アスペルガー社会人のBlog

自分が知っていることは相手も既に知っている、という思い込み

コミュニケーションの悪い癖が出てしまった。
「自分の知っていることは、相手も既に知っている」という思い込みである。
前提を言わずに本論から始めてしまい、相手に誤解を与えてしまった。

コミュニケーションの非対称性については、
以前このBlogでも話題になった記憶がある。
「アスペルガーな部下が調整が出来ない、
その理由は非対称性を理解できていないからのようだ」
という話だったように思う。

今回自分が思い込みで突っ走ってしまい、
何故アスペルガーが非対称による誤解を招きやすいのか分かった。
アスペルガーはマルチタスクが極めて苦手なため、
非対称性が起きたことを認識するチャンスが少ないのだと思う。

即ち、話しながら相手の顔色を見る事が出来ないので、
相手が理解できていないことを認識できず、
どんどん話を進めてしまうのではないかと思った。

アスペルガーが非対称性による誤解を招かないようにするには
恐らくこまめな確認が必要なのだと理解した。
特に接し始めてから間もない相手に対しては、
こまめに確認していく必要があると感じている。
[PR]
by abcde354 | 2016-04-30 23:23 | 自己分析 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://welladjust.exblog.jp/tb/25733249
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ひと at 2016-05-04 07:37 x
その思い込みって定型も同様というか「そういう前提」がないと会話なんかが成立しないのでは?とも思いましたが、定型は「空気を読んで」相手が知らないということに気付く可能性も高いかも知れませんね。
Commented by abcde354 at 2016-05-05 10:29
コメント有難うございます。
定型は空気を読めますし非言語も気づきますから、相手が知らないということに気付ける可能性は全然高いと思っています。
<< 笑顔というのはそんなに重要だったのか 物を持たないことはアスペルガー... >>


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索