アスペルガー社会人のBlog

社交辞令-アメリカでも事情は同じらしい

NHKラジオの「入門ビジネス英語」を聴いていた所、
How about going to see a New York Knicks game together sometime?
(いつか一緒にニューヨークニックスの試合を見に行くのはどうでしょう?)
の説明文にこんなことが書いてあった。

How about…?は相手を誘う時に使える便利な表現です。
ただ、sometime や someday のような曖昧な言葉が入っている場合は、
本気で誘っていないことも考えられます。


「社交辞令と本音の区別がつけられないこと」に頂いためろんぱんさんのコメントと
全く同じことが書かれている。

文化の違いを超えて、社交辞令はどこにでもあるらしい。
[PR]
by abcde354 | 2008-04-24 22:15 | 話題 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://welladjust.exblog.jp/tb/8464856
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まい at 2008-04-24 22:48 x
こんばんは
私は主婦なのですが・・・
お稽古中間がいます
今度遊びにいらっしゃいませ  のお誘いがあります
あら!有難うございます とお返事いたします
でもまずこれで終わりなのですね だって具体的な話ではありませんので・・・
信用の有無ではなくさらりと流します
多分somedayにあたるのでしょうか
このやりとりを何度か繰り返し本当にお宅に伺うまで1年くらいかかることもあります
お料理を持ち寄ったり手芸品をほめてもらったり・・・
こんな時は お世辞でも嬉しいわ と返したり・・・このときはにっこりが大事かな
そのうちに本当が見えてきます 
お仕事の場合はこんなにゆっくりとは時間が流れないから大変でしょうけど・・・
でも日々の簡単なやりとりからの訓練でも役にたつかなと思いまして・・
息子にダメかなと思いつつ人の気持ちなんぞはなしておりましたら
思いやりも育って参りました
あきらめてはいけない 止まってはいけない
生きている間は毎日の会話でなにか伝えられればと思います
なんだかわかりにくくてごめんなさい
今週ももうあと1日 お仕事がんばってください
Commented by abcde354 at 2008-04-25 00:18
まいさん、コメント有難うございます。とても分かりやすいです。
そうですか、本当にお宅へ伺うまで1年くらいかかることもあるのですか。
少しづつ本当が見えてくるのですね。
アスペルガーは白黒はっきりつけたがりますので、
グレーという世界が非常に理解しづらいのですが、
グレーでも黒に近いグレーから白に近いグレーに
なだらかに移行していくものなのですね。
理解が深まった気が致します。どうも有り難うございました。
<< 東京都が精神障害者を短期雇用 二元論 >>


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索