アスペルガー社会人のBlog

関わりを持つ人をレイヤー(層)に分けるということ

先日、貴重なお話を伺った。
関わりを持つ人を「レイヤー(層)に分ける」という考え方だ。

アスペルガーは人との距離感を取るのが苦手だといわれるが、
お話を伺っていて、苦手なのは
定型が無意識に行なっているだろう「レイヤー分け」を
アスペルガーは意識しなければ出来ないからではないか、と感じた。

その方は、発達障害のオフ会に集う人に関してレイヤー分けしているという。
・1層目は巨大コミュで告知したオフ会に参加する人
・2層目はオフ会参加常連者のためのコミュに集う人(公開、承認制)
・3層目はオフ会コアメンバーのためのコミュに集う人(非公開、承認制)
といった具合だ。

この3層レイヤーがきちんと機能しているからこそ、
その方は数百人の当事者と付き合っていけるのではないか、と感じた。

More以下にその方の言葉を引用させていただく。
自分はこのお話に、大変感銘を受けた。




見えるところはなるべくオープンにして、仲間を広げたい。
この飾らず楽しい雰囲気は、会った人みんなに伝えていきたいから。
ただ闇雲に見ず知らずの人に広めて行きたいのではなく、
主催したオフ会で会った人たちや、
自分が他のオフ会や会合等で会ってきた人たちに対して、
面と向かって自分の言葉で伝え、少しずつ広めたいから、
あちこちの会合に自ら参加して、ちょっとずつ人の輪を広げたい。
でも守るべきところは、しっかり守りたいのです。
たとえ一度会ったことのある人でも、
人との距離感をつかめず、いきなり入ってきてしまう人も実際にいるので、
これはきちんと分けないとまずいですよね。

閉鎖的なのも好きじゃないし、
かといって無防備なのも怖いという、
相反しそうな状況をうまくまとめるひとつの解が、
徐々に自然な形で整えられてきたレイヤー分けによってできつつある気がします。
[PR]
by abcde354 | 2010-02-21 23:30 | 社会適応 | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://welladjust.exblog.jp/tb/12880260
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by にゃんまげ at 2010-02-22 05:55 x
さっそくお話を取り上げていただき、ありがとうございました。
レイヤーの機能について、補足させていただきますと、
「公開」「非公開」「承認制」などは、mixiのコミュニティに備わっている機能を
フルに活用させていただいております。

私のつたない文章ではありますが、ご紹介させていただきありがとうございます。
オフ会のオープンな雰囲気を維持しながら、お会いする方々には主催をする側の
気持ちを上手く伝えていけたらと思うんです。
共感していただけたら、とても嬉しい気持ちにもなり、次回の開催へのモチベーション向上にもつながるのです。あからさまな利益追求とか下心とかは極力排除しながらも、決して無償の奉仕とか義務感だけでやってるわけではないんですよね。実際何を得られるのかというと目に見えないモノばかりなので、一見そう見られても不思議ではないぐらいの気持ちではありますが。
(下につづく)
Commented by にゃんまげ at 2010-02-22 05:56 x
(上のつづき)
私自身は付き合う人々をあまりレイヤー分けしたくないんです、本音は(笑)
でも自分だけではなく、守るべき対象は「仲間」であると考えますので。
なかなか自分から言えない気持ちをオープンにして集ってきた仲間たちを、
私は心底大事にしていきたいと思うからなのです。
せっかく楽しみにして下さる皆さんの気持ちには、精一杯の自分自身の気持ちで応えていきたいのです。

普段上手く言えなかったり照れくさかったり恥ずかしかったりでなかなか言えないのですが、これは偽らざる気持ちです。

このブログには、普段口では上手く伝えきれない「言葉の力」をとても強く感じます。今後ともブログの更新を楽しみにチェックしていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします!
Commented by の~じぃ at 2010-02-22 10:43 x
人とのお付き合いをレイヤー分けするというのは、とてもスッキリしていていいですね。
なんとなく私もやっているかな?と考えてみてのですが、レイヤー(層)というよりはカテゴリー分けになっていると思います。
自分以外の人と人がカテゴリーが重複する方とのお付き合いには非常に苦慮します(汗)
先日も、折角 職業センターの方がメールでのやり取りを提案してくれたのですが、私の中のカテゴリー分けで、その方はメールアドレス交換をしてはいけない距離的カテゴリーの方で、断ってしまいました。
もう少しフレキシブルになりたいものです。
Commented by JOE at 2010-02-22 14:33 x
とうふさんとにゃんさんのコラボがこんな形で実現するとは驚きです(笑)。

なんとなく、それらしい胸騒ぎ(not放課後)はしていたので、気づかなかった自分のうかつさに地団駄を踏みまくりです。

レイヤー分けで私が難しいと感じているのは
「私は親しくなりたいと思っているが、向こうはそうでもなさそう」
という場合です。
親しくなりたい、という気持ちは制御しにくいものです。
反対に親しくなってもらう、というのは完全に他人の領域です。
それを第三者に相談なぞしようものなら、余計にややこしくなってしまったりします(最悪、炎上してしまう)。

しょうがない、と割り切れる種類の問題ではないし、他の人でその隙間が埋められる問題でもない。

しかもそれがただの人間関係でなく、現在進行形の活動と密接に関わっている関係だとすると、余計に複雑な感情が交錯することになります。

私の場合は、トラブル覚悟で色々と相談しちゃうんですが、それは他人には到底薦められません(爆)。
Commented by FP2 at 2010-02-23 19:07 x
なるほど~、階層分けという分類があるんですね。
自分でも線引きという形で分けているつもりだったんですがうまくいきませんでした。
レイヤーで考えるともう少しきれいに分類できるような気がしてきました。
でも重複部分はどう配置すればいいんだろう・・・。
実験的に配置してみることにします。
Commented at 2010-02-24 09:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by abcde354 at 2010-03-07 18:06
にゃんまげさん、コメント本当に有難うございます。コメントで補足頂いたことで、にゃんまげさんの思いがより分かりやすく伝わった気が致します。本当に有難うございます。こちらこそ、今後ともよろしくお願い致します。
Commented by abcde354 at 2010-03-07 18:08
の~じぃさん、コメント有難うございます。そうですね、フレキシブルというのは、アスペルガーにとって重要な課題ですね。自分も気をつけていきたいと思います。どうも有り難うございました。
Commented by abcde354 at 2010-03-07 18:32
JOEさん、コメント有難うございます。
先日はお誘いいただき有難うございました。
有意義なお話が伺えて、大変有難く存じました。

>親しくなりたい、という気持ちは制御しにくいものです。
これを制御できなければ、自分は真の自立はないと思っています。
難しいですが、制御できるように、お互い頑張ってまいりましょう。
Commented by abcde354 at 2010-03-07 18:34
FP2さん、コメント有難うございます。自分もまだ実験段階ですが、にゃんまげさんもおっしゃっているように段々と出来ていくのかなと思っております。まずは意識してレイヤーわけを実践してみる、お互い頑張ってまいりましょう。
Commented by abcde354 at 2010-03-07 18:54
鍵さん、コメント有難うございます。世間は狭いですね。このお話伺ったとき、自分も本当に目から鱗でした。
<< 鈴木明子選手、感動と勇気を有難う 他とは比較出来ないレベルになること >>


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索