アスペルガー社会人のBlog

鈴木明子選手、感動と勇気を有難う

今日のバンクーバーオリンピックフィギュアスケート女子FS、
昼休みに重なった鈴木明子選手だけLIVE観戦できた。
いつも彼女からは「スケート出来る喜び」が満ち溢れていて
涙せずにはいられないのだが、
今日も演技直後の彼女の涙にもらい泣きしてしまった。

鈴木明子選手といえば、摂食障害が有名だ。
大学1年生の時にスケートへの過度のプレッシャーから摂食障害になり、
一時競技会参加どころかリンクに上がることもできなかったという。
しかし、その状態から、何と7シーズンかけて這い上がってきた。

7シーズンといえば、小学校に通う期間よりも長い。
しかも、一昨年のシーズン(FSタイタニック)までは、
小規模な大会しか派遣されなかったという。
そのような中でも腐らず努力し続けた結果が
昨シーズン(FS黒い瞳、EXリベルタンゴ)花開き、
今シーズン、オリンピック8位という結果をもたらした。

鈴木明子選手はスケートを通じて、
病気になっても諦めずに努力し続ければ、
道は拓かれることを身をもって示してくださったと思う。
自分はアスペルガーという障害を負っているが、
アスペルガーだからといって諦めるのではなく、
鈴木明子選手を見習って
自分に出来る努力をし続けていきたいと思った。

鈴木明子選手、感動と勇気を本当に有難う。
[PR]
by abcde354 | 2010-02-26 23:29 | ひとり言 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://welladjust.exblog.jp/tb/12906988
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by maple at 2010-02-27 21:09 x
鈴木選手涙していましたね?私もあの涙に感動しました。
演技構成点を重視されるようになってから、
スポーツなのに芸術的要素が高くなってきたと感じます。
まるでダンスかのようですね?
なので、自分の思いを込められた演技ほど、希薄や心情が伝わってきて感動します。
ほんの少しなのですが、絵など描いていた私は、
それは、フィギアスケートと言う芸術なのでは?と、思ってしまいます。
Commented by もんちゃん at 2010-02-28 21:35 x
私も体が弱いせいもあるかもしれませんが、
鈴木選手には感動して、涙しました。
本当、素敵でしたね。病気を乗り越えたこその、
全身から喜びを一緒に感じました。素晴らしい選手だと
思います。とうふさんも同じ事を感じていたんですね。
少し嬉しくなりました。
Commented by yo*ko at 2010-03-06 15:24 x
はじめまして、abcde354さん。


交流させてもらっているkyotoさんのブログのコメントより、お邪魔させてもらいました。
私自身、発達障害&摂食障害(私の場合、軽度の過食嘔吐ですが)により、悩んでいるもので、鈴木明子選手の記事、大いに共感いたしまして、勇気を出して、コメントさせていただきました。

私は、はっきりいって、スピードスケートのような単純明快な記録で、順位がはっきりわかる競技ならいざしらず、採点方式での金メダルやら、銀メダルやらに興味はなくて、いかに見る人を魅了・感動させるか、それがフィギュアスケートの醍醐味だと思うのですね。
ですが、この考え方は、採点方式の競技自体、オリンピック参加を全否定になってしまいかねないから、その目標に向かって頑張っている選手のことを思うと、あまり強くはいえないのですが・・・。
Commented by yo*ko at 2010-03-06 15:25 x
ただひとついえることは、鈴木選手は、同じ摂食障害で苦しんでいる私の中では、金メダルに値する感動をもらえたことは、間違いありません。
私の場合、長年のひきこもりにより、陥ってしまったデブ体系から、半年でー40kg減という過度のダイエットにより、その反動からくるもので、自業自得だったりして、鈴木選手とは全然違う種類の人間だったりするので、お恥ずかしいかぎりですが。
浅田真央ちゃんの体脂肪7%っていうのも、すごく心配だったりしますね。

それにしても、日本では平気で人の体型のことを言う人が多く、異常な見た目至上主義に疑問を覚えます。
自分が過度のダイエットをして、こんなことを言うのは、全然説得力はないのでしょうが、自分が摂食障害で苦しんで、ようやく、健康のことを考えたら、平均値の体重はキープさえしていればいいのであって、それよりも中身が大事なんだなと、最近つくづく思ってはいるのですが、デブのトラウマから抜け出せず、今日に至るというわけです。
Commented by yo*ko at 2010-03-06 15:27 x
社会人をしながら、発達障害と向き合っている、abcde354さんに大変関心がありますので、またお邪魔させてもらおうかなと思っておりますので、その際は、また、よろしくおねがいします。

それと、おカラダを崩されてるとのことで、お大事になさってください。

初コメにもかかわらず、長々とコメント失礼いたしました。
Commented by abcde354 at 2010-03-07 20:52
mapleさん、コメント有難うございます。mapleさんも感動されたのですね。感動を共有できて嬉しいです。フィギュアスケートは芸術だと自分も感じます。
Commented by abcde354 at 2010-03-07 20:54
もんちゃんさん、コメント有難うございます。もんちゃんさんとも感動を共有出来たこと、本当に嬉しいです。
Commented by abcde354 at 2010-03-07 21:15
yo*koさん、はじめまして。コメント有難うございます。yo*koさんも摂食障害に苦しんでおられるのですね。摂食障害にはなったことのない自分ですら感動して涙したのですから、同じ障害の苦しみを知っておられるyo*koさんは本当に感動されたと思います。またお気軽にいらしてください。コメントどうも有り難うございました。
<< 「他者の為に生きる」という決意 関わりを持つ人をレイヤー(層)... >>


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索