アスペルガー社会人のBlog

2006年 08月 30日 ( 1 )

手先の不器用さ

小学生の頃に使っていたスケッチブックが出てきた。
その中の1頁、
幾何学模様のデザインにマジックで色をぬってあるのだが、
このような状態だった。
・色が均一に塗れていない。スケッチブックの白が10箇所以上みえている
・色の境目が上手く塗れていない。ほとんどの境目が「はみ出して」いる

当時は美術の成績の悪さに納得いかなかったのだが、この状態では当然だ。

手先の不器用といっても、モノによってなところが厄介だ。
洗濯物をたたむのは、いまだに大の苦手。
一方でピアノやブラインドタッチは難なく出来る。
[PR]
by abcde354 | 2006-08-30 23:20 | 自己分析 | Trackback | Comments(2)


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索