アスペルガー社会人のBlog

『障害者の経済学』 中島 隆信

障害者問題を経済学の視点から分析しようと試みた書物。
著者は慶應義塾大学商学部教授。脳性マヒの子供をお持ちだ。
自分のような中途診断者にとっては、障害者問題の歴史を知る良い契機になった。

特に、以下3つは障害者の現実を知る上で衝撃であった。
・1996年まで「優生保護法」という法律があり、障害者は中絶できたこと
・1979年まで障害者は就学免除されていたこと
・社会福祉法人の設立要件は、「基本資産を一億円以上保有した法人を設立すること、施設に供する土地や建物を法人が保有していること」

また、障害者に対する社会の見方についても言及されていた。
しばしば当事者が忘れがちの事であると感じた。
以下に引用しておきたい。

障害者とは、社会における「かわいそうな人々」であり、「助けてあげる対象」。
あるいは、障害を抱え、いろいろな意味で「頑張っている人々」であり、
いつまでも子供のような「純真な心」を持つ存在でなければならない。
したがって、障害者にとって分相応の行いというのは、
世間の人々にこうした印象を与え続けることなのである。(p.85-86)


障害者の経済学
中島 隆信

4492313591
東洋経済新報社 2006-02-10
売り上げランキング : 32495
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[PR]
by abcde354 | 2007-01-03 17:11 | 読書 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://welladjust.exblog.jp/tb/6284175
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 言葉は場をつくる 『悩む力』 斉藤 道雄 >>


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索