アスペルガー社会人のBlog

相手を参照してから声をかけること

定型には出来てアスペルガーな自分には出来ていないことがまた1つ分かった。
それは、相手を参照して、声をかけてよいか判断してから、声をかけること。

『自閉症/アスペルガー症候群 RDI「対人関係発達指導法」』 のレベル1に、

 ・情動調律:子供は、大人と顔を合わせて勘定を共有することに何よりも興味を示す
 ・ソーシャルな参照:承認、安全、安心感を得るために、大人の顔に現れた反応を観察する

とある。
相手の顔をみて、現れた反応を観察した上で、声をかけなければいけないらしいが、
それが出来ないためにとんでもないタイミングで声をかけてしまうようだ。

意識して、声をかける前に相手を参照しなければいけない。
[PR]
by abcde354 | 2007-05-08 22:15 | 自己分析 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://welladjust.exblog.jp/tb/6831791
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ゲームは現実逃避手段 過緊張状態 >>


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索