アスペルガー社会人のBlog

言語化出来ないもどかしさ

大先輩のプロジェクト運営レベルが非常に高くてとにかく凄いのだが、
何が凄いかを言語化出来ずにもどかしい思いをしている。

山頂から山麓は見えるが、山麓から山頂は見えない、のと同じことだろう。

言語化出来れば学ぶべき方向性も見えるのだが、
今の状態ではどちらに進めばいいかも分からない感じだ。

半端なく無力感を感じるが、取りあえず今の自分に出来ること、
大先輩より早く来て遅く帰り、大先輩の動きを毎日焼き付けておく、
を来週も実践してみようと思う。
[PR]
by abcde354 | 2014-04-12 18:40 | ひとり言 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://welladjust.exblog.jp/tb/22433252
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ROMから一言 at 2014-04-12 22:06 x
なるほど〜!他人の行動は、まず視覚情報しかも動画として入力されて来るので、ブログ主さんにとっては【認知>理解】の段階が、実は難しい。だから、次段階としての【言語化>経験化ないし行動化】が出来ない。かいつまんで言えば、動画が苦手なので、他人の行動を容易には真似出来ない、ってことでしょうか……

大先輩の動きを“ビデオ録画”して置き、後日、コマ送りでジックリ観察することで【認知>理解】する、って対策が可能なら良いのですが(^_^;)
ブログ主さんにとって、動画の記憶&追想は、対応可能ですか?
Commented by かとうママ at 2014-04-12 23:35 x
大先輩と とうふさんは、プロジェクトマネジメントが違う(違いすぎる) ということですかね・・・・?  
Commented by abcde354 at 2014-04-13 00:22
コメント有難うございます。
ROMさん、動画は厳しいかもしれません。言葉だけであれば結構覚えておりますが、全体として覚えるのは至難の業です。
かとうママさん、プロジェクトマネジメントの”レベル”、”質”の面で大先輩と差がありすぎる状態です。分かりにくそうなので追記致しました。
Commented by かとうママ at 2014-04-13 09:00 x
とうふさん

たびたびすみません。

>言語化出来れば学ぶべき方向性も見えるのだが、
>今の状態ではどちらに進めばいいかも分からない感じだ。

>半端なく無力感を感じるが、

と書かれていますが、リーダーをサポートする立場として無力感を感じる、ということですよね。

5名のプロジェクトのうち、リーダーをサポートする立場のとうふさんが無力感を感じるのは、
 リーダーのレベルが高すぎる、というより、相対的にとうふさんのレベルが低くなる対応を リーダーがなさっている、ことはないですか?

プロジェクトメンバーの一員であるとうふさんが無力感を感じて山頂が見えない、(長期ではなくて 1ヶ月のプロジェクトですよね)、その理由が、
プロジェクトマネジメントのレベル、質の面で とうふさんが大先輩と差がありすぎる状態だから、というのが、どうもよくわからないのですが。

つまり、わたしとしては、レベルの高い 質の良いプロジェクトマネジメントでしたら、メンバーが無力感もたずに有能感もって仕事できるのでは、と思うのですが、どうなのでしょうか。
Commented by ROMから補足 at 2014-04-13 10:45 x
かとうママさんは、元記事の主旨を誤読なさっておられるように、僭越ながら感じるのですが……

ブロウ主さんが『半端なく無力感を感じ』てらっしゃるのは、『生きたお手本』である『大先輩のプロジェクト運営』のノウハウを学び取る上で、『何が凄いかを言語化出来ずに』いる点で。

直前の記事&コメント経緯と併せ、『大先輩がリーダーで自分はサポートをして』プロジェクト運営をする、というお仕事上では、別に問題は生じていないものと、私は読解してますけど。

この理解で合ってますか?>ブログ主さん
Commented by かとうママ at 2014-04-13 13:48 x
ああ、そうなのですか。 では理解しました。 ありがとうございます。
Commented by ROMからもう一言 at 2014-04-13 18:03 x
『動画は厳しいかも』との迅速な御回答、ありがとうございます>ブログ主さん

先日の飲み会でのエピソードも考え合わせ、『大先輩』氏は、黙して自ら動く“職人”タイプ。つまり、視覚的非言語コミュニケーションの割合が、かなり高い方なのかなぁ…と拝察してます。

ブログ主さんが、動画で入ってくる情報をリアルタイムで【認知>理解】する事も、【記憶>追想】で事後に反芻&理解する事も苦手だとすれば、『とにかく凄い』のは判るけど『言語化出来ず』困ってらっしゃるのも、なるほど納得です。

むしろ、動画の認知・記憶にこれほど大きな困難を抱えてらっしゃるのに、如何なる様式でエピソード記憶を形成してるんだろう?&善くぞここまで社会適応なさったものだ!と……困ってらっしゃる所ホント申し訳ないのですが、感動してしまいました。

動画がダメ、ということであれば、“脚本のト書き”なら【記憶>追想】出来そうですか? 
通常業務の傍らですと、なかなか難しいとは思いますが。“大先輩観察日誌”を付けておき(脳内でもリアルでも対応可能な方で)、事後に【認知>理解】&【言語化>経験化ないし行動化】するというのは、いかがでしょう?
Commented by アスペっ子の父 at 2014-04-15 10:34 x
とうふさん、頑張っておられますね。でも、あまり無理はしないでください。大先輩より早く出勤、遅く帰宅をずっと続けるとのことですが、大先輩が残業を沢山している場合には、とうふさんの残業時間も飛躍的に増えます。
昔、私がまだまだ未熟だったころ、どうやってもかなわないような上司について、例えば上司が的確な指示を次々と出している時に持っていたメモ書きや、参照している資料のなどを、長時間の会議で上司が席を外した際、机の上をそっと見て、「ああ、こういうふうに整理しているんだ。」とか、「ああ、この資料の統計一覧のこの数値を見て、こういう疑問を持ったんだ!」と勉強していた時がありました。
Commented by アスペっ子の父 at 2014-04-15 10:35 x
長くなりましたので、続きです。長文、失礼します。
言葉だけで、優れた人のノウハウを吸収していくことはとても難しいです。問題にならない範囲で、大先輩の資料を参照させていただくのも、一つの方法と思いますが、とうふさんの職場では、そのようなことはあまりしない方が良い感じでしょうか?私の職場は、本社は多忙でものすごく仕事がきついのですが、その反面、モラルや礼儀にはかなりルーズなところもあり、誰かが席を外した際、急にその人が持っている書類が必要になったときなど、他人の机の上の書類を黙って断りなく見させてもらうことなど普通にあります。ですので、できる上司の机の上にある書類を参照させてもらったりしてました。少しでもご参考になれば幸いです。
Commented by abcde354 at 2014-04-19 23:05
本当にコメントありがとうございます。
ROMさんの観察日誌的なことはやっております。前の上司とご一緒だった時は発言日誌つけていましたが、今回は観察日誌になりそうです。
アスペっ子の父さんの資料参照は可能な環境ではありません。ただ、コメント拝見して共有フォルダに置いてくださった資料はくまなく拝見するように心がけ始めました。
<< 会話をすると興奮してしまう 生きたお手本が目の前にいるとい... >>


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索