アスペルガー社会人のBlog

アスペルガーの”飽きないこと”について

アスペルガーは定型が「飽きる」ことに「飽きにくい」のだと思う。

例えば食事。
定型は毎日同じものを食べることはないようだが
自分は毎日繰り返し同じものを食べてしまう。
今のマイブームはセブンイレブンの春巻で、
もう何日連続で食べたか数えられない。

例えば音楽。
半年で宇多田ヒカルの「桜流し」を320回聴いたと
自分のiTunesには出ている。
1日1回以上聴いている計算になるが、
自分は今日も「桜流し」を聴いている。
音楽のオートリピートは幼少期からあったようで、
家族は同じ曲の繰り返しに飽き飽きしていたそうだ。

仕事でもアスペルガーは繰り返し作業が得意だと言われる。
定型が飽きるレベルになっても飽きないからだろう。

アスペルガーの”飽きない”特性は
生かされた時には大きな力を発揮するように思う。
自分も飽きない特性を生かせる道に進みたいと思っている。
[PR]
by abcde354 | 2013-07-26 23:56 | 自己分析 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://welladjust.exblog.jp/tb/20779103
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by マルマル at 2013-07-28 09:19 x
毎日続けられるということは、健康にも勉強にも役立つことは多いでしょうね。
私のAS友人に、毎日体を鍛える運動を欠かさずしていた人がいて、まぁそれでも病気になって入院したのですが、手術の翌日から腹筋をしていて、医者や看護師さんにすごく怒られたことがありました。
ビデオもお気に入りの一場面だけ繰り返し巻き返し何十回も見続けるのです。
「飽きず繰り返してしまう」ことが極端になると、良い成果を上げる方向にも、無意識のうちに危険な方向にも、意味不明な事にもなるんだなと感じます。
Commented by ゆったりのんびり at 2013-07-28 10:34 x
とうふさん

毎日同じものを買われ、食べても飽きられないということですが、買いに行っているとき、調理しているとき、食べているときに何を思っているのでしょうか?

私は、スーパーに行っている間に「何を作ろうか?ナニナニを買おう!あれも買っておこう!」と考えていることが多いです。
スーパーについて買い物をしている時は目の前にある食材を見て「これをこうしたら美味しいかな?これもいいな」と思いながら、新たに作るものを考え直したりしていることもあります。
作っているときは「調味料はこんぐらい?今回はこれを試してみよう」と思っていることがあります。
食べている時は、うまく出来たときは「よしよしうまくできたぞ」と自己満足に浸っていたりしますし、失敗した時はどこで失敗したのか考えています。でも、それも食べはじめだけで、すぐに全く違うこと、今日起こったことや、これからしようと思っていることを思いはじめます。

さしつかえなければとうふさんが思っていることを教えて下さい。
Commented by たぬき at 2013-07-28 18:33 x
とうふさんはじめまして。
私はアスペルガーではありませんが、アスペルガーの特性はかなり持っています。
とうふさんは生真面目なくらいお仕事に取り組んでいる印象を受けます。
私も生真面目なと人に指摘されています。
これからもとうふさんのブログを見させていただきますので、よろしくお願いします。
とうふさんのブログはこれからの私が生きるためにお役に立つと思っています。
Commented by abcde354 at 2013-07-28 23:28
コメントどうもありがとうございます。
ゆったりのんびりさんのご質問に回答すると、「考えていない、機械的に、反射的に行動している」という所になるでしょうか。「空腹だ→セブンイレブンに直行→春巻を買う→食べる→美味しかった」という自動思考です。
セブンイレブンで春巻が売っていないと、何を自分は買いたいのか分からず、何件もコンビニをはしごしてしまったりします。
Commented by ゆったりのんびり at 2013-07-29 00:10 x
とうふさん

お答えいただき、ありがとうございます。
私なりの考えを進めて行く上で、大変貴重な内容です。しっかりと考えさせていただきます。
Commented by かとうママ at 2013-07-29 20:30 x

>飽きない特性を生かせる道

についてですが、品質管理やチェック(情報、物)なども、向いているかたには 本当に向いていると思います。 向いてない方にとっては、チェック自体が苦痛のようですので。 
Commented by ROMから一言 at 2013-08-06 17:20 x
ゆったりのんびりさんのご質問に対する、ブログ主さんのご回答を拝読し、改めて、アスペ当事者の皆さんは、思考・感情を司るシステムとしての脳が、極端に効率化・特化してしまって、余計なことに気を散らす(=連想をどんどん広げていく)余裕が無いだけなんだなぁ、と感じました(と考えつつ、私の脳は「セブンイレブンの春巻、そんなに美味しいのか! 今度、食べてみよう」と気が散ってますw)。

定型多数派とは異なる様式で脳が機能していること自体は、決して間違った事・嫌なことじゃないのですが、春巻きが売っていない!といった予想外の事態では、別の物を適宜選ぶために気を散らす余裕が無いと、何軒もコンビニをはしごして時間を無駄にしてしまう、等の不都合が生じちゃうんですよね……

先日、偶々観たEテレの『サイエンスZERO』で、他者の視線を追う能力を、乳幼児の時期から訓練する(謂わば脳の機能様式を定型寄りに補正する)ことで、自閉症スペクトラム当事者のコミュニケーション能力を改善できるのでは?という研究を取り上げてました。もし未見でしたら、高校野球が雨天中止などの場合に限り、8/10(土)0:30から再放送されるそうです。
<< アスペルガーと嫉妬 具体的な事象を抽象化することの... >>


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索