アスペルガー社会人のBlog

アスペルガーは定型より深い理解が必要なのか

最近、定型の同僚をみていて大変不思議に思うことがある。
浅いレベルの理解で、仕事をこなしてしまうのだ。

自分は、障害対応担当になっているシステムについては
全プログラムを前もって一通り読んでいる。
事前にある程度プログラムの癖をつかんでおかなければ
障害時、周囲も自分も冷静ではない局面で
瞬時に原因を把握することが困難だからだ。

しかし、定型同僚たちの障害対応を見ていると、
障害対応時にプログラム初見でも対応出来ている。
隠れて事前勉強している気配も全く感じない。
定型上司も、そのシステムについて知識ゼロの同僚たちに
とにかく障害対応をやらせろと指示してくる。
自分が上司だったら怖くて怖くて絶対やらせないが。

アスペルガーは定型より深い理解が必要なのだろうか。
自分がアスペルガーゆえに深い理解を必要としているのであれば、
浅い理解だと感じても定型同僚にどんどん仕事をお願いしようと思う。
[PR]
by abcde354 | 2011-04-30 21:31 | 考察 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://welladjust.exblog.jp/tb/15402902
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by スコブル子 at 2011-04-30 22:13 x
私も深い理解がないと動けないんです。コミュニケーションも、深い理解がないと役に立たないんですよね。
だから、みんなみたいなやり方では対応できないと心得てやるしかないんです。
定型の真似は、場合によっては危険なのでは?アスペルガーはアスペルガーのやり方がいいのでは?と思います。
Commented by こしゅこまま at 2011-04-30 23:56 x
定型は、直接の感知が不可能な他者の意図についても、妥当な想像に基づく推察を無意識に発展させることができるので、たとえ事前の『理解』が浅かったとしても、状況に応じた適切な『対応』を行うことが可能です。つまり、定型の同僚の皆さんは『システムについて知識ゼロ』だったとしても、プログラムの文脈・構成を「読解」すれば、システム構築者の「意図」を読み取って『癖』をも見抜き、障害対応を難なくこなすことが出来るのでしょう。
国語の長文読解と同じだと思います。とうふさんは中学受験準備中、たくさんの問題を演習し小説を多読することで苦手を克服できた、と書いておられましたね。でも、一緒に中受に臨んだ(定型・特に女子の)同級生は、それほど大量の問題演習はしていなかったのではありませんか?
Commented by こしゅこまま at 2011-04-30 23:57 x
AS当事者は、他者の意図を推察することが困難であるが故に、定型と同じように障害対応するためには、事前の『より深い理解』が必要であり、自分が『浅い理解』しかできていないと『怖くて怖くて』不安になるのでしょう。でも、定型の同僚にご自身の不安を投影する必要はないのです。とうふさんの考察は、たいへん的を射ていると思います。
Commented by 居眠り猫 at 2011-05-01 03:33 x
当方はIT技術については門外漢ですが、個々に癖があるとは言っても、こう組めばこう動くという類型のもとに作られるのだから、この障害の出方ならばここに原因があるという逆方向の類型も存在しているだろうと思います。
初見で障害対応ができる方は、そうした類型から個々の物事を予測する能力が高いのだと思います。
その人には、システムごとの個別の予備知識ではなく、類型化された知識からの予測を手掛かりにして問題に対処することが可能だということです。
Commented by junseok at 2011-05-01 07:34 x
こんにちは。
書き方が嫌味っぽいですけど、嫌味ではないので先に断っておこうと思います。僕は物事を深く理解できるほど頭がよくありません。元々頭を使う事に関しては発達不足&遅れと学校から指摘され成長した人間なので、限界というのが割かし低いと思います。なので情報に関しては周囲から見たら浅く、後は勘と経験に頼ってます。もしかしたらその方もちょっとの情報で把握できるかも知れませんし、把握できないから行動しながら修正しているかも知れませんよ。
Commented by あ* at 2011-05-01 13:23 x
「こう組めばこう動く」という発想が時として非常に独創的な人がいますよね。つまり、多数派(≈定型発達者)の発想から外れているのです。そうした独創的なプログラムは、おそらく定型発達者からは読みにくく、メンテナンスもしにくいと考えられます。そのときこそ「全プログラムを前もって一通り読んで」深く理解しておかないと、即時に障害に対応するのは難しいでしょう。

逆に、発想が定型というか多数派に属するものであれば、多数派には「こうかな?」と当たりが付けやすいだけのことでしょう。それで済むような(独創性のない)システムであれば、まさしく彼らどうしは「浅い理解」で事が足りるのであり、「浅い理解だと感じても定型同僚にどんどん仕事をお願いしようと思う」のは実際的でよい姿勢ではないでしょうか。
Commented by malkf at 2011-05-03 12:39 x
 私は確定診断を受けていますが、おっしゃられる様に、私も対象物に対して深く理解していないと、咄嗟の相手からの質問に対応できないです。
 定型のかたは知らない事を咄嗟に質問されても割りとすんなりと回答しているので、反射神経的なものも持っていると感じます。私は咄嗟の対応など反射神経的なものは低いので、やはり深く理解していないと対応も難しいかなと考えています。
 もしかすると細部に注視しやすい特性が影響しているのかも知れませんね。
 同僚にお願いできるところはするのが良い業務の形かと思います。
Commented by abcde354 at 2011-05-04 00:35
皆様、コメント有難うございました。アスペルガー特性の一つである「想像力の弱さ」が物事を深く理解しないと対処できない要因になっていそうだとわかってきました。定型同僚にはどんどん仕事を任せてしまおうと思います。どうもありがとうございました。
<< ビジネス書から定型ルールの理解... 運命は真正面から引き受けて、最... >>


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索