アスペルガー社会人のBlog

『IS―男でも女でもない性』 六花 チヨ

インターセクシャル(IS)。
男でも女でもない性というものがあることを知った。
2000人に1人の確率で生まれてくるらしい。

そんなISの「星野春」を主人公にしたのがこの漫画だ。
生まれてから高校生になるまでの、生き様を綴っている。
周囲の無理解に苦しめられながらも、
目標を持って常に前を向いて歩くその様に魅せられる。

同じマイノリティとして、
マイノリティの苦悩と喜びを知るのは大変有意義なことだった。
自分も発達障害の世界に留まるのではなく、
様々なマイノリティの世界を知りたいと思った。

参考:Wikipedia 半陰陽
    三毛の庭

IS―男でも女でもない性 (2) (講談社コミックスKiss (521巻))
六花 チヨ

4063405214
講談社 2004-12-13
売り上げランキング :
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[PR]
by abcde354 | 2008-04-01 02:18 | 読書 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://welladjust.exblog.jp/tb/8282332
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by チャイコ at 2008-04-01 19:41 x
人とは異なる自分へのコンプレックスや
悩み、苦しみ、そして人に愛されることの喜びに
少数派としてとても共感しました。

というか、、、感動して、うるうる泣きながら読んでました。

とうふさんも同じように感じられたとのことで、何だか嬉しく思います。
Commented by abcde354 at 2008-04-05 01:46
チャイコさん
コメント有難うございます。わざわざお越し頂き恐縮です。
同じように感じておられたこと、自分も嬉しく感じます。
Commented by みのり at 2008-09-09 00:20 x
リンクありがとうございます。
本誌(kiss)では星野春も社会人となりました。
また、新しい世界に変わりつつあります。今後とも応援をよろしくお願いいたします
Commented by abcde354 at 2008-09-11 01:18
みのりさん、わざわざお越しいただき恐縮です。
kissではもう社会人となられたのですね。単行本が出ましたら是非買って読みたいと思っております。今後とも楽しみに致しております。
<< 障害者枠での就労について 他者との距離感 >>


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索