アスペルガー社会人のBlog

アスペルガーの「立場で人を見ない」性質は長所になりうる

沢山のコメント有難うございます。
レスできない状態が続き、申し訳ございません。
---------------------------------------------------------------

一緒に仕事をしている下請けの方から、
「精神的に疲れていてモチベーションがあがらない」との話を聞いた。
その事を自社の同僚(定型)に漏らした所、
「会社違うのにそんな事まで言うの?」とビックリされた。
その事を仕事とは全く無関係の友人(定型)に漏らした所、
「下請けさんと信頼関係できている。」との発言が返ってきた。

自分は他の下請けさんとも普通に精神的・感情的な話をしていたので、
自社の同僚や友人の発言に驚いた。
と同時に、下請けさんと精神的・感情的な話が出来ることは、
自分の長所ではないのか?と気がついた。

アスペルガーは「立場で人を見ない」といわれるが、
下請けさんにとって「立場で人を見ない」自分のスタンスは
心地よいのかもしれない。

もしそうであるのならば、
自分は今後も「立場で人を見ない」スタンスを貫き、
下請けさんが少しでも心地よく仕事出来るよう
愚痴のはけ口になっていけたら良いなと思わずにいられなかった。
[PR]
by abcde354 | 2010-09-17 02:07 | 自己分析 | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://welladjust.exblog.jp/tb/14021473
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 健一 at 2010-09-17 21:07 x
初めまして。
「下請けさんと精神的・感情的な話」についてですが、「わざとそれをしないで我慢する」というのも一つの仕事のような気がします。

下請さんを会社の都合で変えざるをえない時、厳しい言葉を伝えなければならない時、そこに躊躇が入ってしまうと会社の損失になる可能性があるのではないでしょうか。

「立場で人を見ない」というのは素晴らしいことですが、下請けさんと精神的・感情的な話をしないというのは、「立場で人を見る」というよりも会社の利益を第一に考えた場合には、その方が良いからではないでしょうか。
Commented at 2010-09-17 22:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gymnast314 at 2010-09-17 23:22
自分の出来ることをきっちりやる、というのが仕事上重要だと思います。
「立場で人を見ない」という長所を今後上手く活かせるようにするのは、理にかなっていると思います。
Commented by E2 at 2010-09-18 00:04 x
>健一さん

E2と申します。

個人的な感覚ですが、ASに関しては逆に「厳しい言葉を伝えるとき躊躇する」ことはないと思います。(定型に対する適切な言い方は何か、ということで悩むことはあるかもしれませんが、あくまで技術的な話です)

相手の気持ちを想定せず(できず)に思ったことを言う。逆に、普通の人なら無礼と感じることをされてもニュアンスを汲み取れないので気にならない。

(定型から観測すると)誰とでも対等に馬鹿正直に行動するのがASではないかと思います。

定型の人が「精神的な話」をしあうと定型的な配慮をしようとする感情的な相互意識、義務意識が出てしまうでしょうけれど。。おそらく、「定型とASが表面上同じ行動をしていても中身は違う」好例ではないかと感じます。

むしろ、とうふさんを含むASの場合は、厳しいことを言えないことより、あまりにもズバリと言い過ぎてしまわないよう気をつける方がいいのかな、と思います。(そうすればより上手に、長所として活用できるのではないでしょうか)
Commented by マルマル at 2010-09-18 16:35 x
ストレスを抱えていたり、精神的にまいって傷ついていたりするときこそ、誰かの親切な一言とか、お客様や親会社やお得意様・・といった思わぬ相手とのコミュニケーションのひとときで、元気が出たり慰められたり・・という事はあり得ます。

下請けだから、とか正社員でないからとか、立場にとらわれず、自然に人と人として対話できることって貴重なことだと思います。
ただ、馴れ合いの関係性になったりして業務に支障をきたしたり、周囲にケジメがなってないと批判されてはいけませんが
今回のとうふさんの例は「肩書きや立場優先で人を見ないということが自然に出来るのは長所ではないか」という内容ですので、それはもうとても良い感覚であり、人としてそうでありたいと思いました。
Commented by ちむ at 2010-09-18 20:20 x
下請けからみたら、とうふさんは発注元すなわちお客さんってことですよね?
お客さんにむかって「精神的に疲れていて発注した仕事(ですよね?)のモチベーションがあがらない」と言ってしまうような人は、残念ながらお客さんの前にだせません。
Commented by ベージュの財布 at 2010-09-19 06:28 x
とても素敵な気付きですね。
心が洗われました。ありがとうございます。
Commented by こぶた at 2010-09-21 10:44 x
はじめまして
自分の会社にASらしい部下いるものです。

下請けさんが心地よく仕事ができるよう・・・・とありますが、
一緒に仕事をしている同僚などには、その気持ちは当てはまらないのですか?

下請けさんにそこまで思いを馳せられるのに近くの同僚上司部下には当てはまらない。
一緒に仕事しているこちらには、さみしい限りですね。
Commented by マルマル at 2010-09-29 21:45 x
こぶたさんのご意見とお気持ち、よ〜く解ります。

ただ・・・たまに会う人、時々しか会話しない相手とは、気持ちの良い会話ができるという事はよくあることではないでしょうかね。
それに仕事でどうしても避けられない関係や距離を置けない関係とは違って、心地良い距離感の相手とは、リラックスして、その場の共感や思いやりなどの「余裕」も生じましょう。
人間関係の距離や角度で、その人の印象や評価が違うことはあると思いますし、自分も気持ちが違うことってあると思うんですね。
職場で、なかなかコミュが上手くとれないASの人が、職場周辺の人とは上手くコミュできた・・というのは、大きくとらえると好例ではないでしょうか。
Commented by ちむ at 2010-10-03 03:17 x
う~~ん。聞く側のとうふさんの態度はすばらしいと思いますが、、
営業さんが死ぬ気でとってきた仕事を、お客さんに向かって「モチベーションがあがらない」と言ってしまう現場さんって、、、、その会社だいじょうぶなのかと思ってしまいます。
Commented by ベージュの財布 at 2010-10-03 08:15 x
変わっていくことは素敵だと思います。そして誤解を恐れず、自分の気持ちを表現することも大事だと思います。

マルマルさんはとても公平ですね。私も見習いたいです。
<< 「お土産は頂いたらすぐ食べる」... 何かあったら気軽に連絡してください3 >>


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索