アスペルガー社会人のBlog

バランス感覚はどうしたら身に付くのか

上司との、年に一度の面談があった。
上司視点だと自分の最大の問題は「バランス感覚」とのこと。
「バランス感覚の欠如」にて書いた通り、
自分もバランスのなさには気づいていたので大いに同意したところだった。

しかし、どうしたらバランス感覚を身に付けられるのか、
を考え始めた所で行き詰ってしまった。
バランス感覚は読書等の知識でも、旅行等の経験でも、
身に付けられるものではないように思えたのだ。

バランス感覚はどうしたら身につくものなのだろう。
「理想のリーダーは前の上司!」と親しい同僚に言いきっている時点で
バランス感覚は相当欠如しているのだろうか。
[PR]
by abcde354 | 2014-11-25 23:12 | 社会適応 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://welladjust.exblog.jp/tb/23790381
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ROMから一言 at 2014-11-26 13:05 x
グルッと一周して、元の所へ戻って来ちゃったようにも見えますがw まずは、あれだけ反発を感じていた現上司氏に、『大いに同意』できるほど感覚情報の共有率が高まった事を、お祝いしたいです。negativeな感覚情報を(事実情報を集積することで)、positiveに変換できるようになってきた証だと感じました。

バランス感覚は、定型多数派でも習得に時間がかかるもの(知識・経験ともに必要)ですが。目標とする人物を真似てみるのは、悪くない方法です。ただし心酔のお気持ちはいったん置いて、事実情報の抽出だけに専念する。

つまり「こういう場合、彼はこうした」という、ケーススタディに徹して下さい。そして「案件&対応」を丸覚えするのではなく、案件発生から対応収束に至る「私だったら事実情報を、こう分析し、こう考え、こう結論して、行動化する」過程を、想像してみて下さい。

ブログ主さんの「行動化」が、前の上司氏が取った対応と合致していれば正解!という、謂わばオリジナルSSTですね。現在のチームメンバーや上司氏、クライアント側の担当者様に関する事実情報を加味すれば、更に実践的なSSTになると思いますが、いかがでしょう?
Commented at 2014-11-29 12:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-12-03 17:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by abcde354 at 2014-12-11 00:11
遅くなりましたがコメントありがとうございます。
残念ながら、前の上司の行動をもはやあまり覚えていない状態なのが悲しいです。
有用なケーススタディが早く欲しいですね。
<< カリスマ性はどうすれば身に付くのか パレートの法則 >>


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索