アスペルガー社会人のBlog

メールで報告するということ

「部下からメールで報告がくるようになったら、そのチームは上手くいっていない」
と何かの本に書かれていたことを思い出した。


今の上司は、個人への指示をメールで行なうことがある。
チームの他メンバーが何を指示されているかわからぬ状態に、皆黙々と仕事をしている。

前の上司はメール嫌いだった。
必ず「口頭+紙」で指示をしたし、部下にも「口頭+紙」での報告を求めた。
コミュニケーションが苦手な自分は当初なかなか上司に話が通じなかったが、
それでも上司はメール報告を嫌がり、口頭での報告を求め続けた。
そして、頂いたご指摘も全て口頭だった。
個人的に頂いたご指摘が他のメンバーに筒抜けになるのは辛い時もあったが、
チームの雰囲気は非常にオープンで、チーム状況も上司の考えも把握しやすかった。

アスペルガーのコミュニケーションの問題を補完する手だてとして
メールでの報告が良く出てくる。
メールであれば相手の表情を伺う必要もないし、
文章を練る時間があるので余計な一言を言ってしまうこともない。
ただ、メールでの報告は
チームの雰囲気を悪くする可能性があることを認識しておかねばいけない、
と最近感じている。
[PR]
by abcde354 | 2008-02-19 00:59 | 考察 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://welladjust.exblog.jp/tb/8070651
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 目的を見失ってしまう 相手をどこまで信用するか見極めること >>


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索