アスペルガー社会人のBlog

『知的障害者雇用の現場から―心休まらない日々の記録』 安部 省吾 (1)

著者は伯東株式会社(東証一部、エレクトロニクス商社)勤務。
著者が関わった知的障害者雇用の実態を記した書。

『チャレンジする心』の横河電機と伯東株式会社、
障害者雇用が成功した企業には一貫した姿勢がある。
「障害者雇用は企業活動の一環であり、ボランティアや福祉事業ではない」という姿勢だ。
企業の姿勢が「障害者も利益を上げるべき社員」となれば、
障害者も企業の一員であることを感じられ、生産性が上がるのではないか。

さて、本書は生々しい実態が書かれており、
企業の障害者に対する見方を知る上でも
企業に雇用されている者としてよりよく働くためにも参考になった。

(1)では障害者に関する企業側の見方として、何点か引用したい。

・指導員の存在
「知的障害者が単独で、つまり彼らだけで安全かつ丁寧に作業をすることは環境清掃、リサイクルともに不可能です。そこで、彼らをより安全に指導する、指導員と呼ばれるスタッフの存在が必要となります。」

・適正賃金とは?
「例えば、同じ仕事を外注清掃していたときの時給800円との対比で言えば、常時指導員の指導が欠かせないのだから彼らの労働能力はその2分の1以下が妥当」

・安全管理
「企業で障害者雇用の事故は絶対に起こしてはならないことです。どんな理由があろうとも、雇用側が正当化されることはなく、民事裁判上でも「利益あるところに結果の過失責任あり」が定着しています。」

知的障害者が単独で作業をすることが本当に不可能か、は
一障害者として疑問が残る点ではある。
ただ、それほど企業が安全管理に気を遣っていることは窺える。
障害者雇用が「企業にとって大変神経を使う作業であること」
をひしひしと感じるものだった。

知的障害者雇用の現場から―心休まらない日々の記録
安部 省吾

4835550374
文芸社 2003-01
売り上げランキング : 87409
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[PR]
by abcde354 | 2006-11-28 23:47 | 読書 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://welladjust.exblog.jp/tb/6113486
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 安部省吾 at 2010-07-24 00:46 x
知的障害者雇用の現場からの著者です。
最近、高機能自閉症障害を持つ方と出会いが多くなりました。単純な高機能ではなく軽度知的障害または精神障害との重複障害の方です。その多さに驚いています。私は、今年ある特例子会社に3人の知的障害の療育手帳を持った特別支援学校生徒を雇用につなげた。しかしいずれも軽度知的障害に高機能自閉症の重複障害をも持つ女子生徒だった。都立から入社した女子も同じだった。つまり女子生徒4人全員軽度知的障害に高機能自閉症をが重複している。さらに今年実習に送った生徒も軽度知的障害に高機能能自閉症が重複してた。今日も相談に来た30歳の企業現役社員も精神の手帳を持ち障害者枠で働きたいと相談に来た。彼も精神に高機能自閉症が重複しているとと自己分析しての相談だった。なぜこうも多いのだろうと不思議に思ったが良く考えてみるとこれまで見逃されてきたのではないかと思うようになった。後はいつになるか分からないが次回に・・・

Commented by abcde354 at 2010-10-30 23:02
安部省吾さん、コメント有難うございます。

>これまで見逃されてきたのではないか
まさにそうだと思っています。かつて高機能自閉はそれほどコミュニケーション能力が必要でない仕事でそこそこやってきたのだと思いますが、今はコミュニケーション能力が必要な仕事しかなく、見逃されなくなってきたのではないかと分析しています。

また気が向きましたら支援の現場の声を届けて頂けたら嬉しいです。
<< 『知的障害者雇用の現場から―心... 『ぼくのアスペルガー症候群―も... >>


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索