アスペルガー社会人のBlog

人当たりの良い人に仕事は集まる

同僚(定型)の話。

その同僚は仕事が早いわけでもなく、
仕事の質が高いわけでもない。
どちらかといえば質の悪い仕事をして
その後始末のために新たな仕事を作ってくるのが常だ。

しかし、お客様はその同僚に仕事を頼んでくることが多い。

何故か。

それは、その同僚が大変人当たりが良いからだ。

同僚は人当たりが良いので、お客様は話しかけやすいようだ。
同僚は話しかけられるので必然的に仕事について話すことになる。
するとお客様は「同僚=仕事を"最も"よく理解している人」という認識になるようだ。

お客様としては少しでも詳しい人に仕事をして欲しいと思うから
仕事を最もよく理解していると認識している同僚に依頼してくる。
同僚は質の悪い仕事をして後始末の仕事が新たに発生するのだが、
「『"最も"よく理解している人』がやった仕事だから難しい仕事だったのだろう」
とお客様は考えるようだ。
従って、後始末に対して何も文句はなく、
かえってお客様と同僚との信頼関係が深まるようだ。


どうも、世の中はこういう構造になっているようだと最近ようやく理解した。
他人の気持ちを想像しにくく人当たりに難があるアスペルガーは
世の中をどう渡っていけば良いのだろう、と考えずにはいられなかった。
[PR]
by abcde354 | 2009-11-05 01:45 | ひとり言 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://welladjust.exblog.jp/tb/12265515
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 随随 at 2009-11-05 12:55 x
2つのアプローチがありますね。
ひとつは、所詮人当たりなど表面的な能力なので、表面的にまねをしてみる。
もうひとつは、それも気持ち悪いので、まねしないで淡々とやる。

会社にとっては、質の低い仕事の方が儲かるわけでありがたいでしょうが、わざとやったら問題ですよね。能力の低さというのは、才能なんです。わかってしまうと言うのは、不自由で不幸せなことなんです。それを、ねたまずにいられれたら、賢者と呼ばれるのにふさわしいのかもしれないですね。気を落とさずに。
Commented by cinnamon at 2009-11-05 21:38 x
仕事の話であっても、話しかけやすい人に話は行くものです。

人当たりがよいかどうかというポイントもありますが、丁寧で親切であるというところもまたポイントだと思います。

丁寧で親切であることならアスペルガーでも努力しだいではできるのではないかと思います。

他にも、仕事が集中する人にはいくつかポイントがありますね。
何がポイントであるかを知り、自分に向いているやり方で仕事をなさったらいいと思います。
Commented by きのこる at 2009-11-06 00:33 x
初めてコメントさせていただきます。

仕事の質は低いが営業力の強い方がたくさん仕事を得る、
やっぱりそうなりますよね。

ブログにたとえると、
記事の質はよくないけど、ランキング上位だから
アクセス数をいっぱい稼いでいる状態、でしょうか。

この問題について、いろいろと思うところがあるのですが
長くなってしまいそうなので、
よろしければ今度、トラックバックで意見を書かせてください。
Commented by マルマル at 2009-11-06 23:37 x
私の職場にも、そういうタイプの人・・居ます。
私は「力量を超えた調子の良さで、苦労しているな」と感じます。
営業力・対応力と作業力がバランスが取れていると、自他ともにスムーズ感を感じますが、やたら人受けが良いために力量不足なのに沢山の作業を抱え込み、四苦八苦したり、ミスに落ち込んだり・・。
周囲が手伝っているのは、身内にも人当たりが良く「ごめんなさい、すみませ〜ん」と
謝られると、会社全体の営業成績にも結びつくことなので「しょーが無いわねぇ」とい
つつも、誰かがわいわい手伝うはめに。

その人なりの苦労や疲労やストレスも・・あるのだろうと思います。
人当たりは良く無くても、誠実に仕事に取り組むタイプ。
要領良く、淡々とこなすタイプ。
人当たりの良さで、力量不足をカバーしているタイプ。
いろんな人が居て、その人の良さを認めつつ、自分の良さも意識する。

そうしなければ・・・ねぇ・・・やってられないですよ、職場なんてねぇ。
Commented at 2009-11-07 17:18
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by abcde354 at 2009-11-15 12:37
随随さん、コメント有難うございます。
「能力の低さは才能」、非常に考えさせられる言葉でした。「能力の高いことが良い事だ」と思い込んできたのですが、確かに社会では能力の低さこそが才能かもしれません。ねたまず大きな心をもって過ごしていけるように、少なくとも行動にねたみが表われないようにしていきたいと思いました。有難うございます。
Commented by abcde354 at 2009-11-15 12:55
cinnamonさん、コメント有難うございます。
仕事が集まる人のポイントは1つではないのですね。探してみようと思います。有難うございました。
Commented by abcde354 at 2009-11-15 13:04
きのこるさん、コメント有難うございます。
トラックバックは記事に言及がない場合は無効になるシステムなので、ご了解お願い致します。
Commented by abcde354 at 2009-11-15 15:51
マルマルさん、コメント有難うございます。
同じような方はどこの職場にもいるのですね。お互いの良さを生かせた時はじめて仕事は上手く回るものだと自分も思っていますが、相手の良さに対して如何に妬みを持たないでいけるかなんでしょうね。
Commented by abcde354 at 2009-11-15 16:02
鍵さん、コメント有難うございます。アスペルガーの知識を持っていても話しかけにくいものは話しかけにくいのですね。人間の行動は感情によって引き起こされるものだと知ったので、気をつけていこうと思います。どうも有難うございます。
<< パーティーで話に行っても良いタ... タスクの洗い出しが出来ないとい... >>


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索