アスペルガー社会人のBlog

見通しを立てて、話す

今の上司は何故やりやすいのか考えていて、一つ思い当たった。
それは、”常に、今後の見通しを話してくださる”ということだ。

具体的には、
1、まず、Aプログラムを修正
2、1が終わったら、Bプログラムを修正
3、2が終わったら、Cテストの検証
といった感じで、いつも2つ先のことまで話してくださる。

先のことが容易に予測できるので、精神的に安定して仕事が出来た。
[PR]
by abcde354 | 2007-11-11 11:13 | 社会適応 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://welladjust.exblog.jp/tb/7692527
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 役割を演じることの苦手 見積もりの立て方 >>


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索