アスペルガー社会人のBlog

アスペルガーの確定診断を受けにいくべきか迷った場合

アスペルガーの確定診断を受けるか迷っている、
というコメントを頂きました。

確定診断を受けたほうが良いかは、
「日常生活に困っているか」
で判断して頂くと良いかと思います。
何故なら、アスペルガーの診断基準のひとつに
「日常生活に困っているか」があるからです。
アスペルガーの特徴を兼ね備えていたとしても、
社会適応できている場合は診断には至らないためです。

では「日常生活に困っている場合」とは、
どのような場合を指すのでしょうか。
大人の場合であれば、
・就労に困難をきたしている場合
・鬱や気分障害といったメンタルに問題がある場合
といった場合が分かりやすいかと思います。
上記のような場合は支援が必要ですので、
「日常生活に困っている場合」となります。


アスペルガーの確定診断を受けたという事実だけで、
人生が大きく変化することはありません。
確定診断後も確定診断前と同じ生き方をしている場合は
確定診断前後で何も変わらないでしょう。

ただ、自分の場合は確定診断を受けたことにより、
・アスペルガーの特徴を勉強することに迷いがなくなった
・主治医や支援者の方々の意見に耳を傾けられるようになった
といった心境の変化がありました。
その「心境の変化」により人生は大きく変わったと思います。
前の上司のような自分と異なる視点からアドバイスくださる方に感謝し、
アドバイスを実践してみようという気持ちになれたのは、
アスペルガーの確定診断ゆえだと思っています。

アスペルガーの確定診断を受けるかどうかのご参考になれば幸いです。
[PR]
by abcde354 | 2011-01-06 23:27 | 社会適応 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://welladjust.exblog.jp/tb/14708324
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by junseok at 2011-01-07 07:20 x
こんにちは。
そうですね。やはり日常生活への影響で決めるのがいいと思います。
僕は最初「学習障害」診断で受けました。子供の頃から思考力の発達に遅れがあると言われ(支援なし)、就労しても能力不足から解雇されてしまうからです。勿論勉強も出来ず、コネがなければ高校にもいけないようなレベルでした。診断されて荒れた時期があったものの、今は社会復帰のための理由として存在しています。それはそれでいいかなと思ってます。
Commented by オオシマ at 2011-01-08 21:16 x
こんばんは。

>確定診断後も確定診断前と同じ生き方をしている場合は
>確定診断前後で何も変わらないでしょう。

その通りですよね。私もアスペルガーって何?と思って軽く受け流していたら
思いっ切りつまずきました。今になってようやく進みつつあります。
結局は本人の意識を変えないといけませんよね。
Commented by ネコちゃん at 2011-01-10 14:42 x
遅くなりましたがあけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

アドバイスを受ける気持ち、自分を見つめることが大事だと感じました。
Commented at 2011-01-10 22:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< アスペルガーでも出来る「伊達直... あけましておめでとうございます >>


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索