アスペルガー社会人のBlog

<   2006年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

『内向型人間の仕事にはコツがある』 本多 信一

アスペルガーの館の掲示板で拝見して、早速読んでみた。
成人アスペルガーの悩みに見事に答えてくださっている良書だと感じた。
著者の考えを要約すると
・内向型は思索力に優れており、その思索力を自己の為だけでなく他者の為に使おう
・内向型は、勝つ発想ではなく共生する発想で生きよう
・内向型は、世間的成功ではなく宇宙的成功を目指そう
というところに集約されそうだ。

以下に印象に残ったフレーズをMore以下に列挙してみたい。

内向型人間の仕事にはコツがある―マイナスの性格をプラスに活かす29の法則
本多 信一

4804714456
大和出版 1997-05
売り上げランキング : 167542

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ISBN : 4804714456
スコア選択: ※※※※※

More
[PR]
by abcde354 | 2006-06-26 20:46 | 読書 | Trackback | Comments(2)

抗鬱薬

独り言が多発するので避けていたが、
ここ数日あまりに鬱々していたのでとうとう抗鬱薬を飲んだ。
メイラックス、パキシル各1錠。

ぼーっとしてきて階段を踏み外してしまったが、仕事ははかどった。
鬱の時には抗鬱剤を飲むべきだと実感した。

追記7/1:
パキシルは毎日服用しないと意味がないとのこと。
メイラックスはよく効くが、慎重さに欠ける行動を取ってしまうことしばしばなので要注意。
[PR]
by abcde354 | 2006-06-21 23:09 | 自己分析 | Trackback | Comments(0)

『あなたがあなたであるために』 吉田 友子 ローナ ウィング

アスペルガー本としてよく知られているようだが、図書館ではすんなり借りられた。
アスペルガーに携わる人間であれば、子供から大人まで得るものがある本ではなかろうか。
当事者向け入門書として適していると自分も感じた。

本書は、説明編とアドバイス編の2部構成となっている。
説明編では、アスペルガーの特徴が説明される。
「三つ組」の特徴以外にも、
感覚のかたより、体の使い方の苦手、などの特徴を持つ
と説明されている。

アドバイス編では、アスペルガーの困難を乗り越えるためのアイディアが示される。
定型のコミュニケーション方法の理解では、
「サポーターに定型の考え方を説明してもらい、ドラマやアニメをみて覚えていく」
事が提案されている。

食べこぼしの多さや特徴的な話し方を理解できたのは大きかった。
今後も読み返すことの多い本となりそうだ。

あなたがあなたであるために―自分らしく生きるためのアスペルガー症候群ガイド
吉田 友子

4805825898
中央法規出版 2005-06
売り上げランキング : 12402
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[PR]
by abcde354 | 2006-06-18 00:33 | 読書 | Trackback | Comments(0)

『天才はなぜ生まれるか』 正高 信男

本書では、天才はなぜ生まれるのか、
を以下6人の生涯を考察することで明らかにしようとしている。

トーマス・エジソン
アルベルト・アインシュタイン
レオナルド・ダ・ヴィンチ
ハンス・クリスチャン・アンデルセン
グラハム・ベル
ウォルト・ディズニー

彼ら6人の共有点は、発達障害者だということだ。
エジソンはADHD、
アインシュタイン、レオナルドはLD、
アンデルセンは文法障害、
ベルはアスペルガー、
ディズニーは多動症。

彼らは学校生活で落ちこぼれたが学校外の活動で学び、
障害故の特徴によって成功したと考察されている。
例えば、誕生当初の、暴れん坊のミッキーマウスは、
ディズニー本人を投影したものだった。

障害者でも成功の可能性があること、大変勇気を頂いた気がする。

そして、もし日本が
「障害者が定型に合わせる」社会から
「障害故の発想を生かせる」社会になれば、
世界最高賃金水準にある日本が生き残るために必要な
「新しい発想や価値観」
を発達障害者こそが提供できるかもしれない、と感じた。

天才はなぜ生まれるか
正高 信男

4480061665
筑摩書房 2004-04-08
売り上げランキング : 145290
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[PR]
by abcde354 | 2006-06-17 21:07 | 読書 | Trackback | Comments(0)

感覚の鈍感さ

久々の作業でイライラしていると全く気付いていなかった。
いつの間にか独り言がはじまっていた。
しかも独り言を言い続けていることに無意識だった。
30分位後だろうか、
「壊れているなー」と独り言を言ってふと我に返り、
ようやく壊れた原因がイライラだと気付いた。

イライラが自覚できれば休憩にも行きようがあるが、
自覚がなければ行動に移せない。

自覚症状のなさで思い出すのは虫歯のこと。
いつも歯医者に驚かれる、「ここまで酷い虫歯で痛くないのか?」と。
全く持って痛くない。虫歯の感覚がないのだ。
お陰で、ほとんどの歯に銀歯が入っている。
[PR]
by abcde354 | 2006-06-14 00:34 | 自己分析 | Trackback | Comments(0)

『ずっと「普通」になりたかった。』 グニラ ガーランド

高機能自閉症当事者による自伝。

著者は幼い頃より周囲との違和感に悩んでいたが、
成人後に高機能自閉症と診断される。

両親の離婚、丸裸で家の中を歩き回る母、
小中学校でのいじめ、
ドラッグ、セックス、アルコール、
そして高機能自閉と診断されるまでの壮絶な人生を綴っている。

最も印象に残ったのは以下の文章だ。
これから障害を理解しようとするものに重要な視座を与えてくれた。

「以前の私は、このように他の人々を観察することで、自分をみんなに似せようとしてきた。でもこのごろでは、自分の観察力は別の目的で使っている。自分とみんなを見比べて、どこが共通で、どこが違うのか見極めるのだ。」p.272

そして著者は、心理療法の中で定型の行動様式を学び、心理学の本を片っ端から読んだそうだ。
勉強の重要性を感じる。

他にも印象に残った部分をMore以下に記しておきたい。

ずっと「普通」になりたかった。
Gunilla Gerland ニキ リンコ

4907725140
花風社 2000-04
売り上げランキング : 47019
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

More
[PR]
by abcde354 | 2006-06-13 21:16 | 読書 | Trackback | Comments(2)

整理整頓の困難

整理整頓が出来ないことについては、小学校の通知表に常に記入され続けた。
現在も部屋はぐちゃぐちゃだし、
先日は職場の重要書類をゴミと間違えられた。

整理整頓の困難さを分解すると、3つの側面が見えてくる。
1点目は手先の不器用さ。
モノをキチンと並べることができないため、適当に積み重ねてしまう。
ファイリングでも、上下左右を揃えてファイルすることが出来ない。

2点目は決断力のなさ。
ものが捨てられない。増えていくばかりだから、当然入れ物から溢れる。

3点目は集中のなさ。
一旦整理を始めても、別のことに目移りしてしまい、終わらない。
現在本を4冊だか並行に読んでいるが、これも目移りの例か。
[PR]
by abcde354 | 2006-06-13 00:23 | 自己分析 | Trackback | Comments(0)

『発達と障害を考える本〈2)』内山 登紀夫 他

当事者の行動に対して、定型がどう対処すればよいかを記した本。
①当事者の行動
②当事者の心の動き
③定型の疑問
④定型の対処方法
という順序で、ケーススタディが行なわれる。
定型の視点で書かれているので
支援者は理解を深められる本ではなかろうか。

当事者にとっては、支援者ほど得るものはないだろう。
定型が疑問に思う行動が何か、は分かるのだが
「では定型はどうやって行動しているのか?」
は書かれていないためだ。

もう一点。この本は非常に大きい。ほとんどA3サイズ。
図書館で本を受け取った時、大きさに驚いてしまった。

ふしぎだね!?アスペルガー症候群(高機能自閉症)のおともだち (発達と障害を考える本)
安倍 陽子 諏訪 利明

4623045536
ミネルヴァ書房 2006-03
売り上げランキング : 15869
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[PR]
by abcde354 | 2006-06-11 18:45 | 読書 | Trackback | Comments(0)

既に形のある情報を扱うこと~自分に出来ることを考える2

こうもりさんのBlogを読んでいて自己発見する。

「わたしが福祉作業所の仕事に関わった経験から言える範囲では自閉当事者に向いている作業というのは

・模写(既に作られた文章を入力して再現する)
・変換(例えば、既にある情報を別の情報に変換する。外国語翻訳,テープおこし,録音資料作り,点字翻訳。ただし、外国語,点字については文字情報に強いことが必須)
・保守,点検(既に作られたサイトの維持,情報の検索,校正など)

などである。もちろん、自閉当事者が上記3つ全てに精通している訳ではなく、3つのうちのいずれかを得意としている当事者が多い。また、全体的に言えば、無から情報を創造する仕事よりも、既に形のある情報を扱うことを得意にしている当事者の方が多い」


自分も全くもってそうだ。
非常に見難い文字を書くが、模写は出来る。書初めではクラス代表に選ばれたほど。
新システムの構築はとてつもなく辛かったが、保守作業は得意。

既に形のある情報を扱うこと、適職探しの上でキーポイントになりそうだ。
[PR]
by abcde354 | 2006-06-09 00:27 | 自己分析 | Trackback | Comments(0)

お考えありますか?

自分:「Bさんのタスクが終わってしまったのですが、A先輩に何かお考えありますか?」
A先輩:「今仕事ないのですよ~。来月のイベントの準備させます。」

自分は
(Bさんに自分のタスクを手伝ってもらいたいのですが、いいですか?)
と続けたかったからA先輩に質問した。

だが、A先輩は自分の発言を
(A先輩はBさんの次のタスクを考えていないんですか?)
という非難に受け取ったようだ。

どういえば定型に通じるのだろう。
[PR]
by abcde354 | 2006-06-06 22:50 | 社会適応 | Trackback | Comments(9)


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索