アスペルガー社会人のBlog

カテゴリ:自己分析( 205 )

スルー出来ずに余計な一言を言ってしまう

最近はアスペルガーだと意識する局面が減っていたのだが、
久々に意識せざるをえないことをしてしまった。

会話を再現するとこうなる。

<夜、帰宅途中に廊下で>
自分「部長、お疲れですね」
部長「うん、この時期は事業計画の時期でね」
自分「だから課長も遅いのですね」
部長「課長まだ残ってるの?」
自分「はい、部屋にいますよ」
部長「課長に事業計画の一部を夕方までにお願いと頼んだのだけれど、
 まだ来ていないんだよね。蕎麦屋の出前と一緒で、のびちゃったよ」
自分「多分今やっているのではないですかね?」

ここで話をスルーしてそのまま帰宅すればよかったのだが、
スルー出来ずに余計な一言をやってしまったのだ。

続けるとこうなる。

<課長がいる部屋に戻って>
自分「課長、部長が事業計画ください、と言ってましたよ」
課長「うん、今やってる」
自分「わかりました、お先に失礼します」

<部長がいる部屋に行って>
自分「部長、課長は今やってると言ってましたよ。」
部長「え、わざわざ言わなくていいのに。
 蕎麦屋の出前とか言ってないよね?」
自分「言ってませんよ、
 部長が事業計画くださいと言ってましたよ、と言っただけです」
部長「プレッシャーかけなくていいのに」
自分「かけちゃいました、失礼します」

話をスルーしていいのかいけないのか迷った時は、
スルーする方が得策なのだろうと思い知った。

しかし、久々の大失敗に真っ青になった。
やはり自分はアスペルガーなのだと再認識させられた。


[PR]
by abcde354 | 2017-02-22 23:37 | 自己分析 | Trackback | Comments(3)

「まぐろの油漬缶詰」にはまる

まぐろの油漬缶詰に、はまっている。

毎日食べているわけではないが、
一度食べ始めると、一度に
70g入りを4缶とか平気で食べてしまう。
しかも、お酢をかけるだけで。

アスペルガーらしいと思うが、
自分は一度ある食材にはまると、
一定期間止まらなくなってしまう。
最近でも、まぐろ缶の前は
雪印の6pチーズにはまり、
更にその前はサバの味噌煮缶だった。

幼少期はチョコレートにはまって
虫歯になりまくったこともあるし、
シイタケが食卓に出ないと
泣いた時期もあったらしい。

ただ、有難いことに
特定の食材にはまったことに対して
今まで怒られた記憶がない。
家族も淡々と付き合ってくれた。
だから今もストレスを感じる事なく
鷹揚に構えていられる。


しかし、一つだけショックなことがあった。
はごろもフーズのシーチキンシリーズは
はまっているまぐろ油漬の一つなのだが、
「シーチキンマイルド」
まぐろではなく”かつおの油漬”だった。
「シーチキンLフレーク」(きはだまぐろの油漬)
の隣にあったのでまぐろ油漬だと思い込み
セール時に20缶も大人買いしてしまったのだ。
まぐろに比べてかつおは微妙にパサパサなので
どうやって使おうか悩んでいる。

[PR]
by abcde354 | 2016-10-15 20:55 | 自己分析 | Trackback | Comments(3)

ストレッチしてから寝ると、翌日調子が良い

疲れやすいアスペルガーにとって睡眠で疲れを取ることは非常に重要だ。

ストレッチしてから寝ると良い眠りが得られると最近聞き、
就寝前10分ストレッチポールでストレッチしてから寝るようにしたところ、
本当に調子が良い。

今日はまだ13時だというのに、休日にこなす家事、
即ち、掃除、洗濯、食材の買い出し及び1週間分の料理、が終わってしまった。
いつも20時くらいまでかかるからこれは奇跡的としか言いようがない。
一昨日ストレッチし忘れて、11時頃まで寝ていた昨日とは対照的だ。

就寝前のストレッチ、是非続けていきたいと思う。
[PR]
by abcde354 | 2016-05-29 13:47 | 自己分析 | Trackback | Comments(0)

いつ自分は素直さを身につけたのか

アスペルガーが社会適応するために最も必要な資質は素直さだと聞いた。

では素直さをいつ身につけたのか?と言われると、
自分の場合、まだ身につけている途上ではないかと思う。

素直にやってよかったと初めて感じたのは、病院のデイケアのように思う。
デイケアで非言語コミュニケーションの重要性を学んで素直に適用したところ、
数年かかったが人が変わったと言われるようになった。

デイケアに通い始めて1年経った頃、前の上司と仕事をし、
成功裡にプロジェクトを終わらせられたのも大きかった。

とはいえ、当時は望むキャリアパスと違う仕事をさせる
今の上司に反発しまくっていたから、
信頼出来る人にだけ素直だったという状況だろう。


今の上司にも素直になれたのはここ2年位のように思う。
マネジメントから逃げないと決めてからではないだろうか。
マネジメント領域では全くの素人だから
上司の言う通りやってみようと思いたった時、
上司の良さが見えてきたというところではないだろうか。


今でも頭ごなしに否定されると反発してしまうから、
誰に対しても素直だとは言えないと思う。
また、自分の場合、非言語コミュニケーションにまだ不自由さがあり、
善意で言ってくれているのかの判別がつけにくく警戒心が強いから、
素直になれるまでに時間かかる傾向も否めない。

ただ、素直さが社会適応のために重要だと改めて分かったので、
意識して指摘されたことはまずやってみるようにしたいと思った。
[PR]
by abcde354 | 2016-05-06 23:07 | 自己分析 | Trackback | Comments(2)

自分が知っていることは相手も既に知っている、という思い込み

コミュニケーションの悪い癖が出てしまった。
「自分の知っていることは、相手も既に知っている」という思い込みである。
前提を言わずに本論から始めてしまい、相手に誤解を与えてしまった。

コミュニケーションの非対称性については、
以前このBlogでも話題になった記憶がある。
「アスペルガーな部下が調整が出来ない、
その理由は非対称性を理解できていないからのようだ」
という話だったように思う。

今回自分が思い込みで突っ走ってしまい、
何故アスペルガーが非対称による誤解を招きやすいのか分かった。
アスペルガーはマルチタスクが極めて苦手なため、
非対称性が起きたことを認識するチャンスが少ないのだと思う。

即ち、話しながら相手の顔色を見る事が出来ないので、
相手が理解できていないことを認識できず、
どんどん話を進めてしまうのではないかと思った。

アスペルガーが非対称性による誤解を招かないようにするには
恐らくこまめな確認が必要なのだと理解した。
特に接し始めてから間もない相手に対しては、
こまめに確認していく必要があると感じている。
[PR]
by abcde354 | 2016-04-30 23:23 | 自己分析 | Trackback | Comments(2)

物を持たないことはアスペルガーにとって決定的に重要

アスペルガーにとって、物を持たないというのは非常に重要だと思う。
物を持たなければ、苦手な片付けをする必要がない。
物を持たなければ、注意を向ける先も少なくて済む。
物を持たなければ、物を探す時間もいらない。
物を買うために使っていたお金も浮く。

年明けから専門雑誌の定期購読をしているのだが、
2週間に1度届く雑誌が散乱して先ほどまで片付けをしていた。
雑誌1冊でも机上がぐちゃぐちゃになってしまうのだから、
洋服やカバンといったかさ張るものは
本当に必要かよくよく考える必要がある。


因みに、読み終わった雑誌は社内の執務室に置けることになった。
雑誌を定期購読しているメンバーは少数なので、
自由に読めるようにしておけば
メンバーのスキル向上にも役立ち一石二鳥だろう。

[PR]
by abcde354 | 2016-03-21 11:45 | 自己分析 | Trackback | Comments(2)

食べ物が身体症状にてきめんに現れる

昨日の夕食後にスナック菓子を食べた所、
1時間も経たずに
ズボンのポリエステルの裏地がチクチク感じ始めた。
翌朝自炊で作った食事を食べた所、チクチク感は収まった。

また、今週火曜日から夜⇒朝⇒昼⇒夜と4食連続で外食したところ、
水曜日夜の外食中に口内炎が出来ていることに気付いた。
その後はみかんを食べるように気を付けているが、
口内炎は4日経った今も治っていない。

アスペルガーな自分にとって
「何を食べるか」は切実な問題だと気づいた今週だった。
忙しくても、週末の作り置きおかず作成は
必須で行わなければいけないタスクだと気づいた。
[PR]
by abcde354 | 2016-02-27 21:10 | 自己分析 | Trackback | Comments(2)

1日に3度も外出した事について

今日は、結果的に1日に3度も外出してしまった。
2度も買い忘れに気付いたからだ。

1回目の買い忘れは保存容器。
自分は週末に金曜日までの食事をまとめて作るため、
保存容器が足りないのは致命的だ。
しかし、食事を作り始めて買い忘れに気付いた。

2回目の買い忘れは中性洗剤。
冬はウール素材を着る事が多いため、
中性洗剤がないというのは洗濯不能を意味する。
しかし、残りわずかになっていたのを忘れていた。

3度の外出は方向が違っていたので時間のロスは少なかったが、
度重なる買い忘れはかなり問題だと感じる。

今回の敗因は、自分はアスペルガーだとわかっているのに、
必要な買い物に気づいた時点で
スマホのリマインダー設定しておかなかったことと思うので、
今後気を付けたいと思う。
[PR]
by abcde354 | 2016-02-21 17:35 | 自己分析 | Trackback | Comments(0)

他者と向き合うのは疲れる

今週から、毎朝一人ひとりと状況確認ミーティングを始めた。
前日実績と今日の予定を報告してもらい、
疑問点があれば質問し、悩み事があれば一緒に考えるミーティングだ。

メンバーに入れ代わり立ち代わり来てもらうので
ミーティングに1時間半はかかる。
時間がかかるのはやむなしだが、
ミーティング終わると完全にクタクタになってしまい、
タスクが全く捗らない日もあるのでどうしたものかと思っている。

アスペルガーで他者と向き合うのが苦手なのでクタクタになるのだと思うが、
これも慣れれば出来るようになるのだろうか。

…とここまで一昨日書いたところ、昨日上司が体調不良で珍しく早退した。
上司にもミーティングに全参加して頂いているので、疲れてしまったのだろうか。
定型な上司が疲れるのであれば、アスペルガーな自分は疲れて当然だが。
[PR]
by abcde354 | 2016-02-20 11:14 | 自己分析 | Trackback | Comments(3)

他者から頼りにされるのはアスペルガーでも嬉しいもの

更新が怠ってしまい失礼しました。

定時後や土日に他部署の支援作業にあたっていたため、
帰宅が午前様という日々が続きました。
7週連続の休日出社や4日連続の夜勤業務といった、
初体験の経験を沢山させていただきました。

以前から他部署の支援業務は割と好きなのですが、
何故好きか考えていて「頼りにされるから」だと気づきました。
支援するときというのは、支援が必要なほど人を必要としています。
空気が読めなくて行動が多少変でも、
タスクが消化されていれば必要な人になれるわけです。

と、ここまで考えて、
アスペルガーでも他者から頼りにされるのは嬉しいのか、と気づきました。
アスペルガーが他者との関わりを避けるのは疎外感を味わうからであり、
疎外感を感じない局面においては他者と関わろうとするのかと気づきました。

アスペルガーに出来る業務をアスペルガーに任せて頼りにすると、
アスペルガーは一生懸命に業務をこなすのではないかと思っています。
[PR]
by abcde354 | 2015-09-23 19:11 | 自己分析 | Trackback | Comments(2)


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索