アスペルガー社会人のBlog

<   2006年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

『人は見た目が9割』 竹内 一郎

最近のベストセラーということで読んでみた。
本書によれば、日本人は「わからせぬ文化」「察する文化」を持っているという。
非定型には生き難いこと極まりない文化だと思わずにはいられない。

ノンバーバルコミュニケーションを中心に、
興味深く感じた文章を拾ってみた。
定型を観察理解する上で一助になるかと感じている。


人は見た目が9割 (新潮新書)
竹内 一郎

4106101378
新潮社 2005-10
売り上げランキング : 4734
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

More
[PR]
by abcde354 | 2006-07-29 00:06 | 読書 | Trackback | Comments(2)

HP紹介~発達障害の適応の基本方針

精神科医でADHD当事者である後藤健治先生のHPを知った。
当事者の適応に関して得るものの多いページだと感じた。
特に
偏屈者宣言
発達障害の適応の基本方針
は一見に値するものと思う。

「周囲と合わせようとするほど、ツケがまわり他害を及ぼしてしまう」こと、
全くその通りで、肝に銘じなければいけない。
HPを開設された後藤先生に感謝致したい。

トップページ:「自分を変えたい人、自分で治したい人のためのページ from やんばる」
[PR]
by abcde354 | 2006-07-28 01:21 | 社会適応 | Trackback(1) | Comments(4)

落ち着いている、とは。

初対面の方にいつも言われることがある。
「とても緊張しているようだね。」

無意識なのだが、相当落ち着きがないようなのだ。
落ち着きがなくみえる原因が分からない。
何をやってしまっているのだろうか。

7/28追記:落ち着きがないとは、足がふらついているのだろうか。
[PR]
by abcde354 | 2006-07-25 22:14 | ひとり言 | Trackback | Comments(3)

『アスペルガー症候群・自閉症のあなたへ』 東条 惠

発達障害者支援センターの方からご紹介頂いた。

『あなたがあなたであるために』と似たコンセプトの本。
説明編とアドバイス編の2部構成になっている。
全編通じて「ASの社会性の特徴」に特化しているのが本書の特徴だろう。

ストレートで、歯に衣着せぬ書き方なので、
定型の見方を知り、自己を理解する上で大いに参考になった。

アマゾンレビューでは低評価だが、
ストレートな物言いが気にならない当事者にはお勧めできる本と思う。

アスペルガー症候群・自閉症のあなたへ
東條 惠

4874996221
考古堂書店 2004-11-01
売り上げランキング : 281891
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[PR]
by abcde354 | 2006-07-24 21:04 | 読書 | Trackback | Comments(0)

「変化」に慣れるべきか、避けるべきか

あまりの大雨にいつもと違う通勤経路を使ったところ、
出社時点でクタクタになっていた。

「変化」に弱い体質が出たわけだが、

①常に自ら変化を求め、少々の変化に耐えられるよう慣れるべきなのか
②変化に弱いASの特質を踏まえ、変化を避けるべきなのか

さじ加減が難しい。
皆様はどうしておられるのだろう。
[PR]
by abcde354 | 2006-07-20 00:12 | ひとり言 | Trackback | Comments(4)

単に「聞こえた」だけ

コピーをしていたところ
自席で携帯電話が鳴っていることに気付いたので、
急いで自席まで戻り、電話を止めた。

すると、向かい席の人間曰く
「何故あんな小さい音が遠くから聞こえたのですか。
彼氏から電話がかかって来る時間だったのでしょう?」

ただ単に鳴っているのが「聞こえた」だけなのだが。

多分ASの聴覚過敏が出たのだろう。
[PR]
by abcde354 | 2006-07-19 00:02 | ひとり言 | Trackback | Comments(0)

『これからの職業―あなたを活かす』 本多 信一

本多信一先生の最新刊。

150ほどの職業について、1頁1職業で解説されている。
内気で繊細で心配性な人に「リスクコンサルタント」
内気で組織に合わない人に「株式デイトレーダー」
リスクの少ない公務員職種の1つとして「清掃局スタッフ」
など、言われてみれば合点がいくが、自分ではなかなか思いつかない。

学生や社会人1、2年生など、
20代前半の職業選択の幅が広い人に特にお勧めの本かと思う。

これからの職業―あなたを活かす
本多 信一

4620317357
毎日新聞社 2005-09
売り上げランキング : 232799

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[PR]
by abcde354 | 2006-07-18 22:06 | 読書 | Trackback | Comments(0)

パニック

アスペルガーの館の掲示板で印象に残る文章を見つけた。

知的水準に関係ないと思いますが、
「自分が否定されること」「変化」に対してはパニックで自分の思いを伝えます。
それは人それぞれで、
彼の場合は「かんしゃく」と「筆談」という手段で行っているのでしょう。

簡潔かつ的確な表現に感動した。
定型は「パニック」を周囲に隠す術を知っているが、
非定型は「パニック」を隠す"知恵"を強い信念をもって学ばなければいけない。
[PR]
by abcde354 | 2006-07-12 23:58 | ひとり言 | Trackback | Comments(4)

『きみもきっとうまくいく』 キャスリーン ナドー他

「子供のためのADHDワークブック」という副題どおり、
ADHD子供向けに障害緩和の知恵を記述した本だった。
小学校中学年レベルで読めるだろう。

成人にも基本的な知恵として十分に利用可能だと感じた。
例えば、以下のようなルールは成人にもどうだろうか。

・毎日同じ順序で行動(簡単に行動できるようになるために)
・チェックリストを見やすい場所にはっておく
・キッチンタイマーを使い、時間厳守

きみもきっとうまくいく―子どものためのADHDワークブック
Kathleen G. Nadeau Ellen B. Dixon 水野 薫

4487796474
東京書籍 2001-06
売り上げランキング : 159042
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[PR]
by abcde354 | 2006-07-11 23:26 | 読書 | Trackback | Comments(0)

『内向型人間の心がラクになる生き方』 本多 信一

本多信一先生の本、3冊目。

この本では、割と主観的に、自らの体験談が語られている。
本多先生の生き様、思考回路を知りたい方にお勧めしたい。
社会人というより学生向けの本とも感じた。
「生きることの基調とは苦である」との言葉が印象に残る。
その他の気になった文章はMore以下に記述したい。

内向型人間の心がラクになる生き方―うまくより、自分らしく生きるコツ
本多 信一

4804714634
大和出版 1997-09
売り上げランキング : 168187
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

More
[PR]
by abcde354 | 2006-07-10 22:43 | 読書 | Trackback | Comments(0)


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索