャーかけなくていいのに」
自分「かけちゃいました、失礼します」

話をスルーしていいのかいけないのか迷った時は、
スルーする方が得策なのだろうと思い知った。

しかし、久々の大失敗に真っ青になった。
やはり自分はアスペルガーなのだと再認識させられた。


[PR]
# by abcde354 | 2017-02-22 23:37 | 自己分析 | Trackback | Comments(4)

大学ゼミのOB会

たまたま当日休日出社せずに済んだので、
10年ぶり位になるだろうか、
思いたって大学ゼミのOB会に参加した。

同期が誰も来ておらず
同じテーブルは全員初対面という状態だった。
しかし、結構楽しく歓談することが出来た。

正直びっくりした。
初対面の人間と歓談などという芸当は
自分の最も苦手とするところだったからだ。
人前で笑顔でいるだけでもキツかったのに、
まさか話をすることが出来るとは。
そして最後に、
「まさか全員と初対面だとは思いませんでした」
と同じテーブルの方に言って頂けるとは。

大学などの学生時代の集まりは、
失敗してもダメージがほぼないという、
コミュニケーションの練習にとっては
非常に良い機会だと感じた。
今後は積極的に参加していきたいと思った。

[PR]
# by abcde354 | 2016-12-17 22:23 | 社会適応 | Trackback | Comments(0)

gacco「信頼関係を深める 実践コミュニケーション講座」

gaccoという
NTTドコモの子会社がやっている無料e-learningで
「信頼関係を深める 実践コミュニケーション講座」
というものが始まった。

アスペルガーにとってコミュニケーションは永遠の課題だ。
そこで少しでもコミュニケーションを改善したいと思い、
講座を受講してみることにした。

今週、Week1が始まったところだが、かなり面白い。
Week1では自分のコミュニケーションタイプを判別して
どうすれば理想に近づけるかを探った。

この講座はWeek1~4の4週間構成になっていて、
12月27日まで講義動画を視聴できる。
また、各Weekの期限までに課題をクリアすると
修了証が発行される。

gaccoのe-learning、
自分自身は3年前から時折受講しているが、
完全無料でPCさえあれば講座が受講できる。
今のところ個人情報等も取扱に問題はない。
結構お勧めだ。

[PR]
# by abcde354 | 2016-10-22 23:30 | 社会適応 | Trackback | Comments(0)

「まぐろの油漬缶詰」にはまる

まぐろの油漬缶詰に、はまっている。

毎日食べているわけではないが、
一度食べ始めると、一度に
70g入りを4缶とか平気で食べてしまう。
しかも、お酢をかけるだけで。

アスペルガーらしいと思うが、
自分は一度ある食材にはまると、
一定期間止まらなくなってしまう。
最近でも、まぐろ缶の前は
雪印の6pチーズにはまり、
更にその前はサバの味噌煮缶だった。

幼少期はチョコレートにはまって
虫歯になりまくったこともあるし、
シイタケが食卓に出ないと
泣いた時期もあったらしい。

ただ、有難いことに
特定の食材にはまったことに対して
今まで怒られた記憶がない。
家族も淡々と付き合ってくれた。
だから今もストレスを感じる事なく
鷹揚に構えていられる。


しかし、一つだけショックなことがあった。
はごろもフーズのシーチキンシリーズは
はまっているまぐろ油漬の一つなのだが、
「シーチキンマイルド」
まぐろではなく”かつおの油漬”だった。
「シーチキンLフレーク」(きはだまぐろの油漬)
の隣にあったのでまぐろ油漬だと思い込み
セール時に20缶も大人買いしてしまったのだ。
まぐろに比べてかつおは微妙にパサパサなので
どうやって使おうか悩んでいる。

[PR]
# by abcde354 | 2016-10-15 20:55 | 自己分析 | Trackback | Comments(3)


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索