アスペルガー社会人のBlog

大先輩に仕事をお願いするという事

難しい問題を抱えてしまった。

下請さんなのだが、
自分より年齢も一回り上で視野も広く、
技術スキルもヒューマンスキルも大変高い方に
仕事をお願いする側になってしまった。

下請さんといえども机を並べて仕事しているので、
上司には「自分がその方の手足になるべきでは?」
と言ったのだが、
下請さんを上にするわけにはいかないらしい。

大先輩としか言い様のない方に
気持ち良く仕事して頂くためにはどうしたら良いのか、
本当に悩んでいる。

その方に悩んでいることを率直に打ち明けて
アドバイスを求めるという手段を考えてみたが、
それで何かの解決になるのだろうか。
[PR]
by abcde354 | 2013-12-11 22:45 | 社会適応 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://welladjust.exblog.jp/tb/21621836
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ROMより一言1 at 2013-12-12 21:51 x
これまで数年に渉って記事を拝読してきた上での印象、なのですが……

どうやらブログ主さんは『年長者は自分より優れた能力・人格を有するべき&自分に指示出しをしてくれる存在であるべき』という相当強固な”こだわり”をお持ちで、そのパターンから少しでもズレている事象に対しては、合理的な行動を取る事が困難なほど心情的にnegativeになってしまう、みたいですね。

#”こだわり”の起源は、音楽修業時代なのかなぁ……などと妄想してみたり。

例えば『現上司(=元先輩)』氏。定型多数派から見れば「確かに面倒見悪いし人格的にちょっとアレだけど、まぁ…ありがち?」程度かと思うのですが、ブログ主さんにとっては”鬼門”になっちゃってますよね……

今回のお悩みも、仮に『下請さん』がブログ主さんより若輩だったら…と妄想してみて下さい。自分より優れた能力・人格を有する方であっても、立場は下請なのだからクライアント側の自分”が”指示出しすべきだよね、と抵抗なく考えられるのではありませんか?
Commented by ROMより一言2 at 2013-12-12 21:52 x
『その方に悩んでいることを率直に打ち明けてアドバイスを求めるという手段』の是非は、『下請さん』とどのくらい親密か?にもよりますけど……ブログ主さんの心情的な問題すなわち極めて個人的な案件ですから、相談はしない方が妥当かと。どうしても一言申し上げたい,と言うのであれば「私のような若輩が、大先輩に指示出しするのは、大変恐縮なんですが」的リスペクト表明な社交辞令に留めておいた方が無難かと拝察します。

『大先輩としか言い様のない方に気持ち良く仕事して頂くためにはどうしたら良いのか』は、特にお悩みになる必要は無いかと。私、確実にブログ主さんより『年齢も一回り上』ですし、『下請さん』程じゃないと思いますがそれなりに視野も広く対人スキルも高く(年の功ですね〜)、分野は違いますがPM経験もあるし…と烏滸がましくも自負しておりますが、ブログ主さんを敬愛しつつ、気持ちよくdiscussionさせて戴いてますから。上記”こだわり”に囚われる事なく、いつも通り誠実に、同僚さんへ分担申し上げつつお仕事した時と同様になさればOKだと確信してますよ。
Commented by かとうママ at 2013-12-13 20:51 x
とうふさん、こんにちは。

その下請けのかたは、下請けである立場を よく自覚なさって、とうふさんとお仕事なさっていると思います。

とうふさんは、下請けさんの立場からしたら、上の立場の会社の担当者ですので、当然、とうふさんには礼儀を尽くすでしょうし、下請けさんからとうふさんに指示を出すことは無いと思われます。(とうふさんの上司ではないので)。

ですから、とうふさんが下請けさんに接する際、会社を代弁する担当者として、会社の立場で仕事を進める必要があるでしょうし、よく業界のことをご存知で業務経験も豊富な 下請けさんの知恵をうかがう機会があれば(たぶん、そのjかたは さりげなく、こうすると良いかもしれませんね、とか、その場合は なかなか難しいかもしれませんが・・・など、柔らかいニュアンスで知恵を貸してくださることと推測します)、「聞く耳持たず」 ではなく、 

「そうですか・・・会社として再考して、返答します」、のようなスタンスでいっしょにお仕事されると、やりやすいのではないか、と私としては思いました。 


Commented at 2013-12-17 11:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by abcde354 at 2013-12-22 00:03
有難うございます。結局その下請さんには相談しませんでしたが、上司に、下請さんと自分を同格に扱ってくれるよう交渉して了解頂きました。下請さんの素晴らしい能力をどう生かすか考えているところです。
Commented by ROMからもう一言 at 2013-12-22 19:12 x
クライアント側のブログ主さんに対して、下請さんを上にするわけにはいかない。けれど、ブログ主さんは『大先輩』である下請けさんに指示出しする事に、とても大きな心理的抵抗を感じてしまう。となれば、下請さんと自分をせめて同格に扱ってくれるよう交渉してみる、というのは非常に良い妥協点だと思います。

『現上司』氏も、一風変わったやり方だなぁ…と思ったでしょうが、それで成果が上がるならOKと了解して下さる”余裕”がおありだったようで、ホントに良かったですね! 下請けさんとお仕事する事を『難しい問題』ではなく、むしろ考えるのが楽しみな問題にする事が出来たご様子、なによりです。
<< アスペルガーと斜視 アスペルガーでもマルチタスク出... >>


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索