アスペルガー社会人のBlog

「見られている」という意識を持つこと

最近プレゼントで「スタバのギフトカード」を頂いた。
自分はスタバが好きなのでとても嬉しかったのだが、
と同時に、自分みたいな一兵卒まで周りはよく観察しているな、と思った。

アスペルガーで視野が狭いせいだと思うが、
自分は周囲をあまり観察できていない。
同僚がひげを剃っていなくても、新しいスーツを着てきても、
一人気づいていなくて話題に乗り遅れる時が多い。

そして、周囲も自分と同じ観察眼しか持っていないはずという無意識が
自分の外見に対する意識を希薄にしているのだと思う。
自分自身は、同じスーツを連続で着続けても、気にならなかったりする。
起床が遅くなると、髪をセットしていかない事も多い。

スタバまで見られているということは、洋服や髪はもっと見られていることだろう。
見られているという意識を強くもたないといけない、と感じずにいられなかった。
[PR]
by abcde354 | 2013-03-16 22:50 | 社会適応 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://welladjust.exblog.jp/tb/20163766
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by マルマル at 2013-03-17 07:57 x
比較的・・・定型から見て、ASの人の好みって解りやすいと思います。

少し好き、とか、ほどほどに好きではなくて、とっても大好きという好物やマニアックな趣味の絞り込みがあるので「解りやす〜い!」と感じます。

ちなみに、とうふさんはスターバックスのコーヒーのどんな点がお好きなのですか?
Commented by ゆったりのんびり at 2013-03-17 12:08 x
私は誰かにプレゼントを贈るとき何が喜んでももらえるどろうかと思いめぐらします。すぐに思い付かないときにはデパートへ行ったりして、これは喜んでもらえるだろうか、こっちの方がいいかな?と喜んでもらえそうなものをさがします。このときはとても楽しい時間です。
喜んでもらえるものを選んでいるときには、その方がどんな性格か?どのような服装をしてるか?どんなものに興味をもっているか?をなにげなく思い出しています。そして、これなら喜んでもらえそう!というものを選びます。
日頃から観察して覚えているのではなく、記憶をたどっています。

仕事上で贈り物をしないと行けないような方は、意図的に観察していることもあるでしょうか、それもいつもいつも観察していることはないと思います。

ただ、人はよく見ているというのは、その通りでしょう。また、そのときには偏った見方が多いようです。
周りの方で、おしゃれな服装や髪型に変わったりしたときに、「似合ってるね。」ぐらいの言葉をかけると、その方は「見ていてくれてるんだ。」とうれしく思うでしょう。見られていることを意識するだけでなく、見ることも大切ではないでしょうか。
Commented by アスペルガー経理職 at 2013-03-17 15:19 x
スタバのプレゼントよかったですね。
お茶楽しんでください
Commented by abcde354 at 2013-03-24 22:48
コメントありがとうございます。
マルマルさんのご質問に回答すると、疲れている時に甘いフラベチーノは疲れがとれてテンションあがるので重宝しているだけです。
見られているという意識だけでなく、見るという意識ももつように努力してみます。
<< どうすれば信頼関係を築けるのか 「基礎が大事」とはよく言うけれども >>


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索