アスペルガー社会人のBlog

コーヒー断ちをしたら、週末も動けるようになった

「缶コーヒーを飲んだら積極奇異になってしまった」の記事以後、
コーヒーの飲用を仕事中含めて一切やめてみた。
そうしたところ、週末も動けるようになった。

具体的に週末がどう変わったかといえば
コーヒーを飲んでいた頃は
・1日最低でも15時間睡眠で
・アイロンがけも靴磨きも掃除もやる気がおきず
・病院も終了時間ぎりぎりに駆け込む状態

それが、コーヒー断ちした後の3週間は
・朝9時前には起床し
・家族の分までアイロンがけ、靴磨きをし、
・病院も空いている朝早い時間に行く状態
へと変化した。

コーヒー断ちした後は
平日の仕事の能率が多少落ちたと感じるが、
疲れていると主治医から指摘受け続けていたことを考えると
コーヒー断ちした後の姿が本来あるべき形なのだろう。

コーヒーの摂取には本当に気を付けたい。
[PR]
by abcde354 | 2011-06-17 20:00 | 自己分析 | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://welladjust.exblog.jp/tb/15779397
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by AMZ at 2011-06-19 10:25 x
コーヒーを飲んでる時の状態は欝の前触れだと思います。
(医者じゃないから断定できませんが)

コーヒー断ちで復帰できてよかったと心底思います。
Commented by こしゅこまま at 2011-06-19 13:46 x
毎度、老婆心ながら(^^;;
週末に動けなくなってしまったのはコーヒー摂取が原因だった、とするのはいかにも短絡的な解釈に思えます。
本来『5割の力で仕事するように心がけ』残りは自分の心と体を整えることに使うのが、AS当事者たるとうふさんにとって適切な力の配分方法だったのに、
『5割の力』では片付かない量の仕事を抱え込む
 ↓
疲労の余りコーヒーを間断なく摂取しなければ眠くなる
 ↓
おそらくカフェインの過剰摂取で積極奇異型行動に陥る
 ↓
会社での人間関係に若干の支障が生じ始める
ということだったと理解なさることをお勧めしたいです。『コーヒー断ちをしたら』ではなく、(コーヒーの過剰摂取を必要としない)『5割の力で仕事するように心がけ』たら、『週末も動けるようになった』のではありませんか?
AS当事者は自分が疲れていることにさえ、想像が及ばなくなってしまう場合もあるので、一日一回は自分の身体と向き合う時間を持てるのが良いと思います。
Commented by こしゅこまま at 2011-06-19 14:07 x
上記コメントに併せて、5/14から6/7までの記事を再読し、ご自分の身体状態がどうだったか客観視していただくと、より現実に即した解釈をなさる助けになるかと存じます。
Commented by スコブル子 at 2011-06-20 09:49 x
疲れてたら、誰だって短絡的になりますもの。
コーヒーもだし、人間関係もだし。
多分、心の奥底で甘えたい自分いませんか?でないと、そんな風にならないかも。
アドバイスから自分を振り返るのも大事だけど、一人の時に感情を出す、誰かに愚痴をトコトン聴いてもらうとかして、すっきりさせてから考えていってもいいですよね。
Commented by ICE at 2011-06-20 19:19 x
コーヒーのせいで脳が興奮状態になって、自覚はなくとも普段の眠りが浅くなってたんじゃないですか? で、切れた日はバッタリ・・・。
まあコーヒーは依存性もあるし、アレルギーになっても気付きにくいし、合わないと感じたら止めとくのが吉ですね。
Commented by BO at 2011-06-20 22:00 x
とうふさんこんばんは。
短絡的だろうがなんだろうが、やってみて発見したのだから
今回の発見について今後も検証を継続してみるといいんだと思います。
コーヒー等カフェイン飲料断ちを続けてみて、効果が継続すれば
この対処で生活の幾らかが改善するのかもしれない。
飲料というのは朝に始まり、仕事の傍らや食事のお供にと
結構生活に欠かせないものなので、内容については私も気をつけています。
Commented by puri at 2011-06-21 01:13 x
私iはアスペルガー当事者ですが、コーヒー飲むと気持ちが落ち着きます・・・。チョコレートは頭痛がしますので、許容範囲を超えないよう気をつけます。
Commented by マルマル at 2011-06-21 09:16 x
とうふさん、コーヒーの過剰摂取という原因がわかり、それを節制できたこと、本当に良かったですね。
ところで、とうふさんの過剰摂取というのは、一日何肺ほど飲まれていたのですか? 何日間ほど飲み続けていらっしゃったのですか?
ほどほど・・・という量感覚がつかみづらい人もいるようですから、「絶つ」というのは良い選択だったと思います。

さて・・私はこしゅままさんの考え方は、全ての人にとても大切だと思います。特にASの方は「その先の先」を想定したり、思いを馳せたりすることが苦手と聞きますが、ものごとを反省したり分析したり省みるとき「その前の前」にこそ原因がある事は多いと思います。

もし、とうふさんが目先の忙しさにとらわれて、無意識的に無理をせざるを得ない状況がきたとき、コーヒーの代用が出て来るかもしれません。
「原因」のポイントを浅く置くのか深く置くのか、その位置で、根本的な解決になるのか、表面的な解決になるのか・・が違って来ると思うのです。

Commented by junseok at 2011-06-23 08:21 x
こんにちは。コーヒー効果絶大ですね。僕の知り合いでもコーヒーを飲むと眠れなくなる人がいました。前から眠くなったらコーヒーとありましたが、やはりコーヒーの効果の強さなんでしょうね。
<< アスペルガーにとって勤務しやすい職場 苦手を克服するのではなく、得意... >>


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索