アスペルガー社会人のBlog

役割を演じるとは、部分を修正するのではなく人格丸ごと置き換えること

「役割を演じている人の気持ちが分からない」
「役割は細部まで徹底的に演じなければ意味がない」
という一連の記事を見てくださった方から、

”役割を演じるというのは部分を修正するのではなく、
感じ方から考え方、行動に至るまで
自分の人格を丸ごと役の人格に置き換えることだ”

というアドバイスを頂いた。

そういうことなのかと思った。

自分は、役割を演じるというのは
自分自身に何かを言い聞かせれば出来るのだろうと思っていた。
貞子でいえば「自分は気味の悪いお化けだ」といった具合に
自分自身に暗示をかけられれば演じられるのだろうと思っていた。

しかし、感じ方から考え方、行動に至るまで、
人格丸ごと役に置き換えることが演技、となると、
素の感じ方そのままの状態で暗示をかけても全く意味がない。


翻って自分が演じたいのは、前の上司が演じている上司像だ。
感情の起伏がなく常に安定して、いつ相談しても笑顔で答えてくれる上司だ。

自分は今まで前の上司が事象に対して
「どう行動しているか」は注意深く見てきたつもりだ。
しかし、それは表面上のことでしかなかった。
「どう感じるか」という人格の受け口の部分から感じ取っていく必要があったのだ。

役割を演じるということは人格を丸ごと素から役に置き換えるということ。
演じたい人が出てきたら、人格全体を感じ取るように注力したい。
[PR]
by abcde354 | 2013-08-28 03:34 | 社会適応 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://welladjust.exblog.jp/tb/20908202
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2013-08-28 14:40 x
とうふさんへ

 私も尊敬する上司が何人かいて、その上司のまねをしようと思って仕事をしています。 とうふさんが、「「どう感じるか」という人格の受け口の部分から感じ取っていく必要があったのだ。」と書いているように、私は、仕事で判断に迷ったとき「あの上司だったらどう考えるだろうか?」「どこに重点を置いて、何を基準に判断するだろうか?」と思いを巡らせます。
 でも、尊敬する上司の「行動」をまねしようと思ったことはありません。
 無意識にまねしていることはあるかもしれませんが、意識的にまねをしているのは「考え方」であったり「価値観」です。

 そうはいっても、なかなかその上司と同じようにはできないし、むしろ近づこうとしても同じにならない部分が私の個性だと思っています。(話がそれました。)
(続く)
Commented by at 2013-08-28 14:41 x
(続き)
 とうふさんが、「役割を演じるということは人格を丸ごと素から役に置き換えるということ。演じたい人が出てきたら、人格全体を感じ取るように注力したい。」と書かれていますが、アスペルガーの方は言葉の裏を読むのが苦手かと思います。
 定型にとって、「行動と気持ちが違う場合がある」というのは、無意識にわかっていることですが、アスペルガーの方には「行動と本心の違い」を認識することはとても難しいことでしょう。

 かなり厳しい言い方になって申し訳ないのですが、アスペルガーの方が「人格全体を感じ取るように注力」しても、その人の考え方や価値観を感じ取ることはかなり難しいと思います。
(続く)
Commented by at 2013-08-28 14:41 x
(続き)
 そこで、もし「演じたい人」がでてきたら、その人に言葉で質問をしてはどうでしょうか?
 ある行動を見て、「演じたい」と思ったら、その行動を取ったときにどう考えてどう判断してそうなったのか?を質問するのです。
 質問に対する答えがその人の「人格全体」を形成している一部のはずです。

 もしかしたら相手にいやがられるかもしれませんが、とうふさんの事情を話して相手に理解を求めれば、協力してくれるのではないでしょうか?
 「演じたい」と思うような人ですから、包容力のある方だと思うので、事情を話せば協力してくれるでしょう。
Commented by ROMより一言1 at 2013-08-28 15:05 x
掲載時刻を見ると、未明まで根を詰めて考察してらっしゃったご様子……ブログ主さん、寝不足になっていないか、ちょっと心配です。

記事で言及しているような、社会で上手くやっていくためのスキルを習得可能か否か?と言えば、”Yes”(ただし以下の条件付き)である点、定型多数派もアスペ当事者さんも差は無いんですよね。先日の記事で高山さんがコメントしてらっしゃるように、定型の中にだって、ソーシャルスキルを習得するのが苦手な『個人の気質』をお持ちの方もいるでしょうし。

ただし定型は(知能や生育環境に問題が無い限り)、普段の生活の中で無意識に、特段の工夫・助力を必要とすることなく、若干の個人差があっても概ね思春期までには、まあまあ上手に(たまに多少の失敗はあっても)他者と卒なくやっていけるスキルを習得できる。
Commented by ROMより一言2 at 2013-08-28 15:06 x
それに対してアスペ当事者であるブログ主さんは、生育環境に問題が無く高い学力・職能を備えているにも関わらず、静止画をじっくり観察し(視覚情報処理に困難を抱えるブログ主さんにピッタリな方法ですね)、適確かつ明解な助言を受けながら、意識的に懸命な考察をした結果、社会人になって(かつASの確定診断を受けて)数年後にして、『役割を演じるとは、部分を修正するのではなく人格丸ごと置き換えること』というソーシャルスキルを認知できた(いまだ習得には至ってませんが、薫さんがとても良いアドバイスをして下さってますね!)。

この”遅延”が、定型多数派とアスペ当事者さんとの”差”であり、脳の機能様式(=メモリ容量の割り当て方)が異なるために生じてしまう”障害”なんだな……と感じました。
Commented by abcde354 at 2013-08-30 00:52
薫さん、有難うございます。
自分もまさに「質問する」をしなければいけないと思っていました。
行動をみても考え方、感じ方は全く分からない状態でいます。

ROMさん、定型にとっては当たり前すぎることを自分は今の今まで認知できていなかったのかと愕然としました。ただ、コメント頂けて定型との”差”を認知できたことはとても大きな収穫でした。本当に有難うございます。
<< 必要な時に定型な人を「演じる」... 役割は細部まで徹底的に演じなけ... >>


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索