アスペルガー社会人のBlog

就業時間中の居眠りはNGですか?

今の上司と、時々自席で居眠りする同僚のことが話題になった。

自分は成果物さえあげれば、居眠りしていても評価してしまっている。
誰にでも欠点はあるのだから、成果物がしっかりしている限り大目に見ていた。

しかし、今の上司は仕事が出来ても居眠りしてはダメだという。

定型は何を持って「仕事が出来る」と評価するのだろうか。
成果物がしっかりしていても、多少の居眠りがあったらNGなのだろうか。
居眠り程度でNGだと、アスペルガーなどは欠点だらけだから、
定型の「仕事が出来る」基準に当てはまることはないだろうと思ってしまう。
[PR]
by abcde354 | 2014-07-29 22:23 | 社会適応 | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://welladjust.exblog.jp/tb/23053974
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 居眠り猫 at 2014-07-29 23:33 x
勤務中の自席での居眠りに対する評価は、「仕事ができない」ではなく、「場所柄をわきまえない」「勤務態度が不真面目だ」です。

外部の人が出入りする場所では、なおさらマイナス評価になります。


そうは言っても、仕事が長時間になったりして疲れはてることもありますよね。

私の勤務先では、休憩時間に来客の目に触れない場所(更衣室など)で仮眠する人も多いです。
Commented by マルマル at 2014-07-29 23:38 x
とうふさんに質問です。〚ご馳走する心理がわからない〛で、とうふさんは「リーダーになって他者のことは嫌なくらい気になっております」とコメントしておられます。
とうふさんの「気になる」点とは、どういうものでしょう?
もしかしたら、定型の必要や当然とする視点とは、別のことが気になっておられるのかなと、大変気になります。
Commented by abcde354 at 2014-07-30 00:09
コメント有難うございます。
場所柄をわきまえない、は思いますので自分はトイレで寝ています。ただ、定型にとって居眠りは許容不可能なレベルの話なのかと知りびっくりしております。
リーダーになって特に気になっている点は、成果物の間違えです。レビューでの指摘が出る成果物を作ってくる同僚は全く評価しないようになりました。
Commented by ROMからも一言 at 2014-07-30 12:45 x
なるほど〜視覚的コミュニケーションが苦手なために、居眠り猫さんが適確に言語化して下さった“定型の評価基準”を、学習し損ねちゃったみたいですね…

相応しくない状況で居眠りをしている人に対しては、周囲の人が言外に「態度が不真面目だ」というニュアンスを込めて“冷たい視線”を向けてる筈なんですけど。ブログ主さんは視覚的に“表情を読む”ことが出来なかったため、定型多数派にとって当たり前の“評価基準”を体得出来なかった。しかし御自身は「場所柄をわきまえない」という“評価基準”をちゃんと習得なさって、一定妥当な行動(トイレで仮眠を取る)が出来てる所、なかなか興味深いです。

「仕事が出来る」の“評価基準”は、成果物の完成度を第一義とする点、定型多数派も概ね賛同するところだと思いますが。ブログ主さんがリーダーシップ(=メンバーの欠点に気付き、適切な指導をする)を獲得するためには、まずこの辺りの“定型の評価基準”を補完していくことが必要だなぁと拝察。得意のマネジメントを主眼としつつ、オーガナイザー路線でゆっくり体得していかれるのが吉かと存じます。
Commented by ROMからもう一言 at 2014-07-30 13:01 x
あ、「態度が不真面目」である点が重要視されるのは、やはり“目に付く”=視覚的コミュニケーション的にNGだからです。周囲の人が不快に感じ、言外に表情で“冷たい視線”を向けたくなるような行いは、“目に余る”ようならリーダーとして窘め指導する必要が出て来ます。

周囲の人が不快に感じるか否かの“評価基準”は、職場・部署によって微妙に変化すると思います。定型多数派は何となく“空気を読んで”慣れていくものですが、ASD当事者さんは、意識的な調整・補完が必要になりますね。
Commented by マルマル at 2014-07-30 22:20 x
ROMさんからのご説明で、定型側も改めてASの人の感覚の一端が理解しやすいと思います。
とうふさんが上司だと、部下や同僚に対して「総合評価」というものはないのかなと・・・思いました。
仕事に時々ミスはあるものの、勤務態度がまじめで、他者にも配慮がある・・とか
仕事は完璧だけれど、ふてくされて雑な言い方が、空気を悪くする・・とか

多分・・・とうふさんは総合評価で、複数の角度からの+や-の面を認められて、今のポジションになられたと思うんです。
人を評価するというのは、ミスの数だけではないし、人を指導するというのは仕事内容のみではないと思うんですね。

でも・・・老婆心かもしれません。とうふさんは、仕事上で頼りになる人でしょうから。
Commented by アスぺっ子の父 at 2014-08-03 22:39 x
ASの方と定型多数の違いについては詳しくないのですが、職場での居眠りについては、場所柄をわきまえない、不真面目、とみられることが多いと思います。ただ、私の職場の場合、本社のような来客があまりなく、かつ毎日深夜残業が続くところでは、昼休みに自分の席の椅子に腰かけて居眠りし、昼休みを過ぎてしまっても、当たり前のこととして許されていたりもします。あまり好ましくないことでも、職場の雰囲気が許せば何ら問題はないし、反対に職場の人がやってないのに一人、または少数でやっていると非難されるということがあると思います。このあたりの雰囲気を読むのはASの方には難しいのでしょうか?
Commented by abcde354 at 2014-08-05 23:32
アスペっ子の父さん、ピント外れているかもしれませんが、雰囲気を読む力というより、許容できる幅が定型とアスペルガーでは違うように感じております。アスペルガーの場合、こだわりポイントさえ相手が押さえていれば、他の点については許容幅が広い感じが致します。
Commented by ROMから補足 at 2014-08-06 10:06 x
『雰囲気』から感受する情報は、むしろ定型多数派より精緻かつ大量なのでしょうが……ワーキングメモリが容量オーバー(=いわゆる“感覚飽和”)しないよう取捨選択する“重み付け”の初期設定(=評価基準)が、ASD当事者さんと定型多数派では大幅に違うのでしょうね。

ブログ主さんの場合は視覚過敏が深刻+聴覚が鋭敏なため、視覚的コミュニケーション的に重要な“評価基準”はスルーしちゃってるので『許容幅が広い』。逆に“耳触り”な人(声が大きいとか、動作が騒がしいとか)を不快と感じる閾値は、定型多数派よりかなり低いのかもしれませんね。

当事者さんなりの取捨選択の結果として“出力”した行動を、定型多数派視点で『こだわりがある』とか『空気を読むのが苦手』とか『他人に関心が無い』とか、ASDの“症候”として定義されちゃっているんだなぁ…というのが、こちらのブログを長年拝読&『発達障害当事者研究』を読了して得られた私の認識です。
<< 話しかけるタイミングが悪い 「相手が何を言ったら喜ぶのか知... >>


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索