アスペルガー社会人のBlog

アスペルガーが「経験」させてもらえるようになるためには何が必要か2

「アスペルガーが「経験」させてもらえるようになるためには何が必要か」に対して、
本当に沢山のコメントを有難うございました。

経験を積ませてもらえるようになる上で大切な能力として
多くの方が挙げておられたのが「全体を見る能力」だったように思います。

皆様のコメントを頭の片隅に置きつつこの1ヵ月仕事をしてきましたが、
確かに自分は「全体を見る能力」が弱いように思いました。
「アスペルガーは物事の理解方法が逆?」でも考察したように、
自分は部分の集合体でしか全体を見ることが出来ないのです。

最近このようなことがありました。
1つ作成するのに3日かかる仕事がありました。
では、5つ作成するのに15日かかるのかとなると、実際は7日で終わる仕事でした。
しかし、自分には、全体が見えないため、
5つ作成ならば15日かかるという想像しか出来ませんでした。
7日と15日では製造コストが大違いです。


もう1点、自分の中では前の上司の上司の謎が一つ解けたコメントを頂きました。
定型の方は、スキルの低い社員を教育する、得意な仕事を任せる、
という原則のみでは動かないようです。
定型には、「やる気がある人、信頼できる人と一緒に仕事をしたい」
という感情的なニーズがあります。

というものです。

前の上司の上司からこのようなことを言われたことがありました。
「『やりたい』と言わなければ全てが始まらないよ」

自分が上司ならば、部下に仕事を任せる基準は
「その仕事をやれる能力があるか否か」が第一であり
「その仕事をやりたいか否か」は二の次だとずっと思ってきました。
しかし、定型には「やる気がある人」と仕事をしたいという
感情的なニーズがあることを知り、
前の上司の上司がおっしゃっていたことの意味が初めて理解できました。
定型にとって感情的なニーズというものは非常に大きな要素なのですね。


大変参考になるコメント、皆様どうも有り難うございました。
心から感謝しております。
[PR]
by abcde354 | 2009-05-22 20:58 | 社会適応 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://welladjust.exblog.jp/tb/11040811
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by あまがえる at 2009-05-23 09:15 x
感情的ニーズが第1で能力が次ぎとは理解に苦しみます。
利益を追求する合理的集団が企業だと思っていました。
仮に”やりたい”といっても能力が間に合わない事が発覚すれば、その後経験を積むチャンスは少なくなるのではと思います。
Commented by rui at 2009-05-23 12:31 x
初めまして。私もAS当事者です。
いつもとうふさんのブログを興味深く読ませていただいております。
自分にも当てはまる事が結構あり、助けられたりするので感謝しています。
四月に大学で研究室に配属されました。
指導教官に今のこのコは無理だと判断され
与えられる仕事量も内容も激減し、進学の希望も保留を勧められました。
「能力はある、ただ時間軸がズレているだけ」と言われました。
今の私には進学は難しいが、就職はもっと厳しいとも。
このとうふさんの日記を見て、「仕事」で必要とされていることが見えて
思うところがありました。
私も全体を見ることを心にとめて仕事をし、
まず「やりたい」「できます」と言うところから始めてみたいと思います。
進学して「今の院生と同じことができるの?」と聞かれて
未来の事はわからないし嘘をつくことになるのかとか思うと「できます」と言えなかったのでw
そういえば指導教官に「時間軸を3つくらいもっていないとダメだ」と言われました。
やっぱり自分は要領が悪いんだなぁと思いました。
Commented by ヒゲ達磨 at 2009-05-23 17:14 x
感情的ニーズという理解は、やや不適な気がします。

その仕事がこなせる能力のある人を新たに雇用して、その仕事を行うためには、その人への労賃などコストのほかに
①その人にその企業、職場の文化を教え慣れてもらうためのコスト、②解雇を伴う場合にはそのコスト
が発生します。

現在いる人の能力を向上させてその仕事を行うためには、
③教える手間や担当職員の負担などの教育コスト、④能力開発が間に合わない場合の機会損失のコスト
がかかります。

日本では②の解雇のコストが大きいですから、①+②>③+④が通例であり、仕事をしながらスキルの低い社員を教育する、オン・ジョッブ・トレーニングが選択されます。そして、③+④のコストを小さくするために重要視されるのが、”やる気”だと思います。

仕事をしながらスキルの低い社員を教育する、オン・ジョッブ・トレーニングを、私が任せられたとしたら、その人が現在の能力でこなせる仕事よりもやや難度が高い仕事を任せて、それをこなす=能力の向上を図ります。それを繰り返し、最後に登りきらせてしまいます。
つづく
Commented by ヒゲ達磨 at 2009-05-23 17:15 x
つづきます

やる気のない人は、やや難度が高い程度でも尻込みして最初から取り掛かろうとしません。仮に、やらせても途中で投げ出す確率が高い、先ほどの④のコストが発生する確率が高い。それに対して、スキルの低い人でもやる気があれば、仕事をしながら、仕事をすることでスキルが伸び、仕事がこなせる可能性が高い。それに指示以外の項目でも、自律的にこなすことを期待できます。

やる気は将来に○○になりたいという自分に対する願望だとおもいます。私も未来の事はわからないし嘘は嫌いですから、今できないことを「できます」とは言えません。「できるように努力します。」がせいぜいですが、これで十分だと思います。

最近、子供に自転車を教えています。2回目です。最初は、姉が乗る姿を見てのあこがれです。怖がり屋さんですから、2、3回転んで直ぐに挫折。今回はやる気は満点、少しずつ難しい、怖さが少ない程度に分けて教えています。やる気マンマンで、一生懸命取り組んでいる姿を見るのは楽しいし、こちらも元気になります。
Commented at 2009-05-24 17:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by amebaka at 2009-05-29 15:04 x
とうふさん、はじめまして
昨日 ASと診断されました。
 
私はうつ病の治療中でもあり、パワハラを受け、仕事も与えられず、評価も低いという状況です。

心療内科の先生は ASを今の上司に伝え、配置転換を勧める様に伝えるとのことですが、とてもこわいです。

私は人事部にいますが上司はとても厳格であり、ASという話を聞いた途端に
『会社には適応できない人間ではないのか?』と考え、私に退職をにおわす様な行動・発言に
うつる可能性があります。いや確実にそうしてきます。

私は会社を辞めるつもりはありません。でもこわいです。

先生にASを伝えてもらう方がよいのか、それとも内緒にしていた方がよいのか

どうしたらよいのでしょうか

お教え下さい。

よろしくお願いいたします。
Commented by abcde354 at 2009-05-29 23:01
amebakaさん、切迫した状況に感じましたので、先にコメントいたします。
自分はamebakaさんの主治医の意見を支持します。何故ならば、今の状況を第三者的に考えると、カミングアウトしなくとも退職に追い込まれる可能性が十分あると考えるからです。カミングアウトすればもしかしたら状況が好転するかもしれません。また第三者である医師の眼があるというのは会社にとって大きいです。容易に退職に追い込みにくくなります。是非主治医の方からASを伝えてもらってください。
Commented by abcde354 at 2009-05-31 19:39
皆様、コメント有難うございました。皆様からのコメントを頂いて考えたことを、「アスペルガーが「経験」させてもらえるようになるためには何が必要か3」にまとめました。御覧頂ければ幸いです。大変考えさせられるコメントを有難うございました。

ruiさん、自分もダメ人間の烙印を押されたことがありますので、今のお辛い立場よくわかります。ただ、腐らずに勉強をお続けになってください。ASのこと、社会の事、定型のこと、そしてご自身の専門のこと、腐らずに勉強を続ければ、自分が前の上司と出会えたように、必ず素晴らしい出会いが待っています。お互い頑張ってまいりましょう。
Commented by くらら at 2009-10-14 15:52 x
私はADHDですが、やはりやる気重視です
できないことであっても、やりたい!
という気持ちがあればできるようになるからです
逆に能力があっても嫌々やってるようでは効率があがりません
Commented by abcde354 at 2009-11-01 02:47
くららさん、コメント有難うございます。やる気重視ですか。「やる気があれば出来るようになる」という原則がアスペルガー?(自分)には適用できない場合があって、それで自分は周囲と軸がずれているのだと分かりました。どうも有り難うございました。
<< 定型との感覚の違い、テリトリー... 同じ事を繰り返し言ってしまう >>


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索