アスペルガー社会人のBlog

管理職な上司の仕事を手伝う日々

風邪をひいてしまい、久々の更新になってしまいました。
大変流行しているようですので、皆様もどうかお気をつけください。

また、大雪、鳥インフルエンザ、新燃岳の噴火など
自然災害で大変なことになっている地域の皆様、お見舞い申し上げます。
自分などには想像を絶する世界ですが、どうか生き延びてください。

さて、「年老いてもアスペルガーが社会貢献出来る分野は何か」
に対してコメント有難うございました。
今回は様々な方向性のコメントを頂いたと感じています。
方向性が一方向にまとまっていないということは、
大人のアスペルガーにとって
今後解決していかねばいけないテーマと強く感じました。

最近ですが、管理職な上司の仕事量が許容量を越えてしまい
自分が手伝ざるをえなくなっていました。
自分にチームメンバーの機嫌を取る動きは難しいので
上司が作成すべき書類の作成を手伝っていました。

上司の仕事を手伝う中で感じたのは
アスペルガーの想像力欠如は経験で補うしかなさそうだということです。
上司の仕事を手伝う中で、管理職の孤独を感じました。
チームの浮沈を決める大きな事を一人で決断する孤独と難しさ、
その反面、想像以上の成果が出たときの楽しさを感じられたのは
上司の仕事を手伝った大きな収穫でした。
今後は以前よりは上司の感情を考えた動きが出来そうです。

2月からは従来の仕事に加えて
新しい仕事にも取り組むことが決まりました。
新しい上司や同僚との関わりの中で、
今回の経験を生かしていきたいと思っています。
少しでも成長した姿を皆様にお見せできたら嬉しいです。
[PR]
by abcde354 | 2011-01-30 23:01 | ひとり言 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://welladjust.exblog.jp/tb/14834813
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ねこ at 2011-01-31 23:00 x
私は、職場で課長の存在の大きさを感じています。皆をまとめて、方向性を決める大切な役割をする方が今の課長でよかったと思います。
管理職の仕事を手伝えるってすごく貴重な体験ですよね。きっと信頼されているのでしょうね。
Commented by マルマル at 2011-02-04 00:03 x
仕事を通じて、上司の方の感情を理解されるということは、とても良い大切なことだと感じました。
感情を理解したり感じ取るということは、共感や信頼や親和につながりますものね。
相手を知りたいときは「一緒に仕事をしてみればその人が一番手っ取り早く解る」という説もあるくらいですから、仕事を通じて見えて来る人物像は、ある意味「嘘が無い姿」だと思います。
Commented by こしゅこまま at 2011-02-05 19:02 x
『アスペルガーの想像力欠如は経験で補うしかなさそう』とのご感想、至言だと思いました。しかも、以前は『独裁が好きな人だから』とコミュニケーションを拒否していた上司と、協働している中で得た実感であるところが、非常に貴いですね。

『アスペルガーだから、苦手なことが多いのは仕方ない』と受容しつつ、『アスペルガーだけど、経験を積めば苦手なことでも少しずつ進歩できる』と体感できるようになることが、ASと一生付き合っていかねばならない当事者には重要なのだ、と改めて分かりました。
<< 再びアスペルガーらしき先輩とご... 年老いてもアスペルガーが社会貢... >>


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索