アスペルガー社会人のBlog

いつまでもプレーヤーではいられない

キャリアパスについて人と話していたところ、こんなことを言われた。

40歳でプロサッカー選手を出来ている人はほとんどいない。
多くが、監督やコーチ、解説者になって生計を立てている。
IT技術者にもプロサッカー選手と同じ事がいえるのではないか。
いつまでも"技術者であること"に固執していると、
生計が立てられなくなるのではないか。


自分の悩みはこれだったのか!と思った。

アスペルガーにマネジメントは向かないので避けたほうがいい、
と自分は主治医やソーシャルワーカーから言われている。
恐らく主治医やソーシャルワーカーの言うことは正しいだろう。
何故ならば、自社のアスペルガー傾向を感じるマネージャーは
ことごとくマネジメントが下手だからだ。

しかし、いつまでも技術者として第一線で仕事し続けるのは不可能だ。
最近も技術の勉強をしているが、新入社員の頃より覚えが悪い。
最新動向についていけなくなるのも時間の問題だろう。

技術者でいられなくなったアスペルガーは、
何によって生計を立てていけばいいのだろうか。
技術者でもマネージャーでもなく、
年齢を重ねていても出来る職種とは、
どういうものがあるのだろう。
[PR]
by abcde354 | 2010-01-09 22:14 | 社会適応 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://welladjust.exblog.jp/tb/12642185
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by アンディ at 2010-01-12 19:21 x
パソコンやコンピューターが得意というのは、とうふさんの強みだと思いますよ。
事務職でもワードやエクセルに堪能な人は重宝がられますからね。

パソコンが苦手な中高年や初心者もまだまだたくさんいますから、
パソコン出来る人の求人需要はあるんじゃないかなと思います。
Commented by abcde354 at 2010-01-12 23:02
アンディさん、コメント有難うございます。
最近の新入社員(というほど年いってないですが)は凄いです。小さい頃からPCに触れていて、専門にしている自分より全然出来ます。素晴らしいです。
Commented by やすな at 2010-01-14 22:32 x
マネジメントができないだろう・・・というのは、私のキャリアプランにも暗い影をおとしています。。

組織に属して働く限り、ず~っとプレイヤーでいることは無理そうですし。
だからといって、いまの職種の延長で独立するのもイメージがつかない。

自分が一番いいなぁ~と思うのは、
50歳超えたら、芸術家に転向してしまうことです。
非現実的ですが、書道家を目指していた身の上商業書道で生計を立てられたらいいなぁ~なんて夢見ています。

しかしながら、きっと50歳の私はマネジメントすることに必死になっているでしょう。。
いや、そこまでたどり着けない可能性もあり・・・かな。。
Commented by abcde354 at 2010-01-15 00:04
やすなさん、コメント有難うございます。50歳で芸術家に転向ですか。思いもしない発想でした。50までに大分お金貯めないといけないですね。マネジメント職までたどりつければいいのですが、その前で振り落とされないようにしなければいけないと感じています。
<< アスペルガーとブログは相性が良い フィードバック分析により自分の... >>


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索