アスペルガー社会人のBlog

何かあったら気軽に連絡してください2

「何かあったら気軽に連絡してください」
に沢山のコメント有難うございました。

結局、その上司からはメールの返信が来なかったので、
何が悪かったのかいまだに分かりません。

皆様のコメントから原因を想像する限りでは
・社交辞令を本音と受け取ってしまった
・メールの頻度(迷惑行為な頻度でメールを送ってしまった?)
・メールの質(重大性、緊急性が低いと受け取られた?)
・メールに答えるメリットが上司になかった(一方的な相談メールになっていた)
といった所が出てきました。
しかし、真の原因はいまだ分からない状態です。

そういえば、別の上司にも一時期返信頂けませんでした。
最近1年ぶり位にメールした所、今回は返信くださったのですが、
一時期の返信無しの原因がいまだわからずにおります。

2人の上司から同じような行動取られるということは、
自分に原因があることは分かるのですが、
自分のどこを改善していけば良いのか分からずにおります。

皆様がメールに返信返さない時は、どういう時ですか。
[PR]
by abcde354 | 2010-09-07 00:06 | 社会適応 | Trackback | Comments(17)
トラックバックURL : http://welladjust.exblog.jp/tb/13940720
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by junseok at 2010-09-07 06:32 x
こんにちは。

あくまで僕の予想ですが、
メールはもらっても仕事が忙しく
また上司らしい上手い返信内容が思い浮かばず
気がついたら返信していなかった…。

という可能性も十分に考えられます。

上司と言う立場、多少気の聞いた返信をしたいと思う人って多いと思います。
Commented by マルマル at 2010-09-07 09:13 x
社風やケースにもよると思うのですが・・
「何かあったら気軽に連絡してください」の「連絡」の部分。

メールや電話で「ご相談したいことがあるのですが、お時間をいただけないでしょうか?」など、相手の意思や都合を聞くにとどめ
相談や質問の内容は「会って話す」もしくは「電話で話す」のが、目上の人への相談や質問のマナーだと思います。

もしかしたら、とうふさんは上司の現状などを伺わずに、一発目のメールですでに相談内容に突入している・・・ということはないでしょうか?
相談や質問を受ける側にとって「よし聞いてあげよう」という体制になるには「助けて欲しいのですが」という軽いジャブを繰り出したほうが、積極的や意欲的になるのです。そこをはしょって突然、内容をつきつけられると困惑しますし、相談というものは、相手の表情を見ながら細かなやりとりの上で成立するもの・・・という概念もあります。
「このメール文だけではうっかり答えられない」という慎重さも伴います。
ここのところ、いかがでしょう?
Commented by ベージュの財布 at 2010-09-07 22:51 x
マルマルさんのコメント読みました。とても大事なことを言っていると思い、共感します。


突然ですが。
とうふさん、趣味は?
最近 無駄話 してますか?
普段から、趣味の話とか雑談をできたら、周囲の人と程よい距離が作れると思いますよ^^そうなれば、信頼関係も徐々に・・・・。
「雑談力」という本。武藤清栄という人が監修していますが、随分広く読まれている本です。私はこの本のお陰で気持ちが本当に楽になりました。
うーん。ベージュ的には、とうふさんの今までと違った一面を知りたい。
他のコメンテーターさんは私のコメントどう思われるかな?
Commented by ジョンキル at 2010-09-07 23:09 x
メールの返信が来ない理由として、私が一般的に思いつくのは、
・忙しくて書き終わらないうちに、返信の時機を逸してしまった
・デリケートな内容なので、対面で相手の考えや理解具合を確認しながらでないと答えにくい
・返信メールの文面が、万が一第三者に漏れて一人歩きした場合、会社、あるいは特定の個人に対する誤まった解釈をされる恐れがある
といった場合でしょうか。

原因は一つではないかもしれないですし、タイミング(相手の忙しさや気分など)にもよると思いますので、あまり気にし過ぎなくてもよいのではないかと思います。
Commented by 王手飛車 at 2010-09-08 14:09 x
はじめまして。

普通の?部下思いの上司なら部下のメールには多少遅れても最終的に返事をくれると思います。たとえ社交辞令に対して部下が勘違いしてメールしてきたとしても、です。単純に忘れている可能性もありますが、そうでなければ、もう少し待ってみる、という手はまずあります。

①返事がないのが返事、という場合。「君の話は分かった、でも私はあえて何も言わない、後は自分で考えろ」です。「俺の話がききたかったら、もっと自分で考えろ」みたいな、ちょっと俺様上司でしょうか。

②興味のないことにはレスポンスしないタイプの上司。頭は切れるけど、自分がつまらないと思ったら冷たい反応を返す人。

③ボンクラ上司の場合、「うーん、何と答えたらいいものやら・・・」のように、永遠に回答保留を目指しているかも。とうふさんのメールが高尚過ぎて、下手に回答して無能がばれるのを恐れていたり。

④先延ばし、面倒くさがりの上司。私はここに入るかな?悪気ないんで、許してあげてくださいね。


Commented by カフカ at 2010-09-08 20:48 x
私(定型)と部下(AS?)の場合、
・「自分で考えればわかるでしょう」という時
・些細なことで何度も連絡をくれる時(急ぎではないならまとめて欲しい)
は、スルーするときがありました。
あと、緊急だったり重要だったりするものや、内容がメールでやりとりするに相応しくない(会ったときに直接言うべき)、という時もありました。
そういう時は、私ははっきりそういいましたが、内心イラッとすることもありました。
Commented by カフカ at 2010-09-08 20:49 x
逆に、私の方から彼に励ましメールを送ったのに、何の反応もないことがあり、
会社で顔を合わせた時も何も言わないので、届いてないのかと思い本人に確認したら、
「ムカついて返信できなかった」と言われた時がありました。
そんな反応が返ってくるとは思いもよらなかったのでとてもびっくりして、業務連絡以外は、こちらからはメールをしないようになりました。
Commented by lieri at 2010-09-11 02:00 x
社交辞令だったのかと結論される前に一度原因を直接尋ねてみられるということは不可能でしょうか?
「本当に困っていたので気軽に連絡してくれと仰ったのを思い出し、
つい甘えてしまいましたが、ご連絡するような内容ではなかったでしょうか?
それとも何か自分の文面にお気に触ることでもあってお返事いただけなかったのでしょうか?」と。
もし何かに腹を立ててわざと返信しなかったのだとすれば、そう尋ねてくる事こそを上司の方は待っていると思いますし、
別件で多忙だったりメールを読んでいなかったりということであれば逆に謝罪があるでしょうから、現在のご心配は無用のものだったということがわかります。
メールに返事をしない原因なんて本当に色々です。
あれこれ推測したり他の方の例をお聞きになっても、実際に上司の方がなぜ返信されなかったのかは尋ねてみなければ解らないと思います。
そして、貴方が「返信が無いこと」についてこんなに悩んでいることが、上司の方にとっても不本意であることだってままあると思うのです。
少しばかり勇気のいることではありますが、ソレが一番じゃないかなと自分は思います
Commented by ベージュの財布 at 2010-09-11 11:07 x
再度コメントします。
どういう時にメールに返信しないかという、とうふさんの疑問に答えなくて失礼しました。どうかお許しを。
①メールが来たことに気づかない場合(当たり前ですが)
②パニックになるくらい忙しい時、仕事の優先順位を付けて後回しにして、なかなか時間が取れない場合

lieriさんの意見に賛成!!
Commented by ベージュの財布 at 2010-09-11 11:37 x
追加します。
この度、私自分自身の傾向の事を知りたく、発達相談支援センターに何度か足を運びました。自分の程度は、得意不得意の差がやや大きいということで、普通にやっていける範囲と診断されいろいろアドバイス頂いたのですが、もっと大変なレベルの人もいるということを知りました。相談員の方が言うには、そういう人たちと私がコミュニケーションをしたら、合わないはずだということです。
ですから、私ととうふさんとのやりとりがスムーズにいっているかどうか少し考える必要があるのかなあとあらためて感じたところです。
だから、文面でのやりとりも限界があるのかもしれません。
Commented by こしゅこまま at 2010-09-11 14:10 x
8/31の記事では経緯の全体像が掴めなかったためコメントを控えましたが、
①ある上司から「何かあったら気軽に連絡して下さい」と何度も言われた
②連絡(相談)したいことがあったので、メールを送った
③結局、その上司からは返信が来なかった
という今回の次第に加えて、別の上司にも返信をもらえなかったことがあるという背景も分かったので、考察してみました。

かけられた言葉が「社交辞令なのか・字義通りの意味なのか」を決めるのは、言われた回数・頻度ではなく、相手との普段の関係です。つまり、今は直属の上司でなくても普段から「何かあったら気軽に連絡」している関係だったら言われた通りにしてOKだし、そういう関係でないのなら字義通りの意味と理解してはダメで、その言葉に込められた「意図」を読み取る必要があります。
Commented by こしゅこまま at 2010-09-11 14:12 x
(続きです)
上司が部下に言う社交辞令にはいろいろありますが、その中でも「何かあったら気軽に連絡して下さい」という言葉を、何故とうふさんにかけたのか、相手の意図を推察してみました。
どの言葉を選ぶかは一般的に複数の背景があって「なんとなく」決まるものだと思いますが、とうふさんの職場での最近のご様子を鑑みると、
一緒に仕事している部下・同僚・上司とのコミュニケーションが、あまり上手くいっていない様子が伺える→普段から周りの人と「何かあったら気軽に連絡」しあう関係を築くべきでは→「何かあったら(周りの人達と)気軽に連絡し(合って上手くコミュニケーションを取って)下さい」
という意図を込めた「声かけ」だったのではないでしょうか?
#ま、ご本人は、実際そこまでハッキリと意識しているわけじゃないんですが。

この推察が概ね当たっていると仮定すると、返信が来なかったのは「私にメールするより先に、一緒に仕事している人達に連絡・相談するのがスジじゃないか。分かってないな、、、」ということだったのでは?とも考えられます。
以上、あくまでも推察なのですが、とうふさんが真の原因を理解していく上でお役に立てば幸いです。
Commented at 2010-09-11 17:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-09-11 17:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by じゅんこ at 2010-09-11 22:12 x
私は、どんなメールでも、「わかりました」とか「了解です」という返信をしますが、上司や部下に関係なく、返信しない人って少なからずいる・・・ということも事実かもしれません。すぐに会って離しができる場合などは「昨日メールみたよ」などと直接話したほうが早い場合もありますが。
私から送信する場合は、連絡だけの場合は「返信はいらない」という言葉をそえるか、返信がほしい場合は「伝わったかどうかを確認したいの返信ください」と文章でお願いします。それで返信がない場合は、「先日メールしたのですがもしかして届いていなかったでしょうか?」と確認してみます。(職場で顔を合わせる関係が前提です)
とうふさんの記事で、「メールの頻度」とありましたが、もしも何度もメールされたということでしたら、それはまたスルーの意味が違ってくるかもしれません。
一度のメールに対しての返信なしでしたら、他の方のレスのように確認してみるという方法に私も賛成です。
Commented by しーた at 2010-09-12 23:53 x
ときどき読ませていただいています。
今回の記事はとても興味がある内容でしたのでコメントさせていただきます。

私自身はAS当事者ですので、とうふさんと同じような行動をとると思います。

ただ、業務上の相談(メールに限らず、面談しての相談を含む)で一番重点を置いているのは、「この相談内容は、この人に相談すべきことか?」ということです。

これをはずして、相手から見て自分の守備範囲外のことを相談されても
単純に軽く流されるか、嫌がられるかになります。
メールであれば、初めは返事をもらえても、そのうち、無視されるようになります。

「この相談は誰にすべきか?」を考えて自身がない場合は、最初にひと言付け加えます。
「あの…この質問は●●さん(相手の名前)に聞くようなことかどうかわからないのですが…」と前置きして、相談します。そして、最後に、「…ということなのですが、●●さんでよかったですか?」で締めくくります。

こうすることで、相手に相談を受けるか否かを選択する余地を与えます。
(つづく)
Commented by しーた at 2010-09-12 23:53 x
(つづき)
「自分の範囲じゃない」といわれれば「もし知ってたらでいいのですが、こういうことって、誰に聞いたらいいんでしょう?わからなくて…すみません」
と、相談すべき相手を教えてもらいます。

多人数のプロジェクトなどで役割分担が多い場合には、これが非常に役に立ちました。

とうふさんの状況にあてはまるかどうかわかりませんが、
私の場合は、正しい相談相手(報告相手)を見極めることで、かなり周囲との摩擦が減ったように思います。


<< 何かあったら気軽に連絡してください3 冊子「職場で使える『虎の巻』発... >>


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索