アスペルガー社会人のBlog

アスペルガーっぽい同僚の長話はどうしたら止まるか2

「アスペルガーっぽい同僚の長話はどうしたら止まるか」
にコメント有難うございました。
同僚にはっきり言ってみた結果は、以下になりました。

・仕事と無関係な話を業務時間中にされることはほぼなくなった
・とうふの様子を窺ってから、話しかけるようになった
(話しかけるなオーラを出している時には、話しかけないようになってきた)

しかし、まだ業務時間の半分を同僚のQAに割かれている状態です。
同僚のモチベーションが下がっては意味がないので
半分であれば「やむなし」と考えるべきなのか、
それとも、まだ時間を減らす方向に持っていくべきなのか、
考えてしまっています。

しかし、対面のコミュニケーションって疲れますね。
自分がアスペルガーであることを実感せずにはいられません。
[PR]
by abcde354 | 2009-08-15 23:20 | 社会適応 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://welladjust.exblog.jp/tb/11733834
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by AG at 2009-08-16 08:35 x
とうふさんの学ぼうとする姿勢、理解しようとする努力、そして謙虚な態度に、常に好印象を覚えます。
今、「脳」関係の本に嵌っています。
何らかの原因で脳の、ある部分に損傷がおきても、「気づき・並々ならぬ練習」で、他の脳の部分がそれを補うというものです。
例えば、「脳卒中」で右手が利かなくなっても、リハビリで回復(脳が回復したわけではない)したり、目が見えない分、音に敏感になるというような事です。
とうふさんが気づきを真摯に受け止め、頑張るので、とうふさんの脳もどんどん変化(進化・成長)しているように思います。
とうふさんの生き方は、アスペルガー云々ではなく、「人として」大変刺激になります。
定型も苦手な部分、一杯あります。でも、私も頑張ります。
有難うございます。


Commented by マルマル at 2009-08-16 10:30 x
思い切って同僚さんに伝えて、良かったですね。
でも業務時間の半分をQ&Aに割かれているという状況は、通常あり得ないです。
これは、マンツーマンの小学生と家庭教師のやりとりと同じだと思います。

Qしてる方は「一度聞いた事はメモを張るなりして次から聞かないように心がける」べで、Aしてる方は、自分の仕事の効率もモチベーションも下がらない程度に指導すのが職場というものだと思います。

「どのように教えてもキリがないので疲労困憊」という職場の指導のストレスのコメントを目にしますが、同僚さんの質問の「質」はいかがでしょう?
同じ内容を、何度も聞いていませんか?
同僚さんの質問傾向が解れば、マニュアルとして書いて渡しておくなどは無理でしょうか?「解らないときは、コレ見てね」と。

同僚さんは「仕事の質問ならいくらしても良いのだ」という理解をしているようですが
「同じような質問を何度もするのもいけない」という、もひとつ具体的な条件付けも必要だと思います。


Commented by ネコちゃん at 2009-08-16 20:29 x
職場にもいろいろな人がいますね。人はそれぞれ違うから、どう付き合うか、ですね・・・。
自分の気持ちを上手に伝えることもコミュニケーションの一つなのですね。
勉強になりました。
Commented by abcde354 at 2009-08-17 23:35
AGさん、コメント大変恐縮です。自分は優れた人間ではありませんので、皆様から学び教えて頂いたことを実践するよう心がけているだけです。お互い頑張ってまいりましょう。
Commented by abcde354 at 2009-08-17 23:38
マルマルさん、コメント有難うございます。
>でも業務時間の半分をQ&Aに割かれているという状況は、通常あり得ないです。
やはりそうですか。有難うございます。
同僚の質問は同じ事を繰り返してはいないのですが、1回の説明が長時間に及ぶので、時間を割かれてしまいます。簡潔にまとめてほしいとお願いしてみます。
Commented by abcde354 at 2009-08-17 23:40
ネコちゃんさん、コメント有難うございます。
>自分の気持ちを上手に伝えることもコミュニケーションの一つなのですね。
全くおっしゃるとおりで、自分の気持ちを伝えるのは非常に重要なコミュニケーションと感じています。
<< 「話の流れが自然だった」という評価 相手の話を理解したことを示す方法 >>


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索