アスペルガー社会人のBlog

必要な時に定型な人を「演じる」、ということ

自分はどんな人を演じたいのだろうと考えていてふと気づいた。
必要な時に定型な人を「演じる」こと、
それが出来ればアスペルガーも社会生活を送れるのではないかと。

自分はこれまで定型の行動を真似しようとしてきた。
・相手の目を適度に見て話す
・独り言を言わない
・笑顔で話を聞く
こんなことを心がけてきた。

ただ、行動を真似するのは限界があった。
どのような時にどのような行動を取るのかのパターンは数知れず、
覚えても覚えても新たなパターンが出てきてしまうのだ。

しかし、感じ方や考え方を「定型」に出来れば
ある程度行動も決まってくるのではないか、と思い当たった。
定型の感じ方や考え方を学び自分のモノとしてしまえば、
俳優が素の自分とは全く違う役を演じられるように、
アスペルガーも定型の行動を演じられるのではないか、と。

そして「演じる」のであれば、「常に」である必要はない。
「必要な時」だけで良いのだ。
社会生活上最低限必要な時だけ「定型」にスイッチすればいいのだ。

とはいえ、定型の感じ方、考え方をアスペルガーが習得するのは
並大抵の努力では済まないだろう。
俳優の役作りの仕方を調べていたのだが、
1舞台につき役作りノートが1、2冊は埋まるものだと書いてあった。
演技を得意としている人さえ1、2冊埋まるほどの試行錯誤をしなければいけない、
他者に興味が薄く下地のないアスペルガーな自分などは
何冊埋まれば必要最低限な演技が出来るのか分からないどころではない。

それでもやってみる価値はある気がしている。
定型の感じ方や考え方を習得できた時には、
自分の表現がとても幅広くなるような気がするのだ。
社会に対する理解がもう一歩深まるような気がするのだ。

定型な人を「演じる」ということ。
ターゲットを決めて、まずは役作りからやってみようと思う。
[PR]
by abcde354 | 2013-08-30 00:33 | 社会適応 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://welladjust.exblog.jp/tb/20917700
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by かとうママ at 2013-08-30 10:57 x
すでにお読みになったかもしれませんが、この本も参考になると思いますよ。
  テンプル グランディンさんが 書いた本です。


自閉症スペクトラム障害のある人が才能をいかすための人間関係10のルール [単行本]    (明石書店)
Commented by ROMより一言 at 2013-08-30 22:43 x
確かに『定型にとっては当たり前すぎること』と言えるのかもしれませんが……
自閉症スペクトラムのブログ主さんにとっては、”パラダイムシフト”とも言うべき大いなる躍進だと、私は思います。確定診断直後のブログ開設当時を振り返ってみると、今回の記事には感動すら覚えました。

特に『社会生活上最低限必要な時だけ「定型」にスイッチすればいいのだ』のくだりが素晴らしい。アスペ当事者さんは、自分なりの考えを持つため深く考えることを怠っているわけでも無く、自ら情報を選択をして自分自身を閉ざしているわけでも無く……ただ脳の機能様式(=メモリ容量の割り当て方)が定型と異なっているから、”遅延”が生じてしまっているだけなんだなぁ、と実感してます。

まさに”火星の人類学者”の如く、定型の『感じ方や考え方』を観察・分析する事で、『定型の行動を演じるための役作り』を楽しんで欲しい。そして、ブログ主さんのスペックに合わせた方法を、ご自身が考察・選択していくため、私も微力ながらお手伝いできれば……と考えてます。
Commented by abcde354 at 2013-09-03 23:12
かとうママさん、本のご紹介有難うございます。図書館に予約かけました。
ROMさん、励ましのお言葉有難うございます。大変勇気づけられました。今、演劇関係の本を読み漁っております。
Commented by ゆったりのんびり at 2013-09-03 23:40 x
ハリウッドの映画を観ていてると、この俳優さんはASだなあ、と思える人がいます。邦画を観ていても、この俳優さんはASだなあ、と思える人がいます。
(私が一緒に暮らしてきたASの人たちと、先の俳優に共通点があるので何となく分かるのです。)
その俳優らはすごく演技が上手で賞を沢山受賞しています。

とうふさんも演劇の知識を身につけられたら、練習に練習を重ねて芸術の領域にまで高めて下さい。
芸術体験はASからの回復にもなると思います。頑
張って下さい。
Commented by ROMより一言 at 2013-09-29 23:22 x
『自分自身が嫌になっていた』かつ『鬱の薬を切って、様子をみて』らっしゃる、との事でしたから、コメントを差し控えておりました。

皆さんが仰るように、たとえ定型多数派であっても『コントロールが効かなくなって本音をぶちまけ続けてしまった』経験は、誰しもあること。ただしアスペ当事者さんは、『ストレスに弱い』と言うよりも、脳の機能様式(=メモリ容量の割り当て方)が定型と異なっているから、謂わば”オーバーフロー”を起こす頻度が高いだけなのだと、私は考えてます。

でも記事を読む限り、10日後の時点でちゃんと今後に繋がる”建設的な凹み方”が出来てらっしゃるなぁ、と思いましたよ(僭越な物言いご容赦!)。特に『未だに壊れた原因が分からないのが辛い』とか『コントロールが効かない状態では演じるどころではないだろう』のくだりは、ブログ主さんがご自身のスペックに合わせた適応方法を考察・選択していくため、非常に大切な”発見”だったと感じてます。

余裕が出来た時に無理のない範囲で、近況をお知らせ下さると嬉しいです。静かに心を寄せている読者の皆さんが、私を含め、たくさんいらっしゃると思いますので……
<< 結果だけから判断できるのはアス... 役割を演じるとは、部分を修正す... >>


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索