アスペルガー社会人のBlog

アスペルガーへのアプローチにコーチングは有効か

アスペルガーな子供へのアプローチにコーチングを使おう、
という話があるようだ。

自分はアスペルガー当事者としてその話に違和感を覚えた。
ちょうど最近コーチング研修を受けたが、
コーチングとは「相手の力を引き出すサポートをする技術」と理解した。
すなわち、相手に正答を考えさせる技術、ということだ。

アスペルガーに正答を考えさせる、考え込んでしまった。
アスペルガーは定型と違う感覚・答えを持っているからこそ
アスペルガーなのであり、
定型と同じ感覚を持っているのならば「定型」なのだと思う。
アスペルガーには定型の答えを暗記させるのが有効であり、
アスペルガーに考えさせてもアスペルガーな回答しか出てこないと思うからだ。

但し、アスペルガーにコーチング技術の一部は使えると考えている。
「5W1Hを使って質問をし、相手の状況を把握する」技術だ。
例えば「分かった?」と質問しても「分かった」「分からない」と返答があるだけだ。
一方「どこが分からなかった?」と聞けば「ここが分からなかった」と返ってくる。
「ここ」が分かることで、話を深掘りでき、相手の状況を把握出来る。
親が定型で子供がアスペルガーという場合、
子供の想定外の回答にびっくりするのではなかろうか。

アスペルガーへのコーチングの適用は限定的にして、
暗記させるところは徹底して暗記させて、
より良い親子関係を築いて頂けたら、と思っている。
[PR]
by abcde354 | 2011-11-05 15:02 | ひとり言 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://welladjust.exblog.jp/tb/16690313
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by マルマル at 2011-11-07 13:59 x
コーチング・・で想い出したんですけど。
以前に、ASの友人(成人男性)と、その同級生(男性で量販店の店長でコーチング技術を備えていた)の会話。
やはりモノゴトの前提が違い過ぎると、相手の言っていることの意味の納得がありませんから、相手の感覚がわからないまま会話が終わってしまうこともありましたが、対話中にASの友人が考えをまとめようとする間があったり、同級生がASの友人の感覚を推察しようとする姿勢があったり、ゆったりとした流れで良い雰囲気でした。

一般的な正解への導きの効力には、ASの人ごとの違いがあるでしょうが「この人,ASの傾向があるのかな?」と感じたら、コーチング手法で対話すると、両者が冷静に対話できると思うんですよね。
現実には、なかなか普及しないでしょうが。
ASの人と関わりのある定型は、コーチングの初歩でも良いので学ぶと役立つと想います。

Commented by こしゅこまま at 2011-11-13 14:11 x
とうふさんは、療育のご経験なくAS傾向をお持ちのご両親の元で育ち、東大進学に主眼を置いた中高一貫校を経て成人なさったので、このような違和感をお持ちになったのも無理はないことと思います。しかし、特に論理的思考が発達していく小学校中学年〜中学生のAS当事者の教育・療育に携わる者が、ASについて背景知識を備えた上で併せてコーチング技術を学ぶことは、非常に有効だと私は考えます。
残念ながら私自身はコーチングを学ぶ機会が無く、ASについて自学しながらも全くの試行錯誤で、我が子の特性に合わせ自宅療育(確定診断を貰えなかったので)を続けてきましたが、後に自分が取っていた方法が本質的にはコーチングと同じだったと知りました。乳幼児期には典型的AS行動を呈し、保育園では児童心理士の要観察だった娘ですが、中3の現在は分析的論理的思考を行うことで、かなり突発的な状況であっても多数派と同じ認知に到達できるようになりました。定型とは異なる感覚を持ったAS当事者でも、成長期に感覚過敏・こだわりが重篤でなく適切な指導を受けられれば、経路は違っても定型と同じ答え=認知に至れるよう、トレーニングすることは可能だと考えています。
<< 視野を広げるために出来ることは何か 他者からのフィードバックはアス... >>


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索