アスペルガー社会人のBlog

『アスペルガー症候群 就労支援編』 梅永 雄二 佐々木 正美

この本は、アスペルガー症候群を含む
発達障害当事者が利用できる就労支援機関と
それぞれの機関の特徴についてまとめてある。

例を挙げると、
「発達障害者支援センター」については
「発達障害がある人を、年齢問わず支援している機関。
障害の特性や、専門的な治療教育(療育)などについて、相談できる」
「地域障害者職業センター」については
「事業主、ハローワークと連携しながら、障害者の就労支援を行なっている機関。
障害者手帳がなくても、就労に悩んでいる人は利用できる。」
と概略説明がある。
そして、イラストや図を交えて支援過程が説明されている。

支援機関が一望出来るので、
アスペルガー当事者の、特に就職間近な人や再就職を目指す人にとっては
大変有益な本だと思う。

アスペルガー症候群 就労支援編 (こころライブラリー イラスト版)
梅永 雄二

4062789604
講談社 2009-08-26
売り上げランキング : 15810

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[PR]
by abcde354 | 2009-11-15 21:01 | 読書 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://welladjust.exblog.jp/tb/12330297
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by きのこる at 2009-11-16 15:52 x
以前、「SCIT」についてコメントしたものです。
実はこの本で知ったのでした。
詳細調べて論文など当たってるのですが、よく分かりません。
(英語ぜんぜんだめなんです)

就職、転職を考える当事者にとって
この本は本当におすすめです☆
Commented by ROM者です。 at 2009-11-16 16:26 x
初めまして。以前から時々拝見だけはしておりました。
自己診テス的にアスペ確率大と考えている人間です。

私の場合、以前の勤務先でブログ主さんの環境とは
逆に後輩ではなく、先輩(部署転々、摩擦数々)にそう
いう感じの人がいて、相手と周囲に加被害双方ごちゃ
マゼでした・・・。

上できのこるさんもご推薦されてますが、講談社さんは
ここん所、本当に色々と出版物(特に成人向け)の種類・
内容が充実して来ているかな、という印象ですね。
(って業界関係者じゃないス(w)けど。そもそも諸事情
諸々で本屋でチラ観程度。。)

ご上述の通り、本にもある程度記載があったかと
思われますけど、(自分的には本当に情けない話
ながら)今以上にもっと公的な援助等充実して
ほしい気が。現政権下、大まかな方向性だけでも
示して欲しいと思うんですけど、年金に忙殺されて
無理かなー・・・。

あ、「~職業センター」ってのが在るんですね。
「~支援センター」共々、是非ぜひ行って見なくては。

色々長々と取り留めの無いカキコで失礼致しました。
Commented by abcde354 at 2009-11-22 11:53
きのこるさん、SCIT、確かに本の最後に紹介されていましたね。
これから日本語の本とかも出て来ると思うので、楽しみにしています。
Commented by abcde354 at 2009-11-22 11:56
ROM者です。さん、そうですね、支援は充実するに越したことはないと思いますが、当面は今ある支援制度を上手く活用して、多くの発達障害者が就労出来ればいいと思っています。
<< 2002年の曲を突然思い出した パーティーで話に行っても良いタ... >>


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索