アスペルガー社会人のBlog

指揮者を見ずに合奏する

幼い頃、音楽大学を目指す人間を集めたグループレッスンに参加していた。
そのレッスンの一つとして合奏の時間があったのだが、
自分は指揮者を見て合奏していなかったことに気付いた。

では自分はどこをみて演奏していたのか。
何処を見ていたという記憶もない。
暗譜していたので、譜面は見ていない。
覚えこむまで弾かねば合奏できないので、手も見ていない。
うつろに空を見ていたとしか思えない。
周囲から聞こえてくる音を必死に聴いていて、
視覚にまで神経がまわらなかったのだろう。

指揮者を見ずに合奏して、それでも合奏が成り立っていたこと、
今更ながら周囲の音楽性と協調性の高さに感謝である。
[PR]
by abcde354 | 2007-05-18 23:58 | 自己分析 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://welladjust.exblog.jp/tb/6872712
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by riemit at 2007-05-20 02:17
下手な大学オケあたりだと、みんな暗譜してないので指揮者を見て合奏してないですよ。音を聞いて合わせます。弦楽器なら、指揮者よりパートリーダーを見て合わせる方が多いです。
必要なときだけ見るので、譜面にメガネマークを書いてます。
(それでも見ないので、指揮者に怒られる)
プロだと、指揮者がいるのといないのとでは出てくる音が全然違うという話を聞いたことがありますが。
Commented by abcde354 at 2007-05-21 23:59
コメント有難うございます。
暗譜してないから指揮者見ないで合奏している、そんなものですか。
譜面にめがねマークは良いですね。
今度久々合奏やるので実践させて頂こうと思います。
Commented at 2008-10-23 02:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by abcde354 at 2008-10-30 23:44
鍵さん、コメント有難うございます。レス遅くなり申し訳ございません。鍵さんもあまり指揮者を見ないでアンサンブルしているのですね。コメント拝見して、指揮者を見る見ないは重要なことではなくアンサンブルが成立することが重要なのだと気付きました。その人の特性に合わせてアンサンブルしていければいい、おっしゃる通りだと思います。どうも有り難うございました。
<< 5分の密度 部分に反応した受け答え >>


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索