アスペルガー社会人のBlog

自ら勉強しはじめる時

あかねさんからのコメントを頂いて、
「自ら進んで勉強しはじめた時」はいかなる時なのか考えてみた。

①セルフイメージを下回った時
例えば、塾ではAクラスに在籍することが多く、自分もそれが当たり前だと思っていた。
しかし、ある時組み分けテストでBクラスに落ちてしまった。
セルフイメージと現実とのギャップが発生した時、
セルフイメージに近づけるべく努力しはじめた。


②見通しがたった時
模擬試験で志望校への合格判定がE判定だった。
E判定だったが、あと国語5点、算数10点取れればB判定だったと知った。
あと15点取ればよいと見通しが立った時、
サボりがちだった算数を自ら勉強しはじめた。


逆に、「絶対に自ら勉強しなかった」時もある。
親や塾の先生など外部の人に「勉強しなさい」と言われたときは、
絶対に勉強しなかった。
自分自身で理由付けが出来ない勉強は今でもしていないように感じる。
[PR]
by abcde354 | 2007-11-04 15:39 | 自己分析 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://welladjust.exblog.jp/tb/7663883
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by amayatic at 2007-11-04 17:06
私事で申し訳ないのですが、もし参考に資すのであれば・・・、毎年「今年はともかく来年は落ちこぼれにならないか?」「自分の脳には何らかの欠陥があるように感じられる」という2つの恐怖から有無を言わず勉強し続けました。両者ともこの歳になって客観的に判明致しましたが。
ただ、そうしたインセンティヴが減殺されたのは高校受験前の中3時に「内申点は平等に今後の成果で見る」と教師がほざいた時であったり、その後の進路でも、怠け者で成果も芳しくないものを平等に扱うようなことがあった時でしたね。
因みに地上の楽園など要りません。私自身も不条理な目に遭っておりますが、視野を広げれば幾らでも不条理な場面があり、その無限の不条理を微力ながら解消していくことが生きがいを産むと捉えております。
充実した福祉国家ほど自殺率が高いことも示唆に富むでしょう。
Commented by あかね at 2007-11-05 09:58 x
それにはなにより、高いセルフイメージが必要なんでしょうね。
とうふさんのセルフイメージを高く保てた原因って、何なのでしょう?
アスペの人は、どうも自己否定になりがちですから。。
内なるモチベーションが働いたとき、爆発的に出来るのは、彼のアスペの父親を見ていても思います。
他の子供は単純ですから、外的モチベーションで動いてくれますが
アスペは内的動機じゃないと、てこでも動かないところがありますから。
あと何点だよ、ってのは、そのたびに言ってるのですが、、。
息子は、うちでやると高得点を出しますが、テストになると、ケアレスミスの連続で、模試などでの点がのびません。
簡単な問題でミスってしまいますが、難問のほうは解きます。
どうも、量が多いと、それだけで焦ってしまうようです。
動作性と言語性のIQに隔たりがあるのも原因でしょうが。。
Commented by abcde354 at 2007-11-10 02:05
amayaticさん、いつもコメント有難うございます。頑張って勉強しているのに、怠けている人間と平等にされては辛いですよね。自分は努力しつづける能力に欠けるタイプなので有無を言わず勉強しつづけたamayaticさんを尊敬します。
Commented by abcde354 at 2007-11-10 02:09
あかねさん、コメント有難うございます。自分も簡単な計算問題でのケアレスミスが多く、対して難問は解けたほうでした。なので、テストの時は一番最後の問題から解いていました。難問に時間をかけて確実に得点し、計算問題は余った時間で出来るところまで片付けるという感じです。アスペルガーは定型と同じやり方をしていては勝負にならないこともあります。発想を変えてみるのも面白いかもしれません。
<< セルフイメージ 見積もり下手とナチュラルサポート >>


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索