アスペルガー社会人のBlog

前置きをしてから質問しはじめること

英語の学び方を知りたくて読んだ本の最後に外国人との付き合い方が出ていた。
アスペルガーにとって大変わかりやすいコミュニケーション方法だと感じたので
記載しておきたく思った。

そのコミュニケーション方法とは
・"Hi!"と挨拶してから話し始める
・"May I ask you a question?"と確認してから質問しはじめる
というものだ。

"Hi!"や"May I ask you a question?"といった前置きがあることで
相手は聞く態勢になれる。
そのため次の言葉が片言でも会話がスムーズに展開するとのことだった。

自分はよく「びっくりした」と相手に言われるが、
前置きなしでいきなり用件を話し始めるからではないかと気づいた。
今後は前置きをするように気を付けていきたい。

*コミュニケーションの話が出ていたのは、下巻の最後の方です。

お金と英語の非常識な関係(上) 神田昌典&ウィリアム・リード、スペシャル対談CD付き
神田 昌典

4894511711
フォレスト出版 2004-07-17
売り上げランキング : 34924

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お金と英語の非常識な関係(下)―神田昌典の全情報ソース付き
神田 昌典

489451172X
フォレスト出版 2004-07-17
売り上げランキング : 65690

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[PR]
by abcde354 | 2012-03-23 00:34 | 社会適応 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://welladjust.exblog.jp/tb/18012901
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by マルマル at 2012-03-29 06:24 x
確かに・・日本人による日本人のための会話ハウツー本は、ありませんね。
もし・・あったとしたら「まずは、すみませんが、と声をかける」とか「今、よろしいですか?と、聞いてから質問する」などと、英会話と同様に記載されるのでしょうか。

外国人向けの「日本語会話」の本が、ASの方には役立つかもしれませんね。

私も、職場のASの人が至近距離に居ながら、こちらに話しかけているのか、独り言を言っているのか、解らないことがよくあります。
無表情で抑揚がなくボソボソと言われると、応答すべきか聞き流すべきなのか迷います。
前置きの言葉の種類をいくつか持ち、使い分けられるようになると、とても便利ですね。
Commented by abcde354 at 2012-04-01 20:46
確かに外国人向けの日本語会話の本が役立つとよく言われますね。英語を読まなくてはいけないのが難ですが・・・
<< 新しいことを始める前には入念な... アスペルガーにとって自分の長所... >>


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索