アスペルガー社会人のBlog

ケアレスミス

また書類書きで大きなミスを犯してしまった。
それも非常に簡単なことで。

小学生の頃からケアレスミスが多かった。
100点満点のテストで10点のケアレスミスは当たり前。
ケアレスミスさえなければ、と何度言われたことか。

今もプリントアウトして読み返すなど、
自分では工夫しているつもりなのに、
ケアレスミスは一向に減る気配がない。

ケアレスミスをなくすための工夫、
何かないだろうかと考え込んでしまう。
[PR]
by abcde354 | 2007-06-26 00:55 | 自己分析 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://welladjust.exblog.jp/tb/7021098
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 耳折れ猫 at 2007-06-26 09:27 x
こんにちは。
私は、今とある資格試験の勉強をしています。
で、ケアレスミスで点を失うことも多々あります。
予備校の講師に「ケアレスミスは本質的間違いですよ。」と言われてから、自分のケアレスミスに対する考え方が変わりました。
それまではやはり、ケアレスミスだから・・・という事で軽く考えていたんですね。

今、自分がケアレスミス対策としてやっている事は、模試を受けて自分のやってしまったケアレスミスを書き出して、ミスの態様毎に対策を考えてまた模試に臨む・・・という事です。
なので、同じ態様のミスをする事は減りましたが、新しい態様のミスをしてしまうと、また対策が必要になってしまいます。
いたちごっこのようですが、これはもう仕方が無いのかなあ・・・と。

勿論、試験と仕事を同列に論じる事はできませんが、何かしら参考になれば・・・と思い。コメントさせて頂きました。
Commented by amayatic at 2007-06-27 19:34
確かに新しいパターンが出てきたら、別の対策が必要ですが、医師からは「繰り返しはやむをえない」と訊いております。

試験と仕事は同列ではありませんが、応用が利く場合が多々あると思います。自分のバイト体験(それも一応対人的な)ででも執拗なミスの書き出しが多少は奏効した感があります。ただ、やはり仕事は試験やバイトほどミスを繰り返すことが出来ないでしょうが・・・。

但し、私が「障害」にはラベリングに過ぎない側面があることを強調し、「健常/障害」の区別を相対化させようという思考が前提があるために、「応用が利くのでは?」と言うという・・・そういったバイアスがかかっているものとして、以上の発言を割り引いてください。
Commented by abcde354 at 2007-06-27 23:45
耳折れ猫さま、有難うございます。ケアレスミスは本質的間違いですか。身が引き締まる思いです。ミスを書き出して対策を立てる、参考に出来そうです。どうも有難うございます。
Commented by abcde354 at 2007-06-27 23:46
amayaticさん、執拗なミスの書き出しが多少は奏効したのですか。やはり地道に潰していくしかないのですね。どうも有難うございます。
<< 自傷行為 コーヒーを飲むとアスペルガー脳... >>


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索