アスペルガー社会人のBlog

書けても話せない

毎週実施されるチーム全員の会議。
一人一言ずつ現状報告するのだが、
自分は話が短く端的なものとなっておらず
分かりにくい報告になっていると気付いた。

書くに関してはこのBlogで鍛えられたのか大分マシになったようだが
口頭での報告・説明はどうにもわかりにくいらしい。

報告・説明は出来る限りメールを活用するようにしているが、
口頭を使う場合は大抵急ぎで事前に文章にまとめておく時間もないし
どうしたら良いものか困っている。
[PR]
by abcde354 | 2012-01-25 13:59 | 自己分析 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://welladjust.exblog.jp/tb/17680462
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by junseok at 2012-01-25 21:28 x
こんにちは。
僕は以前働いていた頃とても説明が下手だったそうです。そう思ったのは「何を言っているのか分からない」といつも言われますし、会議の際は必ず僕の言葉は「通訳」されて伝えられていました。なので色々と説明方法を考えたのですが、まず「結果」を伝え、「何故その結果となるのか」を話します。途中で「分かりますか?」という言葉を入れて、相手が理解出来ていれば続けますし、わかっていなければ別の言い方を考えます。その繰り返しで今では説明に関して随分と向上したと思います。大概は一回聞き返されるだけで終ります。どうでしょう?こんなやり方。
Commented by かとうママ at 2012-01-26 14:51 x
「分かりますか?」だけだと、相手のかたの理解力がないと思っている と誤解されるかもしれませんので、

「わたしの説明でわかりますか?」「わたしの説明が分かりにくければおっしゃってください」などの言い方で、説明方法が分かりやすいかどうか質問している、という感じがいいのではないかと思います。
いかがでしょうか。
Commented by junseok at 2012-01-27 06:49 x
かとうママさん

補足ありがとうございます。
僕が書こうとしたのはそれで、文字数気にして思いっきりはしょってしまいました。
Commented by マルマル at 2012-01-31 23:36 x
自分がどのように喋っているのか・・それを知らないと、どこをどのように工夫すればよいのかが解りません。
例えば、報告や説明の練習として、一度自分の喋りを録音して聞くと、どのような部分がどのように解りにくいのか・・・知ることが出来ますよ。
「私ッて、こんな話し方をしていたのか」と、発見や自覚ができます。
まずは、そこからだと思います。
<< 社会との関わり方は自分で決められる 『僕は君たちに武器を配りたい』... >>


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索