アスペルガー社会人のBlog

<   2007年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

『自閉っ子、自立への道を探る』 服巻 智子

アスペルガーの子供をもつ親向けに書かれた本だが、
現在大人のアスペルガー当事者にも大変読む価値のある本と感じた。

内容は、それいゆ相談センター長服巻智子さんと花風者社長浅見淳子さんが
就労中の成人当事者にインタビューするというもの。
成澤達哉さん(バイク便ライダー)へのインタビューが特に印象深かった。

気になった文章をいくつか載せておきたい。

服巻智子さんの言葉から

・認知が弱いことを常に意識し、
「何かを決めるときには、自分だけで完全に決めてしまう前に、相談できる人に確認する」

・固定化した少数の人間関係の中で奇妙に見えることがあると、
人間ってどう接していいかわからなくなる

・当事者には、助言を求める練習と、
助言が思いがけないものであっても受け入れる練習が必要

・会社にカミングアウトする場合、第三者に入ってもらったほうが効果的
障害者職業センターのようなところに依頼できると良い

・成澤さんは、理解の度合いに確信がもてない場合は、
相手に「今のはどういう意味ですか」などと聞き返したり、
内容をきちんと確認しながら進めるという会話のスキルを持っていた


浅見淳子さんの言葉から

・伸びている業界は、人を吸収する力がある
人材活用に際しても、弱いところ強いところを見極める余裕がある
衰退しつつある業界はどうやって人を切っていくかに一生懸命になる
そういう中では、特性を配慮してもらうのは難しいような気がする

自閉っ子、自立への道を探る
服巻 智子

490772568X
花風社 2006-08
売り上げランキング : 309
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[PR]
by abcde354 | 2007-03-27 00:30 | 読書 | Trackback | Comments(0)

SSTの重要性~取引先の部長さんに学ぶ

上司から、取引先の部長さんへの連絡を頼まれた。
PCに向かって仕事をしていた部長さんに「○○さん」と呼びかけたところ、

①部長さんはゆっくりこちらを振り返って
②目を合わせて微笑して

自分が話しはじめるのを待っていた。


アスペルガーな自分は感動してしまった。
SSTで自分が知識として学んだことを
部長さんが自然に行なっていることを発見したからだ。
そして、部長さんの行動によって、
自分が非常に話し始めやすかったからだ。

定型の人は恐らく、体が自然とそう動くのだろう。
SSTの重要性を再認識した。


そういえば、アスペルガーの館でチキチータさんが書かれていた
NHKの「みてハッスル、きいてハッスル」は目から鱗だ。
子供用番組とのことだが、
基本的SSTが分かりやすく載っていて何度もHPを読んでいる。
[PR]
by abcde354 | 2007-03-26 01:42 | 社会適応 | Trackback | Comments(0)

感情をつかまえること

今日は微妙に荒れてしまった。
仕事を取られてしまったのが引き金だとは理解している。
ただ、仕事を取られてしまって、悔しいのか、悲しいのか、無力感なのか・・・、
半日経った今でも分かりかねている。

発達障害当事者は感情をつかまえることが難しいようだ、
と辻井先生がワークショップでおっしゃられていたが、
こういうことなのかなと感じた。

感情をつかまえること、意識していかねばいけない。
[PR]
by abcde354 | 2007-03-21 01:30 | 自己分析 | Trackback | Comments(5)

『破戒』 島崎藤村

ご存知、島崎藤村の処女作。
部落出身の小学校教員瀬川丑松が、
父の「身分を隠せ」という戒めを破らざるを得なくなり、
告白してテキサスへ向かうという物語。
主人公の告白までの苦悩を描くことで、
被差別部落の差別問題を問いかけている。

本書は部落問題に対する認識の甘さを指摘する向きもあるが、
水平社すらなかった時代の小説であることを考えると
先進的であったことは間違えないだろう。

アスペルガー当事者としては、
裏表紙のあらすじにある
「偽善に満ちた社会は(部落であることを告白した)丑松を追放し」
というくだりが身につまされた。
社会は偽善に満ちたものであることは現在においても何ら変わらない。
偽善の中を障害と共存しつついかに生き抜くべきか、改めて考えさせられた。

破戒
島崎 藤村

4101055076
新潮社 1954-12
売り上げランキング : 45438
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[PR]
by abcde354 | 2007-03-14 00:26 | 読書 | Trackback | Comments(0)

アスペルガーと犯罪の関係

京都の小学生殺人事件の影響か、アクセスが凄い数になっている。
[PR]
by abcde354 | 2007-03-09 00:34 | 考察 | Trackback | Comments(2)

言葉の少なさと、音楽での感情表現と

fuuuuuuunの日記を拝見していて、
アスペルガー未診断の頃に言われたことを思い出した。

曰く、
「カラオケだと感情が出るね」
「音楽での感情表現が豊か」
「音楽関係の仕事に就いたらいいかも」

日常のコミュニケーションの不自由さと、
カラオケでの感情表現の豊かさとに
あまりのギャップがあったのだろう。

作曲の勉強でも再開しようか。
[PR]
by abcde354 | 2007-03-07 01:23 | 自己分析 | Trackback | Comments(4)

相手の話に反応できない

職場にて、以下のような反応をしてしまった。

とうふ「(資料を見ながら独り言で)うーん・・・」
同僚A「とうふさん、難しく考えすぎないほうがいいですよ」
とうふ「・・・」

5分程して
とうふ「確かに難しく考えすぎてましたね。」
同僚A「え?」


とうふの観点からみると、
同僚の発言を聞いてはいるのだが、
目の前の資料を読み解くのに精一杯で反応出来ず、
言葉が出てくるまで5分かかってしまった、となる。

しかし、同僚の観点からみると、
1回目は折角反応したのに無視されて、
2回目は勝手に話しかけてきた、となった。

診察室のように、相手の話だけに集中できる局面の反応はまだ良いのだが、
複数のことを同時にこなす場合に特に困難があるようだ。
[PR]
by abcde354 | 2007-03-07 00:01 | 自己分析 | Trackback | Comments(2)

ボクシングエクササイズ

スポーツクラブでボクシングエクササイズに挑戦してみた。
音楽に合わせて、キックやパンチをしようというものだ。

アスペルガーにとって、ボクシングは意外とお勧めエクササイズに感じた。
なぜなら、「型」がはっきりと決まっているからだ。
ボクシングのパンチは「ジャブ」「ストレート」「フック」「アッパー」の4種類。
キックも「前蹴り」「横蹴り」「廻し蹴り」の3種類。
太極拳の24式よりも型が少ない。

前後左右の移動がほとんどないことも、アスペルガーには嬉しい。
少々間違えても周囲と衝突する危険がないのだ。

ストレス発散に、体力強化に、来週も参加してみようと思う。
[PR]
by abcde354 | 2007-03-06 00:16 | スポーツ | Trackback | Comments(0)


成人アスペルガー症候群当事者とうふ(2006年確定診断済)が綴る、アスペルガー的社会人生活。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
タグ
以前の記事
記事ランキング
Blogランキングに参加しています。1日1クイック、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ



このページはリンクフリーですが、リンクする際には一言コメント頂けると有難いです。また、相互リンクはしない方針ですので、ご理解お願い致します。

「アスペルガー」「通りすがり」「ななし」といった一般名詞をハンドルネームにするのは差し控えてください。

twitter

AX
最新のコメント
検索