アスペルガー社会人のBlog

不公平な世の中をアスペルガーはどう生き抜くか

今、チームで英才教育を受けているメンバーがいる。
上司から目をかけられているメンバーで、
お客様から依頼された仕事は一切せずに
現行システムをひたすら覚えているのだ。

管理職になる人間はそうやって育てられていくのか、
と思わずにいられなかった。

何故ならば、
自分は業務中はお客様から依頼された仕事をこなしつつ
現行システムを業務時間外の時間を利用して覚えたからだ。

現行システム理解は中心メンバーになるために絶対に必要な作業。
ただ、多くのメンバーは業務時間中に現行システム理解を行う時間がなく、
そのため中心メンバーになれないでいるのだ。
しかし、そのメンバーは業務時間中に堂々と現行システム理解をしている。
業務時間中に現行システム理解が出来れば、
業務時間外は別の勉強にあてることが出来るのだ。

英才教育の現場を見て、世間の不公平を改めて感じずにはいられなかった。
そして、他者から目をかけてもらえることはほとんどない
アスペルガーの生き抜き方を考えずにいられなかった。
[PR]
by abcde354 | 2012-05-28 00:48 | ひとり言 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://welladjust.exblog.jp/tb/18356165
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by junseok at 2012-05-29 07:22 x
こんにちは。
スポーツを見ると絶対的な王様みたいな選手は少なくありません。彼らは才能があり、そして監督の庇護の下、かなりの特権を与えられるケースがあります。しかしこうした選手は監督の交代でチームの隅に追いやられてしまうものです。確かに特別に選ばれた感のある社員はすばらしいと思います。しかし逆に言えば上司の交代で立場が変わりやすいとも言えます。とうふさんはこれまでどおりコツコツ続ければ長く重宝されますよ。スポーツで一番長くやる選手ってそんなタイプですもん。大丈夫ですよ。
Commented by saka at 2012-06-04 20:16 x
はじめまして。アスペルガーだから、他者から目をかけてもらえることがほとんどないとは思いませんが・・・。極論すぎませんか。
Commented by 高山 at 2012-06-07 01:42 x
私は別に極論だとは思いませんけど。
確立の問題で言えばアスペルガーじゃない人に比べて他者に目をかけてもらえる確立が圧倒的に低いのはたしかでしょう。
Commented by マルマル at 2012-06-07 07:41 x
アスペルガーで無くても、英才教育メンバーに選ばれない社員さんは沢山いる訳ですよね。
組織が大きくなるほど、また会社がある方向性を打ち出した時「選出」という方法はいつもどこでもあり、昔から「出世」という言葉でも表されて来ました。
ですから向上心のある人は当然悔しい思いをするし、あきらめたり割り切ったりする人も居れば、ほかの会社に移る人も居れば、あきらずにチャンスを待ったり作ったりする人も居ます。
しかし、どんな思いを抱こうとも「会社」という組織はそういうもので、会社員とは、その人事に従うことも会社員としての素養であり務めです。

私は契約社員のかたわらフリーランスの仕事もしいますが、「契約」が付こうが社員の立場の方がはるかに我が身を守ってもらえます。ミスをしても注意や叱責で済むし、急病ならバトンタッチやカバーをしてくれるし。フリーとしての仕事は、一言のミスや、お客様からの印象でその場の仕事を失うし、ライバルの陥れや奪い合いもあります。
様々な仕事や職場と広く比較すると、とうふさんの立場の恵みや温かさや恩恵にも気づかれるのではないでしょうか。
Commented by 高山 at 2012-06-10 01:36 x
問題にされるべきは必要性でしょうね
その英才教育のシステムの必要性に根拠がちゃんとあるなら
不公平だとしても誰も文句は言えません
必要性の証明が充分になされていないと文句は出るでしょう
Commented by ようちゃん at 2012-06-12 21:21 x
私はパート職で働くアスペ♀です。状況はまったく違いますが、私より後に入った女性がパートから社員になりました。最初はかなり頭にきましたが、社員になった分、いろんな仕事を彼女は任されたりして、結局、できなかったりして悩んでいるのを見ると、私には社員は無理かも、と思うことも多々あります。今はこういう時代だし、私は雇用されていることに感謝しようと思っています。それは旦那がいて、彼がそれなりの収入があるから言えることかもしれませんが・・・・
Commented by abcde354 at 2012-07-01 22:21
皆様、有難うございます。
英才教育受けているメンバーが”自分は英才教育受けて当たり前”と思っているところが納得いきませんが、自分は自分の道を進んでいくしかないとあきらめつくようになりました。一歩一歩進んでいきます。
<< 一人カラオケというストレス発散方法 全て前の上司に教えて頂いたことだった >>


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索