アスペルガー社会人のBlog

「お笑い」に笑えない

先ほど、「M-1グランプリ2005」の再放送を見ていた。
そこで、どうにも笑えていないことに気付いた。。
会場がどっと笑っている場面、拍手が起きている場面、
そのような時でも
「何が笑いや拍手といった行動を引き起こすのか」分からなかった。

内容が理解できていなかったとは思えない。
グランプリに輝いた"ブラックマヨネーズ"の決勝戦テーマは、
「変な人を撃退出来る様に武術でも習いたいが、何を習ったらよいか」だった。
柔道、空手、相撲、と話が広がり、最後は熊でも飼えとなっていた。
話の展開が自然で、グランプリ取るだけのことはあるなと思っていた。

しかし、とにかく笑えない。

考えてみれば、他のお笑い番組でも滅多に笑ったことがない。
「笑点」しかり、「爆笑オンエアバトル」しかり。

感覚のずれなのだろうか?
決定的に見落としている情報があるのだろうか?
どうにも分からない。
[PR]
by abcde354 | 2006-12-23 17:32 | 自己分析 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://welladjust.exblog.jp/tb/6232761
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by amayatic at 2006-12-23 21:15
初めまして、お邪魔します。私も今年の夏に20過ぎでアスペルガー障害の確定診断が下りました。それまでは、単なる自己愛性人格障害と見られていた(証拠に、私のblogをご覧になると有力者をこき下ろし、読者ウケを無視し、鼻持ちならない空気が漂っておりますが)のですが、アスペルガーで孤立することへの防御として自己愛を肥大化させたのかもということです。最近では、特定しがたい気分障害も併発しているのではないかと思っているのですが、まあ、どうでもいいです。

前置きが長くなってすみません。私も中学生時代から、他人と笑うツボが全くずれておりまして不思議がられておりましたね・・・。別に仲間内で「相変らず、ずれているな~」と笑い合える間はいいのですが、接待先の上の方の話がつまんね~って顔が露骨に出てしまったら冷や冷やモノですよね。
Commented by abcde354 at 2006-12-27 23:41
amayaticさま、はじめまして。コメント有難うございます。amayaticさまも笑うツボがずれているのですか。ASの一症状なのでしょうかね。仲間内の間ならばいいのですが、社会人で協調を求められると、周囲が笑っている中でひとりポカンは相当辛いものがあります。
<< コミュニケーション能力向上に重... 自分と向き合えていないということ >>


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索