アスペルガー社会人のBlog

自分と向き合えていないということ

デイケアで「自分の生き方」「生き辛さとその工夫」
といったテーマの発表を各自がすることになり、文章を書いた。
自分なりに頑張って書いたつもりだったが、
他メンバーの発表を聞き自分の発表はまるで教科書だと感じた。
抽象的で、読書等で学んだ自閉症の症状をそのまま列挙しただけ。
自分の「具体的行動」と「その結果」の関係を掴めていない。
自分と全く向き合えていないということだ。

自分と向き合うにはどうしたらよいのだろう。
[PR]
by abcde354 | 2006-12-16 22:52 | ひとり言 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://welladjust.exblog.jp/tb/6201338
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 田舎猫 at 2006-12-17 03:33 x
単純ですが、自分という存在をありのまま肯定することから始めるのはいかがでしょうか。
Commented by 三咲 at 2006-12-17 13:31 x
こんにちは。

参考までに、自分と向き合うことについて、
「論理的思考が先行しすぎる傾向があるので、感じたままに動くことから始めれば?」
と言われました。まだ言われたことを自分の言葉ではうまく説明できないんですけれども、自分の感情を掴むことから始めるのがいいのかも知れません。
Commented by abcde354 at 2006-12-23 00:12
田舎猫さん
いつもご助言有難うございます。「ありのまま肯定する」、自尊心が低いといわれ続けていることを考えても、正にそのことが出来ていないのでしょうね。現実を直視したいと思います。
Commented by abcde354 at 2006-12-23 00:18
三咲さん
こんばんは。有難うございます。自分の感情を掴む、考えてみたこともありませんでした。是非試してみたいと思います。どうも有り難うございました。
Commented by amayatic at 2006-12-23 21:26
馬鹿なこと言っていたら申し訳ございませんが、そもそも「自分と向き合って」「自分らしさ」を主張することが本当に治療の第1歩なのでしょうか?
それをともかくとして判断停止させて・・・、教科書のようだからといって、卑下しなければならないのでしょうか?
何か、教育や心理学が手を伸ばしている世界では、強迫的に「自分らしさ」を出すように・・・そうまさに、強迫されているような気がしてならないのですが・・・。
Commented by abcde354 at 2006-12-28 23:30
amayaticさま、コメント有難うございます。「自分と向き合う」目的は、自分の長所短所を知るためです。長所短所が分かってまいりますと、自分の長所を生かす道がみつけやすくなります。長所を生かす道をみつけられれば、社会の中で貢献しやすくなり、生活の糧を得るのも容易になる、そう考えています。
Commented by amayatic at 2006-12-31 09:00
長所短所を見つめるですか・・・、確かに長期記憶力や集中力が長所で、場の空気が読めないのが短所でとか・・・、私も発達障害について出回っている本を写したような感じになってしまいますね・・・。
年明けから、もう一度騙されたと思って、カウンセリングに行ってみることにしました。あまりにも、うっかりと不適切な発言をしてしまうことが多くなってきましたので。
<< 「お笑い」に笑えない アスペルガーの対人関係の基本姿勢 >>


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索