アスペルガー社会人のBlog

会話の適切な間

アスペルガーっぽい同僚と話していて、
会話の"間"がないことに気がついた。
自分が疑問に対して応答する前に、
その同僚は話し出してしまうのだ。

病院でのアスペルガー仲間は同僚とは逆に、
会話の"間"が空きすぎる。
自分が話し終わった後、
何秒か空白の時間が過ぎてから
アスペルガー仲間は話し出す。

会話に適切な"間"をおくこと、本当に難しい。
定型の方々はどうやって"間"を取っているのだろうか。
[PR]
by abcde354 | 2009-07-07 22:22 | 社会適応 | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://welladjust.exblog.jp/tb/11456562
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by あや* at 2009-07-08 00:43 x
「会話の適切な間」と感じる時間間隔は人によっても環境によっても話題によっても様々なので、定型の人どうしであれば、肌で感じ合って擦り合わせを行なうそうです。そういうことができるどうしは「馬が合う」などと言い、そういうことがそこそこにしかできないどうしは普通の知人どうしということだそうです。私は肌で感じ合ったりできないので、たたみこむように喋りすぎだったら相手に止めてくれるように頼んでから話します。
Commented by あまがえる at 2009-07-08 08:31 x
む、むずかし。。。。。。
Commented by めろん at 2009-07-08 17:19 x
会話の間というのは、相手の話を聞いて、それを租借し、自分の返事を考える時間ですよね?それがないというのは、相手の話を聞いてないか、何と答えようか吟味していないことかもしれませんね。逆に、長すぎるのは、その過程をとても丁重にしているか、話すことを遠慮していることも考えられます。
適当な間かどうかより、相手の話をちゃんと聞いて、それに対して答えているかどうかのほうが大事なように思えます。
Commented by rui at 2009-07-08 18:34 x
先日は、コメントレスをしていただいてありがとうございました!

難しいですよね。
芸人さんだって苦労している問題ですから、間は。

小学校の時にあった「音読発表会」でこう習ったのを思い出しました。
文と文の間(。)を「1,2」と心の中で数えることです。
「。」を心の中で「1.2」と読むと言った方がわかりやすいでしょうか?
「、」は「1」でした。
日常会話の中でも結構使えると思っています。
ちなみに私の「1.2」は時計の秒針と同じ速さです。
Commented by FP2 at 2009-07-08 20:15 x
自分も会話の間はありません。
相手の発言にかぶせるようにして返答してしまいます。
それでトラブルになることもしばしば・・・。
もう少し間をおきなさい、と指摘されるのですが、今度は間が空きすぎて間延びしてしまうのです。
特に初対面の方と話すと顕著ですね。
Commented by ヒゲ達磨 at 2009-07-08 21:19 x
”間”を「相手話者が発話を終了してから自らが発話開始するまでの時間長」という反応潜時として、京都大学の長岡さんらがコミュニケーション行動での役割を研究されています。

h  ttp://syasin.hus.osaka-u.ac.jp/jjisp/006/pdf/nagaoka.pdf

>自分(とうふさん)が疑問に対して応答する前に、その同僚は話し出してしまうのだ。

こういう間のない話し方を療育の場などでは「卓球会話」というそうです。「発想が面白い」など好意的に思ってくださる方もいますが、大抵は「人の意見を聞かない」「自己中心的」「尊大」という評価を下すようです。

長岡さんの研究では、相手の意見を聞き入れる受容的であると反応潜時、相槌頻度、発言長を相手に合わせるようになるそうです。同僚の方は、相手の返答を待たずに話し出していますから、相手に全く合わせていません。ここだけでも、同僚の方は非受容的ととられる。さらに発言内容も相手の考えは表明する機会がないのですから、相手の同僚の方の考えではないを踏まえたものになっていません。一方、定型の相手は同僚の方に合わせようとすると自分が話す機会がありません。

つづく
Commented by ヒゲ達磨 at 2009-07-08 21:21 x
これが、とうふさんの位置に、部下の方がいる会話であれば、部下の方は上司にあたるアスペルガーっぽい同僚の方から、一方的に叱責される、指示を受けると感じるのではないでしょうか。逆に、上司との会話なら、上司は部下に当たる同僚の方から、自己弁護を長々聞かされる、上司の意見を聞こうとしないと感じるのではないでしょうか。

>何秒か空白の時間が過ぎてからアスペルガー仲間は話し出す。

過日の成人当事者の集いで、ほとんど発言されない方がいました。「皆さんのお話を正しく理解、受け止めて、正しい応答を返したい」。それが結果的にほとんど発言しないことになっていました。若い当事者が、返事は返すもの、返事が返ってこないのは聞いていないからだという思いがあったのでしょう、しきりに発言を求め、とうとう発言されない方は、一時退席されました。

つづく
Commented by ヒゲ達磨 at 2009-07-08 21:23 x
長岡さんの先の論文を見ますと私は、適切な”間”が取れるのが定型発達、取れないのがASなど発達障害だと考えています。

どうせ上手には”間”をとれないのですからそれに努力するより、適切な”間”を取れないことによる不利益を回避する方に注力した方が良いとおもっています。コミュニケーションはキャッチボール、相手の話を聞いて自分の話を返していくキャッチボールだと思います。気持ちよくキャッチボールはできないですが、きちんと、キャッチして投げ返す方を重要視したいと思います。

長々と失礼しました
Commented by abcde354 at 2009-07-16 21:30
あや*さん、コメント有難うございます。定型の人達は肌で感じあって擦り合わせを行なうのですか、凄いですね。
Commented by abcde354 at 2009-07-16 21:30
あまがえるさん、コメント有難うございます。難しい、まったくの同感です。
Commented by abcde354 at 2009-07-16 21:32
めろんさん、コメント有難うございます。間にはこだわらず、とにかく相手の話を聞いて答えることに専念したほうがよい、確かにそうかと思いました。アスペルガーにとって間という問題は高度すぎるかもしれません。
Commented by abcde354 at 2009-07-16 21:34
ruiさん、コメント有難うございます。「。」を「1、2」と2秒数えるのですか。初めて知りました。試してみたいと思います。
Commented by abcde354 at 2009-07-16 21:36
FP2さん、コメント有難うございます。「相手の発言にかぶせるようにして返答」これは話を聞いていないと相手に感じさせてしまうと思います。最後まで話を聞くようお互い心がけてまいりましょう。
Commented by abcde354 at 2009-07-16 21:38
ヒゲ達磨さん、コメント有難うございます。間が取れるのが定型、取れないのがAS、確かにアスペルガー仲間や他の方のコメントを伺っていて自分も同じように感じました。間のことは二の次にして、とにかく相手の質問に対して返答するよう心がけていきたいと思いました。有難うございました。
Commented by マルマル at 2009-12-06 20:15 x
このテーマに質問、よろしいでしょうか?
ASの友人が、こちらの発言の途中ですでに話をかぶせて来ることに対して「最後まで聞いてよ」と言うと「いつ最後になるか予想がつかないから、言わねばならないと思った時に言いたい」と言っていました。又、秒速返答の「間無し状態」には、感想や意見というより「反射行為」とも感じています。
話の主旨より、自分の気になるワードに反応する・・ということなのでしょうか?
私は、専門家の先生が名付けたことは知らず「まるで最速競技の卓球のような打ち返し応答だよ」とよく言って来ましたが「話の区切りを待つ」こと事態に、ストレスを感じてしまうことはありますか?

Commented by abcde354 at 2009-12-06 23:15
マルマルさん、自分はアスペルガーでも「間が空きすぎる」タイプで、話の区切りを待つのはそう苦痛ではないです。ただ、文章というよりワードに反応してしまうことはありますね。おっしゃるとおり反射行為です。
Commented by マルマル at 2009-12-07 00:24 x
とうふさん、お返事ありがとうございます。
アスペルガーの方の中には、相手が喋った言葉を、頭の中で文字化して理解する人も居ると聞きました。ですから、主語や目的語はちゃんと言った方が良いのだと知りました。
間があき過ぎると「ねぇ、聞いてる?」とか「何考えてるの?」と聞かれることもあるかも知れませんが、タイミングというものが掴めない、解らない、という事ですよね。
そう考えると、私達定型は、なんであ・うんの呼吸で、よどみなく世間話が出来ているのか・・逆に不思議な感じもします。これもひとつの反射行為ですもんね。
何らかの方法で、お互い会話のリズムを合わせるコツが見つかると良いのに、なんとなくはがゆい問題です。ASの友人の言いたい事より、さえぎりやだんまりに気を取られて、せっかく良い意見を言おうとしているのに、良く聞き取りが出来なかったかも知れないと、反省しました。
Commented by abcde354 at 2009-12-09 21:55
マルマルさん、歯がゆい問題だと自分も感じます。
定型の方から歩み寄って頂けるのは、アスペルガーとして大変有難く存じます。
<< ゆっくり歩くこと2 『大人の発達障害』 備瀬 哲弘 >>


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索