アスペルガー社会人のBlog

既に形のある情報を扱うこと~自分に出来ることを考える2

こうもりさんのBlogを読んでいて自己発見する。

「わたしが福祉作業所の仕事に関わった経験から言える範囲では自閉当事者に向いている作業というのは

・模写(既に作られた文章を入力して再現する)
・変換(例えば、既にある情報を別の情報に変換する。外国語翻訳,テープおこし,録音資料作り,点字翻訳。ただし、外国語,点字については文字情報に強いことが必須)
・保守,点検(既に作られたサイトの維持,情報の検索,校正など)

などである。もちろん、自閉当事者が上記3つ全てに精通している訳ではなく、3つのうちのいずれかを得意としている当事者が多い。また、全体的に言えば、無から情報を創造する仕事よりも、既に形のある情報を扱うことを得意にしている当事者の方が多い」


自分も全くもってそうだ。
非常に見難い文字を書くが、模写は出来る。書初めではクラス代表に選ばれたほど。
新システムの構築はとてつもなく辛かったが、保守作業は得意。

既に形のある情報を扱うこと、適職探しの上でキーポイントになりそうだ。
[PR]
by abcde354 | 2006-06-09 00:27 | 自己分析 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://welladjust.exblog.jp/tb/4958390
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 『発達と障害を考える本〈2)』... お考えありますか? >>


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索