アスペルガー社会人のBlog

「べてるの家」の講演会

「べてるの家」の講演会を聴きに行った。
PSW向谷地生良さんとべてるの家メンバーの統合失調症当事者3人が、
べてるの家について、統合失調症について、お話してくださった。
アスペルガーにも適用できると感じる言葉が数々あったので、書き留めてみたい。

1.当事者にとって重要な環境(向谷地PSW)
爆発(などの失敗)によって評判が落ちない認められ方をしている環境

爆発⇒自責の念⇒引きこもり⇒被害妄想・不安感⇒爆発の準備行動⇒爆発
と繰り返される爆発循環の
「引きこもり」局面を起こさせないために必要なのが
爆発によって評判が落ちない認められ方、となる。
「引きこもり」が起きないことにより、爆発のエネルギーが当事者から切り離される。

2.自分を肯定するために必要なこと(当事者・早坂さん)
ただ「自分は良い奴だ」と思い込もうとしても、全く効き目はない。自分の生い立ち、恐れ、生き様を理解した時に、初めて自分を肯定することが出来る。

3.自分の感情をきちんと把握すること(当事者・清水さん)
「仕事に行きたくない」のか、「仕事に行きたいのだけれども、マイナス思考に襲われるから行けない」のか、区別をきちんとしていくこと。
そして自分の感情を自分の言葉で相手に伝え、受け止めてもらうように。安心感が得られる。

4.仲間から得られるもの(当事者・清水さん)
仲間といることで自分を客観視出来る様になる

5.支援者の方が倒れないために(向谷地PSW)
支援者の方は当事者に「相談する」プロにならなければいけない。
自分が何かしなくては、と思うと倒れてしまう。
[PR]
by abcde354 | 2007-02-12 03:00 | 社会適応 | Trackback(1) | Comments(1)
トラックバックURL : http://welladjust.exblog.jp/tb/6467427
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from てんしな?日々 at 2011-02-26 23:57
タイトル : NHK教育・ETVワイド ともに生きる「若者のこころの病..
統合失調症の方々への理解を深める、良質な番組だったと思います。 NHK教育で、「ETVワイド ともに生きる「若者のこころの病 実は身近な“統合失調症”」 という番組を放映していました。2時間の生放送! NHKでないとできない企画といえましょ... more
Commented by マキ at 2012-07-02 12:53 x
勉強になりました。。。私の彼氏が、お子さん・本人共にアスペルガーなので、
返事もロクにできないとは!どうにか普通に改造してやるわ!としばしばカンチガイ行動をしていましたが。。。

こちらを読んで、腹立たしく思っていたことが
飲み込めました。
彼らの純粋さが解っているだけに、今まで気の毒なことをしてきたという
申し訳なさと、すごくスッキリした不思議なきもちになりました。
<< 映画「モーツァルトとクジラ」鑑賞 会話中は相手の顔から眼をそらし... >>


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索