アスペルガー社会人のBlog

他者を使うことを覚えないと一般就労ではやっていけない

今週も休日出勤していた。

仕事の量が多すぎて、どこまでやっても終わらない。
仕事の広さも丸暗記出来る範囲を遥かに越えている。
一々ドキュメントを確認しながら対応しているので、
仕事のスピードも今までより断然遅い。

上司には、自分は指示出しに徹しろと言われている。
しかし、アスペルガーな自分は指示出しが上手く出来ない。
自分でも勝算が見えないボンヤリな状態で説明してしまったり、
反対に良く分かっている部分だと概要省略で詳細のみ説明してしまったり、
指示出しの勘所が全く掴めていない。

上司には、また、ポイントだけ見て詳細は下に任せろ、と言われている。
しかし、アスペルガーな自分にとって
ポイントが分かる時というのは隅々まで理解している時である。
定型は概略だけみてポイントが掴めるのだろうか。

他者に仕事をお願いして成果を出すことを覚えないと
終わらない仕事の質量であることだけは、自分にも分かる。
しかし、「自分だったらこうする」が他者に通用しないアスペルガーな自分は、
どうしたら他者へのお願いの勘所を掴めるのか全く分からない。

最近空いている時間はマネジメントの本ばかり読んでいるが、
定型から定型へのお願いの方法は書いてあっても、
アスペルガーから定型にお願いする方法は当然書かれていない。

部下を持っている上司の皆様、
下に仕事をお願いする時の勘所を教えて頂きたいです。
どうかよろしくお願い致します。
[PR]
by abcde354 | 2011-05-23 00:24 | 社会適応 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://welladjust.exblog.jp/tb/15600931
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by S.H. at 2011-05-23 21:15 x
私もアスペルガーです。私も、仕事で人に指示をだすことも、抱える事も出来る立場ですので、状況はお察しします。

私は、ポイントを絞るために、「業務の優先度」と「期日」を考えます。
まず、ゴールに対して何をするべきか、項目を洗い出します。
エクセルの縦軸に項目を日程順に並べて、横軸に日割りのマスを書いて、カレンダーを作成しますと、因果関係が徐々に見えてきます。
各項目の所要時間と、前後関係をつないで行くと、カレンダー上にスケジュールのクリティカルパスが見つかります。

そのクリティカルパス上の業務から重要度の高い上位2個を選び、それぞれにどんなリスクがあるか考えます。日程、費用面でトラブルを想像して、そのトラブルの芽をつぶす方法を考えます。

すると、リスクを期日までにつぶしながら、かつ成果物を期日までに仕上げてほしい、という依頼の形(指示書)が出来上がります。

この手法のメリットは「細部までわかった感」が得られ、アスペルガー固有の「全体が見えてない理不尽感」や不安感が取り除かれ、自信を持って指示を出せます。

長文になりましたが、お役に立ちましたら幸いです。
Commented by こしゅこまま at 2011-05-24 20:34 x
S.H.さんが仰るとおり、私も業務の全体像を時系列に沿って俯瞰することが、まず必要だと思います。S.H.さんが詳説して下さった方法は、大変エレガントかつ効率的なので感心いたしました。
もう一点、私が危惧するのは、タイトルの『他者を使う』という表現に象徴されているように(本文では『指示出し』→『お願い』と変化して行きますけれど)、他者を手取り足取り使おうとするAS当事者特有の「クレーン行動」に陥っておられるのでは、、、という可能性です。
立場上は「上司→部下」ないし「先輩→後輩」への『指示』ということになるのでしょうが、業務を依頼する相手は未経験の新人というわけではないのですよね?だとしたら、スケジュールどおり成果をあげてもらうことのみに留意し、そこに至る過程=『自分だったらこうする』には一切こだわらず、依頼相手にお任せすることが肝要かと思います。
おそらく、とうふさんご自身が依頼相手のスキル・経験などの全体像を俯瞰できていないので、お任せすることに不安を感じてしまうのだと拝察します。部下or後輩さんの背景情報についても(適宜、依頼相手と面談しつつ)可視化・言語化してみると、任せられる業務が見えてくるのではないでしょうか?
Commented by ジョンキル at 2011-05-27 00:36 x
部下の方の力量にもよると思いますが、ある程度できる方には、思い切って仕事を任せてしまってはいかがでしょう?つまり、目的・ゴールと、締切を示したうえで、部下自身にスケジューリングをさせ、やってもらうのです。
とうふさんは、詳細を詰めることがお得意なようですから、部下の方があやふやなまま先に進めてしまっている部分を見つけ、例えばその部分のドキュメントを確認していくような役割を受け持たれてはいかがでしょうか?部下の方によって具体的な形が見えてくれば、あとは締切に間に合うように、きっちりした指示をだし、ミスのないものに仕上げていく、といった役割分担ができるのではないかと思いました。
 
Commented by マルマル at 2011-05-28 08:25 x
私の経験談なのですが、以前、職場にAS(と思われる)上司が居て、指示と確認はメールのやりとりでした。
上司本人が「メールでのやりとりが誤解が生じない」ということだったのです
が、緊急の相談や質問などは、どうしても電話や、直接口頭でせざるを得ません。 そういうとき、よく「言った、言わない」という問題が生じ、「そういうことを聞いているのではないのに」とか「問題をすり替えて答えている」とか、混乱が起きました。
仕事では、メールのやりとりに限界があるし、一方的に指示を出すばかりでなく、逆に質問や相談にも対応しなければなりません。
私は、とうふさんの言語表現の癖や、実際の対話の様子をしりません。
もし、部下の方とコミュニーションで混乱が生じたら「どのように指示を出して欲しいのか」ということを部下本人に聞いてみるということは肝心なことではないでしょうか?
部下は、上司にそう言われると「自分のことを理解してくれようとしている」「自分に合わそうとしてくれている」と、好感を持つと思いますが。
Commented by abcde354 at 2011-05-29 00:52
皆様コメント有難うございます。
お話を集約すると、
・進捗表を作ってやることを可視化すること
・AS得意のメール指示に固執しない
の2点が重要なのかなと感じました。
進捗表の項目洗い出しが大変下手だと先輩からご指摘頂いて(想像力の欠如)
先輩に進捗表作成のアドバイスを頂きながらちょうど作っていたところでしたので
今やっていることが正しいのだと改めてわかりました。
本当に有難うございました。
<< 缶コーヒーを飲んだら積極奇異に... 『自力整体』 矢上 裕 >>


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索