アスペルガー社会人のBlog

『べてるの家の「非」援助論』 浦河べてるの家 (1)

「べてるの家」の成功要因を学びたく、手に取った。
(1)では「べてるの家」の外的成功要因について記述したい。

外的成功要因は3つの悪条件にあったことが察せられた。
1点目は、地域で精神障害者は日常的に迷惑な存在であり、
「理解を求める」ことは最初から諦めなければいけなかったこと。
差別・偏見は当然というコンセンサスが当事者間で出来ていたからこそ、
1袋3円という儲けにならない昆布の袋詰め作業が5年も続き、
地域を誉め続けるという戦略も生まれたのだろう。

2点目は、地域経済全体が衰退していたこと。
それは、日高昆布の産地直送販売に対して漁協の協力を取り付けたエピソードに現れている。
当時漁協は日高昆布消費量の頭打ちに悩んでいた。
販路拡大へ手段を選べる状況ではなかったため、
障害の有無に関係なく協力が得られた。

3点目は、精神障害者の集まりであったということ。
日高昆布の出張販売日、販売担当早坂さんは非常に状態が悪かったという。
しかし、日高昆布は完売した。
何故なら、ボランティアの奥様達が
「早坂さんは体調悪いのに売りに来ている、買ってあげて」
と言って売ってくれたから。
障害者の集まりであることが"売り"になったのだ。

①障害に対する「差別・偏見」は当然という認識を持ち、
障害に対する理解を求めないこと。
②差別・偏見が当然だからこそ、
"誰もやりたがらない"が"必要"なものをキャッチして
積極的に事業化していくこと。
③障害というハンデを"売り"にする方策を考えること。
重要な示唆を頂いた。

べてるの家の「非」援助論―そのままでいいと思えるための25章 (シリーズ・ケアをひらく)
浦河べてるの家

4260332104
医学書院 2002-05
売り上げランキング : 7808
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[PR]
by abcde354 | 2006-11-12 15:03 | 読書 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://welladjust.exblog.jp/tb/6026384
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 『べてるの家の「非」援助論』 ... インナーマッスルを鍛えると反射... >>


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索