アスペルガー社会人のBlog

前の上司への返信に迷う

今年は大きな区切りの年度末だったので、前の上司にメールを送ってみた。
有難いことに返信を頂いたが、その返信に対してもう一度返信すべきか迷っている。

やり取りの内容を要約するとこのようになる。


<自分のメール>
社会人生活振り返って2度もご指導頂く機会に恵まれたこと、本当に感謝している。
前の上司に出会えて人生観すら変わった。
前の上司に社会人の基礎の基礎をご指導頂けなければ、
今この会社で社会人生活送っていることもなかっただろう。
御礼を一言申し上げたくてメールさせて頂いた。

<前の上司からの返信>
自分は何もしていない。
成長するかはその人が問題意識を持っているかだろう。
成長する人は人の意見を吸収し適切に取捨選択して自分の力に変えられる人だ。
まさに君はそういう人だった。これからもそういう人でいてほしい。
自分の方こそ良い刺激を頂き感謝している。
これからもお互い成長し続けよう。



自分がもう一度返信するか迷っているのは
お礼に対して前の上司が「自分は何もしていない」と返してきたからだ。

移動中の電車や昼食をご一緒させて頂く中での一言、
そういうものですら前の上司の言葉は自分にとって勉強になった。
そこを伝えるかどうかを迷っているのだ。

「何もしていない」が謙遜であれば返す必要もないように思うが、
アスペルガー的に字義通り捉えるのであれば、
「『何もしていない』は違いすぎる!」となるため迷っている。
[PR]
by abcde354 | 2014-03-29 23:27 | 社会適応 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://welladjust.exblog.jp/tb/22353692
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kem12345 at 2014-03-30 00:07 x
初めてコメントさせて頂きます。

前の上司の方のメールの文意についてですが、注目すべきは「これからもそういう人でいてほしい。」という一文だと思います。
「自分は何もしていない。」というのには謙遜もあるでしょうが、前掲の一文も考慮すると、それと同時に「過去の存在である自分にあまり拘るのではなく、今あるいは今後一緒に働く人たちからも同じように学んでいって欲しい」というのが前の上司の方の真意ではないでしょうか?
そのように考えると、返事をするとしても「自分は何もしていない。」という言葉に対する反論をメインにしてしまうと、些か前の上司の方をがっかりさせてしまうのでは無いかと思われます。
よって、返事をする事自体は結構だと思いますが、あくまでも「今後もあなたと同じように他の人達からも学んでいきたい」という前向きな姿勢を打ち出しながら、一方で幾つか例を挙げて「これらの事はあなたに会うまでは学ぶことが出来なかったので深く感謝している」と添える形にしては如何でしょうか?
抽象的かつ無難な内容になりましたが、思い切ってコメントさせて頂きます。
Commented by puri at 2014-03-30 00:33 x
お互い感謝の言葉をのべているので、返信しなくていいと思います。言葉尻を字義通りうけとって「それについては・・・」などとメールを送ったらしつこい印象をあたえるかもです。アスペルガー当事者にありがちだそうです。気をつけましょう。
Commented by ゆったりのんびり at 2014-03-30 12:16 x
ご無沙汰しています。

前の上司さんはメールに面食らったことでしょう。
私も多くの部下を指導してきましたが、同様のメールをもらったら前の上司さんと同じような返信をすると思います。
上司が部下を指導するのは当たりまえで、特定の部下にだけ指導するということはしません。ですから、「自分は何もしていない」というのは「君にだけ特別のことをしたことはない」ということでしょう。
おそらく前の上司さんはメールに困惑されているでしょうから、これ以上のメールはされない方がいいと思いますよ。
Commented by かとうママ at 2014-03-30 20:59 x
とうふさんのブログ3月20日に、

人を相手にする場面において感触と結果が違いすぎる と書かれていますので、でしたら あえて、
ご自分の考え(気持ち)を ある程度はっきりお伝えしたほうが、気持ち的にあとあと悩まないで済むように思います。

「移動中の電車や昼食をご一緒させて頂く中での一言、
そういうものですら前の上司の言葉は自分にとって勉強になった。」
そのことに、ありがとうございました。と簡潔に感謝をお書きになれば、許容性の高いかたでしたら、

そうか、そういう面もあったのかもしれないな・・・と、とうふさんの感謝の気持ちを受け取ってくださるように思います。

たぶん、今度とうふさんがメールなさってもその返信はないように思いますが、それでおしまいで、充分な気がします。
Commented by ROMからも一言 at 2014-03-31 01:24 x
過去記事から拝察される『前の上司』氏のお人柄、そしてブログ主さんとの関係を考慮すると、『大きな区切りの年度末』に改めて御礼のメールを差し上げたのは、とても良かったと私は思います。『前の上司』氏も、きっと嬉しかったんじゃないでしょうか。

その一方で返信の内容からは、『これから』の事が強調されている点に、自分に対するブログ主さんの”心酔”を、若干懸念しておられる気配が伺われるような……kem12345さんの考察は、なかなか鋭い!と感服しました。

加えて『自分の方こそ…感謝している』『お互い成長し続けよう』とお言葉には、今後は対等の立場になるべきだ・自分への”心酔”からは卒業しなさい、というメッセージが込められているように、私は妄想しちゃいました。

『前の上司』氏が「何もしていない」と仰ったのは、もちろん謙遜なさっての事でしょうし。この上「日常の一言ですら、自分にとって勉強になった」なんて”心酔”振りを重ねて伝えたら、ますます心配になってしまうかも。もう一度返信するにしても、「わざわざのお返事、畏れ入ります。戴いたお言葉を励みに、精進して参ります」といった、卒業式の答辞的な御挨拶に留めるのが無難かな〜と思います。
Commented by アスペっ子のの父 at 2014-03-31 10:03 x
とうふさんの文面を読んだだけですが、「私は何もしていない。」というのは、謙遜が半分、あとは、「成長するかはその人が問題意識を持っているかだろう。」という文面からして、とうふさんが自分のアドバイスを受け止め、成長しようと努力したからだと、つまり、指導を受けて成長するというのは指導する側だけでできることではなく、指導を受ける側のやる気や努力があってこそだと、そう言いたいのだと思います。私は、特に返信する必要はないと思います。あるいは返信するにしても、反論や説明をするのではなく、「これからも努力を続け、いつかもっと成長した姿をお見せできたらと思ってます。」と短く返した方が感じが良いと思います。
Commented by マルマル at 2014-03-31 11:34 x
もしかしたら、とうふさんは「全てはあなたのおかげだぁ」くらいの勢いのお礼状を書かれたのかも知れませんね。
ですから、前の上司さんも「自分以外の人へも、感謝の視野を広げて欲しい」との思いもあり「自分は何もしていない」というような書き方をされたのではないでしょうか。もちろん、謙遜もあるでしょうが。
ですから相手に全力傾斜を感じさせないために
「沢山の方にお世話になったが、その中でもあなた様からの移動中の電車や昼食をご一緒させて頂く中での一言は自分にとって勉強になり、ありがたかった」という文面を軽く入れたら良かったと思います。

Commented by かとうママ at 2014-04-05 18:37 x
本当に いろいろな考えがあるのですね、私にとっても、とても参考になりました。

なかでも、マルマルさんのコメントで、

>ですから相手に全力傾斜を感じさせないために
「沢山の方にお世話になったが、その中でも


の点、自分の身に置いて考えても、参考になりました。

沢山の方にお世話になったが、その中でもあなた
Commented by かとうママ at 2014-04-05 20:28 x
すみません、最後の一文(マルマルさんのコメントからの引用です)は、重複してしまいました・・・
Commented by abcde354 at 2014-04-06 22:50
皆様、本当に有難うございました。色々なお考えがあるのだと大変勉強になりました。

返信止めようかと思ったのですが、気持ちの整理がつかなかったのでこんな感じの返信をしてみました。

-----------------------------------
「何もしてない」とは御謙遜だと思うが、
ランチミーティング中の一言すらハッとすることが多々あった。
御礼申し上げたい。

最近は次長や先輩に今の上司との接し方を教えて頂いている。
記載例つくって埋めてほしいという言い方しなさいと。
上が考えなくても良いようにしないといけなかったのかと気づいた。

佐々木常夫さんの『そうか、君は課長になったのか』72ページに
「君(課長職)は部下の成長にコミットする力をもっている、
ひとりの人間の人生を変える力を持っている」という文章がある。
課長、今後も多くの部下の人生変えてほしい。
能力ある課長だからこそ出来ることだと思っている。

長文失礼しました。本当に有難うございました。
Commented by ROMからもう一言 at 2014-04-07 11:26 x
マルマルさん、皆さんの御意見をイイ感じで纏めて下さいましたよね〜v

ブログ主さんの返信、寄せられたアイデアを上手に取り入れて、素敵なエピソードを添えた素晴らしい”答辞”になってると思いました。『前の上司』氏も、”心酔”からは卒業&随分成長出来たんだな……と安心なさった&嬉しかっただろうと想像します。
Commented at 2014-04-07 11:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by abcde354 at 2014-04-09 00:28
鍵さん、そちらのBlogにコメントつけられなかったのでこちらで失礼いたします。
磯田先生に対する敬愛が伝わってくる誠実な文章、磯田先生の御本を自分も読んでみたくなりました。地震研究をしたくて静岡に行ったという動機に自分もそういう大きな目標を持ちたいものだと思いました。
Commented at 2014-04-09 12:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 生きたお手本が目の前にいるとい... 感触と結果の相違 >>


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索